目次
1. 住宅扶助申請の煩雑な手続きをサポート
2. 受け入れ可能物件の取り扱い数が3,000件以上!
3. 生活保護を受ける方が快適に部屋を探せる、そんな社会にしたい

住宅扶助申請の煩雑な手続きをサポート

えん1

生活保護を受ける方が転居先を決める場合、通常とは少し異なる流れで進めることになるため、部屋探しで戸惑うことがあるかもしれません。その実情について、株式会社エン池袋店のルームアドバイザー、住田芸文さんにお聞きしました。


−—どんなお客様が多いですか?
「当社は生活保護受給者向けの賃貸住宅仲介に特化しており、お客様の9割以上が生活保護を受けている方やこれから申請予定の方です。そのうち、高齢で年金額が少ない方が半分ほど、精神疾患で働けない方が3割ほど、あとは事業がうまくいかなかった方や、怪我で働けなくなった方、勤務先でリストラ対象となった方、DVでお悩みの方、シングルマザーの方などです」


−—生活保護を受けて引越すとなると、どれくらいの家賃の物件に住めるのでしょうか。
「生活保護受給者になると、自治体ごとに決められた住宅扶助額限度内の家賃の住宅で暮らす必要が生じます。東京23区では賃料上限金額が5万3,700円(1人世帯の場合・地域や世帯人数によって異なる)となっているので、これまで住んでいた住宅からは転居が必須となる方が多いですね。敷金・礼金・仲介料や転居費用・火災保険料などは別途扶助があります(支給額は自治体で異なる)が、転居前の家賃は扶助の対象にならず、ご自身の生活費の方から支払うことになるので、早めの部屋探しが必要です」

——住宅扶助を受けるにはどんな手続きが必要ですか。
「当社では、下記のような流れを説明しています。ケースワーカーへ何度も相談したり許可をもらったりと、とにかくやることが多いんですよ」

生活保護を受ける方の賃貸借契約の手続き
(1)役所に住宅扶助の許可をもらう
  各自治体の窓口でケースワーカー(相談員)に相談し、家賃額等の了承を受ける。
(2)不動産会社で物件を探す
  生活保護を受給していることを伝えて物件を紹介してもらい、入居先候補を決めたら、見積もりを出してもらう。
(3)ケースワーカーに報告 
  物件情報と見積額を報告し、了承をもらう。
(4)入居審査
  実際に物件を内覧して入居を決めたら、大家さんや管理会社による審査を受ける。
(5)契約日程を決める
  ケースワーカーに初期費用が整う日を聞き、それに合わせて賃貸契約日を決める。
(6)引越し会社を決める
  転居日が決まったら、転居費用の扶助を受けるにあたって、3社程度の見積もりを取る。引越し会社を決めたらケースワーカーに見積書を提出。
(7)賃貸借契約を結ぶ
  初期費用を受け取り不動産会社で契約。契約書と領収書をケースワーカーに提出。
(8)転居費用を受け取り、転居
  領収書をケースワーカーに提出。

——何だか煩雑ですね。途中でくじけてしまいそう…
「途中でめげてしまうお客様もおられます。だから当社では、お客様にスムーズに入居先を決めていただけるよう、事前に申請時の注意点のアドバイスや、ケースワーカーさんと連絡をとるなど必要だと思われるサポートを行っています」


——心強いですね! 実績のある不動産会社だからできるのでしょうか。
「確かに、上図(2)物件探し→(3)ケースワーカーに報告のように、入居先候補を決めてすぐに報告できるのは、生活保護を受ける方向けの物件を多数取り扱ってきた当社だから可能なことではないかと思います。
また、物件が見つかった時点で、ケースワーカーに報告するのと同時に、大家さんに希望の部屋を押さえてもらうことも物件によっては可能です。通常は入居審査で断られてしまうケースも多いため、審査が通った後にケースワーカーに報告という流れが一般的なのですが、それでは時間がかかりがちです。しかし当社では、これまでの経験やノウハウにより、入居希望者が入居できる物件の検討がつきやすいため、物件が見つかって、ケースワーカーに報告するのと同時に入居審査ができることも多いです。」

受け入れ可能物件の取り扱い数が3,000件以上!

えん2

——大家さんや管理会社の反応はいかがですか。
「受け入れを躊躇される大家さんや管理会社は多いです。亡くなられるリスク、トラブルのリスクなど、何が起こるかわからなくて不安という懸念をお持ちのようですが、お客様の人となりを伝えたり、保証会社の対応などを説明したりして、不安を払拭できるよう心がけています。生活保護を受ける方はその物件に長く住むことが多いので、中には積極的に受け入れている大家さんもいらっしゃいますよ」


——保証人がいなくて、保証会社を利用する場合はどうすればいいのでしょうか?
「保証人がいないというお客様は多いですよ。そうした場合は保証会社を使っていただくのですが、保証会社といってもいろいろで、最近は生活保護を受けている方でも対応可能な会社も登場しています。保証内容は会社やプランによって異なるため、お客様の状況に合った保証プランを紹介しています。保証費用も扶助の対象となっています」


えん1

——生活保護を受ける方への物件の仲介を避ける不動産会社もいるのでしょうか。
「住宅扶助の手続きのため、場合によっては契約まで1ヶ月以上を要するなど時間がかかることが多く、手間もかかるので、面倒だったりリスクがあると思って、やりたがらない不動産会社が多いですね。高齢者の方は受け入れても病気のある方等は受け入れない、またその逆は受け入れない等、大家さんや管理会社によって条件も違うので、ひとつひとつ確認にするには手間もかかります。当社は生活保護受給者も受け入れ可能な物件を3,000件以上取り扱っており(実績含む)、物件をすぐにご紹介することが可能です」


——受け入れ実績のある物件が多ければ、部屋探しが効率的にできそうですね。
「そうですね。生活保護を受ける方向けの物件をそれほど扱っていない会社でも部屋探しは可能ですが、時間がかかりがちなのはネックです。家賃が比較的安いために人気物件であることも多く、そうした部屋はすぐ埋まってしまうことも多々。当社なら、最短でその日のうちに内覧の申し込みが可能ですので、機会を逃しにくいと思います」

——3,000件以上もあれば、理想の物件は見つかるのでしょうか?
「住宅扶助の限度額内という条件や、転居先は現在居住している自治体内が基本なので、なかなか理想とまではいかないことも多く、難しい問題です。2DKの物件に暮らしていたけれど、予算的にワンルームしか選択肢がなかったり、周囲の生活音に影響されやすい精神疾患のお客様で最上階角部屋を希望される方がいらっしゃいますが、人気条件で空き物件がなかったりすることも。申請が役所に認められれば条件に合った他のエリアに転居することもありますが、基本的に紹介できる物件がまったくない場合は、現状を説明して妥協点はないか相談します」


えん1

——現在の居住地以外のエリアに転居しても良いケースはありますか?
「病院を退院して居住地が決まっていない方や、DV被害でシェルターに入居されている方、精神疾患のある方が環境や病院を変えるために転居したり、仕事を探すために求人数が少ない地域から大きな街に来られたりするというケースがあります」

——馴染みのない土地でどうやって新たに居住エリアを決めればよいのでしょうか?
何をしたいか、どんな暮らしをしたいのかで決めると良いと思います。求職中なら“郊外の比較的大きな駅近くの物件”とか、高齢の方で持病があるなら“病院が近い”とかですね。ただし居住の自治体が変わる場合、受け入れ側の自治体の許可がないと転居できないので、そこは注意が必要です」


——御社の取り扱い物件はどのエリアにあるのですか?
「池袋店から片道1時間半で行けるエリアの物件を取り扱っています。最初は近隣だけでしたが、それより広範囲の大家さんから希望をいただいて範囲が広がりました。最近は横浜方面の物件が増えましたね」

生活保護を受ける方が快適に部屋を探せる、そんな社会にしたい

えん3

——なぜ生活保護の方向けの賃貸物件に特化しようと思われたのですか?
「8年ほど前に政府の福祉政策の一環で、ホームレスの方が社会復帰するための部屋を扱ったことがあったのですが、予想外に問合せが多く、そうした情報を求めている方が多いのだと気づきました。そこで、ホームページに生活保護を受ける方向けの物件情報を掲載することにしたのです。最近では生活保護受給者向けの支援をしているNPO法人や病院からの問合せなどももらっています」


——もともと福祉にご興味があったのですか?
「福祉関係の仕事をしたいと思っていました。中には、本当に生活保護が必要なのに申請が通らない方もいます。その際には申請時のアドバイスをしたり、車椅子なのに希望物件に小さな段差がある時は、スロープをつける段取りをしたり、家財道具や布団一式を手配したこともありましたよ」


えん1

——細かい対応までされるんですね。御社の一番の強みは何ですか?
「受け入れ可能な物件を多く扱っているので、大家さん・管理会社の審査に通りやすく(条件次第では不可となることもあります)、早めに入居先を決めやすいことですね。当社以外で入居の申し込みをしたが、生活保護を受けて生活する方を受け入れない物件だと後からわかったり、話が進んでも土壇場で『やっぱりダメ』という大家さんがいたりすることもあると聞きます。だから当社のような特化した会社が必要とされるのではないでしょうか」


——普段、どんな思いで取り組まれているのですか?
「時間をかけさえすれば、転居先はどうにか見つけることはできるかもしれません。でも、『散々断られてここにたどり着いたんだよ』と、困っていたお客様のほっとした笑顔を見ると、やっていて本当に良かったなと実感しますね」


——利用者の方は安心ですね。本日はありがとうございました。


株式会社エン 生活保護・福祉生活保護受給者の賃貸成約実績が多数! 経験豊かな社員がアドバイスします。
大家さん・オーナーさん募集保有賃貸物件の空室が長引いて困っている、依頼している不動産会社が生活保護受給者の仲介を扱わず入居者が決まらない方のご相談を承っています。