物件情報を見ていると、当たり前のように出てくるベランダやバルコニーという言葉。

言い方が違うだけで同じものと捉えている人も多いかもしれませんが、実はこの2つには明確な違いがあり、区別されています。

今回は、ベランダとバルコニーの違いをはじめ、それぞれのメリットとデメリット、活用する際の注意点について解説します。

両者の違いや活用方法を理解して、より自分のライフスタイルに合った物件選びを進めていきましょう。

 

まず、ベランダとバルコニーの定義を紹介します。ポイントは“屋根があるか”です。

ベランダ

 

室外の専用スペースに出て上を見たとき、屋根が設けられている場合は、ベランダとして定義されます。

 

屋根となる部分は上階のベランダ部分になることが多く、日本のマンションやアパートにおいては構造上、ベランダが備えられていることが多いです。

バルコニー

 

バルコニーはベランダとは違い、室外の専用スペースに出て上を見たときに屋根がなく、解放された空間を定義としています。日本ではどちらかといえば一戸建て住宅に多く見られます。

 

なお、下の階の屋根部分を利用してつくられた屋根のない室外スペースを、ルーフバルコニーと呼びます。

 

屋上などに設けられていることが多く、通常のバルコニーよりも広い空間となるためテーブルなどの家具を置きやすく、開放的な雰囲気を楽しめると人気です。

ベランダとバルコニーのメリット・デメリット

 

続いて、ベランダとバルコニーそれぞれのメリットとデメリットを見ていきます。どちらが自分のライフスタイルに合っているかチェックしてみてください。

 

ベランダには屋根があるため、雨を防いでくれるメリットがあります。強風でなければ、雨の日でも、窓を開けたりベランダで作業をしたりすることもできるでしょう。

 

また、屋根があることで、直射日光が部屋の中に差し込むのを防いでくれます。特に夏場には大きなメリットになるでしょう。

 

一方デメリットは、メリットの裏返しとして、採光がバルコニーに比べて劣ってしまうことです。夏場に暑くなりにくいことは魅力ですが、部屋全体の明るさという点では難を感じることがあるかもしれません。

 

バルコニーには太陽光を遮るものがないので、光をたくさん取り込むことができ、明るく暖かい空間になりやすいというメリットがあります。

 

また、庭のような感覚で利用できるので、プランターを用いた家庭菜園やガーデニングにも適しているでしょう。

 

反対にデメリットとなるのが、突然の雨に弱いことです。洗濯物などを守ってくれる屋根がないので、ちょっとした雨でもぬれてしまいます。

 

また、冬場は暖かく快適に過ごしやすい一方で、日差しが強い夏場には、暑さやまぶしさを感じやすくなるでしょう。

ベランダ・バルコニーの活用

 

ベランダやバルコニーのある物件を選ぶと、さまざまな用途で活用してみたくなるものです。しかし、賃貸物件の場合には多くのルールが定められているため、その範囲内で活用しなければなりません。

 

実は、ベランダやバルコニーは居住者の専有部分ではなく、共用部分として扱われる場所です。

 

これは、火災などの有事の際に避難経路として使用することがあるためです。そのため、これから紹介するポイントには特に注意しましょう。

 

ベランダやバルコニーには避難経路の役割があることから、避難の妨げになるような物を置くことは禁止されています。たとえば、すぐに動かせない大きな物置や花壇などもNGなものとして分類されます。

 

物を置く際には、通路が狭くなっていないか、隣の住居につながる境壁の前をふさいでいないかといった点に配慮しましょう。

 

ベランダやバルコニーは共用部分になるため、自由にアレンジすることはできません。

 

しかし、だからといってすべてがダメというわけではなく、常識の範囲内であれば、簡易的なウッドタイルを敷くなどのアレンジを楽しむことも許されています。

 

ルール違反になってしまうのは、原状回復、つまりすぐに入居時の状態に戻すことができないほどの大規模なDIYを行った場合です。

 

備え付けられている備品や壁に穴を開けたり色を塗ったり、サンルームなど新たな設備を取り付けたりなど、元に戻すために長い時間がかかるようなDIYは禁止されていることが多いです。

 

ベランダやバルコニーに出て、夏の風物詩である花火を楽しみたいと思うこともあるでしょう。しかし、ベランダやバルコニーでの花火は多くの場合、管理規約によって禁止されています。

 

仮に管理規約に花火禁止と書かれていなくても、音や煙が周辺住民の迷惑になるうえ、マナー違反にもあたります。

 

そもそも花火は火を使うものなので、遊んでいる間に火事を起こすリスクがあり、煙が火災報知器を作動させる可能性もあるため控えましょう。

 

喫煙者の場合、ベランダやバルコニーを喫煙スペースにするケースもあるでしょう。その際は、近隣住民への配慮が求められています。

 

においが不快、干している洗濯物ににおいがつく、副流煙が気になるなどといった理由で、近隣トラブルにつながるケースも珍しくありません。

 

またタバコの灰が飛んでしまい、近くの部屋の洗濯物を焦がしたり、最悪の場合、火事の原因になる可能性もあります。

 

ベランダやバルコニーでの喫煙を禁止している物件もあるため、よく管理規約を確認するようにしましょう。

 

ベランダには屋根があり、バルコニーには屋根がないことが、両者を区別する最も大きな特徴です。それぞれにメリットがあるので、どちらが好みかいま一度考えてみましょう。

 

契約の際には物件の管理規約を十分に理解し、近隣トラブルを招くような行動を避けながら活用しましょう。

公開日: