賃貸物件のなかには「家具家電付き」というものがあります。

その名の通り、家具と家電がすでに備え付けられている物件であるため、一見すると大変お得に思えますが、メリットばかりではないので利用する際には注意が必要です。

ここでは、家具家電付き賃貸物件の基本的な知識や、利用前に確認すべき点、どういう人に向いているのかなどを紹介します。

家具家電付き物件

 

家具家電付きの賃貸物件は、一言でいえば部屋に合わせた家具・家電が一通りそろっている物件です。

 

ただし、同じ家具家電付きといっても、物件によって設置されているものは異なるため、あらかじめ確認が必要になります。

 

家具と家電、どちらもそろっている物件も多いですが、「家具付き」「家電付き」と、どちらか一方のみしか置いていない物件もあるため、事前に確認しておくことが重要です。

 

たとえば、家具付き物件によく付属している家具としてはローテーブルやベッド、ラグマット、テレビボードなどです。物件によっては棚やソファなどが設置されていることもあります。

 

また、家電付き物件に設置されている家電としては、洗濯機や冷蔵庫や電子レンジが代表的です。なかには炊飯器や電気ケトル、液晶テレビなどが置いてある場合もあります。

 

また、オプションとして費用を支払うことで、アイロンや収納家具なども備え付けにしてもらえるケースもあるため、不動産会社に相談してみるといいでしょう。

 

何が置いてあるのかを知る最も確実なチェック方法は、物件を内見することです。

 

実際に自分の目で確認し、家具家電の配置なども含めて確かめたうえで、物件を選ぶことができます。

 

物件が遠方でどうしても内見が難しいケースでは、オンライン内見が利用できないか確認してみたり、また不動産会社に相談すれば部屋の写真を送ってもらえたりすることもあります。

家具家電付きのメリットとデメリット

 

家具家電付きの物件にはさまざまなメリットはありますが、デメリットもあります。実際に物件を借りる前に、チェックしておくべき点や注意点について見ていきましょう。

 

一般的に新しい物件で生活を始める場合、生活に必要な家具家電をそろえる必要があります。

 

新しく購入するための費用を用意しなければなりませんし、すでに持っている場合も引越しの費用がかかります。

 

その点、家具家電付きの物件であれば、購入費や引越し費用を抑えることが可能です。

 

特に、短期間だけ暮らすような場合は、家具家電を購入したり処分したりする費用や手間を大きく節約できる点がメリットになります。

 

家具家電付き物件は生活に必要な家具や家電がそろっている物件のため、大きな荷物を運び入れたりする必要がありません。

 

持ち込む荷物が少なければ荷ほどきの時間もかからずに済み、手軽に新生活をスタートさせられます。

 

最近では室内の色や家具のレイアウトにこだわったオシャレな物件も多くなっており、部屋のデザインにこだわる人にとっても選択肢が広がっているのです。

 

家具家電付きの物件は、一般的な賃貸物件よりも家賃が高く設定されているケースがほとんどです。

 

長期間借りる場合は、割高の家賃を支払い続けることになるので、最終的には家具家電を購入したほうが得になるケースもあります。

 

借りる期間や必要な家具家電の種類なども含め、しっかりと比較検討したうえで利用するようにしましょう。

 

家具家電付きの物件を借りる際には、設置されている家具家電に関して、契約内容をよく確認する必要があります。

 

家具家電が「設備」とされている場合は、故障時は大家さんの負担で修理や交換をしてもらえます。

 

しかし、家具家電が「無償貸与」「貸与」「設備外」などと書かれている場合には、借り主が修理・交換費用を負担しなければなりません。

 

契約前に書面をチェックしたり、不動産会社や大家さんに確認したりすることが重要です。

家具家電付きの部屋に向いている人

 

急に引越しが決まった場合、家具家電付きならすぐに入居できるのが大きなメリットです。ルームシェアや同棲など、二人暮らしをお試し感覚で始めたい人にも向いているでしょう。

 

出張や単身赴任など、短期間だけ入居する人なら家具家電を買いそろえるよりも費用を抑えられます。

 

また、将来的にどの程度入居を続けるか判断しにくかったりするときに、取り急ぎ短期間入居するケースにも適しています。

 

  • 「家具付き」と「家電付き」では設置されているものが異なる
  • 物件によって設置されているものが違うため、内見などで確認する必要がある
  • 家具家電を用意する費用や手間がかからず、新生活をすぐに始められる
  • 一般的な物件よりも家賃が高くなるケースが多い
  • メリットとデメリットを比較して利用を検討することが大事

公開日: