自炊をする人や料理が趣味の人にとって、キッチンは物件探しのうえでとても重要な判断材料となります。

とりわけカウンターキッチンは、使い勝手以外にもデザイン的にも魅力的であり、注目度が高い設備だといえるでしょう。

ここではカウンターキッチンについて特徴やメリット、有効活用のアイデアに触れながら紹介していきます。

 

カウンターキッチンとは、キッチンとダイニングルームの間に作業台を設置したつくりであり、開放的な空間を生み出せるのが大きな特徴となっています。

 

カウンターキッチンのなかには、キッチンとダイニングルームの仕切りが一切ない「フルオープン式キッチン」も含まれます。

 

壁がないことで、さらに開放感があるキッチンとなるため、後述するメリットやデメリットもより色濃く反映されると考えておきましょう。

 

カウンターキッチンの最大のメリットは、キッチンに開放感が生まれ、空間が実際よりも広く感じられやすい点だといえます。

 

三方が壁に囲まれてキッチンが独立しているクローズドキッチンと比べて、余計な壁の仕切りが少なくなるため、圧迫感が生まれにくくなるのです。

 

また、料理をしながらでもキッチンとつながった部屋の様子を見渡せるため、子育て世帯にとっては安心感のあるつくりでもあります。

 

家族とコミュニケーションを図ったり、子どもの様子を確認したりしながら料理ができるところは、カウンターキッチンの魅力の1つです。

 

さらに、動線の確保がしやすいところも大きなメリットとして挙げられます。

 

キッチンとダイニングの行き来をしなくてもお皿やコップなどを移動できるため、料理を運んだり片付けたりする際、往復の手間を省くことが可能です。

 

 

一方でカウンターキッチンは開放感のあるつくりのため、料理のにおいがリビングルームにまで移ってしまう点はデメリットだといえます。

 

部屋の広さにもよるものの、においの強いものを調理しているときには、家具や布製品へのにおい移りが気になってしまう場合もあるのです。

 

また、ダイニングルームからキッチンが丸見えになるため、来客時などには気を使ってしまうでしょう。

 

ただ、来客を意識して常にきれいな状態を保てるといった意味では、メリットとして捉えることも可能です。

 

カウンターキッチンには、クローズドキッチンにはないさまざまな活用方法があります。メリットをより広げるためにも、効果的な活用のアイデアについて詳しく見ていきましょう。

 

キッチンの収納場所が不足しているときには、カウンター部分に収納場所をつくることも可能です。キッチン側からもダイニング側からも出し入れ可能なラックを利用すれば、利便性は大きく向上します。

 

ただ、あまり高さのあるものを収納すると、開放感がなくなってカウンターキッチンのメリットが半減してしまいます。そのため、収納するのであれば、調味料などの小さなものがおすすめです。

 

また、カウンターの下は、工夫次第で大容量の収納スペースを生み出せる空間でもあります。サイズを合わせたカラーボックスを並べたり、マガジンラックを置いたりと、さまざまな活用方法があるのです。

 

キッチンカウンターは料理のためでなく、ちょっとした食事に利用することもできます。高さを合わせた椅子を数脚並べたり、気に入った間接照明などを置いたりして、オシャレなバーカウンターに変身させることも可能なのです。

 

単身世帯であれば、忙しいときなどには料理をした後でそのままダイニングスペースとして使用することもできます。そのため、日頃からあまり雑然と物を置いてしまうのではなく、スッキリと整理した状態を保っておくことが大切です。

 

高さのあるキッチンカウンターの上は、自然と目につきやすい箇所でもあるため、ディスプレースペースとして利用するのも効果的です。キッチンは部屋全体の印象を変えられる空間でもあるのです。

 

そのうえで、スッキリとした印象を与えるためには、基調となるカラーを決めて統一感を持たせることが重要となります。白や茶色といった落ち着いた色合いをベースに、グリーンやオレンジなどのカラーを組み合わせて、好みの雰囲気をつくっていきましょう。

 

スペースに余裕があれば、観葉植物や好きなインテリアグッズなどを置くと、程よいアクセントとなります。また、あまり空間を狭くしたくない場合であっても、照明の種類や色みを変えるだけで雰囲気を変えることが可能です。

 

  • カウンターキッチンはキッチンとダイニングの間に作業台を設けたつくり
  • 開放感が生まれる点や家族とコミュニケーションを図りながら料理ができるのが魅力
  • デメリットは料理のにおいがリビングに移りやすいところ
  • 収納スペースや簡易的なバーカウンターなどの利用方法がある
  • 見た目にこだわったり、カラーの統一感を意識したりして、ディスプレースペースとして活用することも可能

公開日: