入居前に確認しておきたいこと

人間にとっては快適な住まいでも、ペットにとっては危険が潜んでいることも…。気に入った物件でも、そうしたポイントがないか十分にチェックしましょう。

・ 玄関

特に子猫や引っ越ししてすぐなど、ドアを開ける時に、飼い猫が飛び出したりすることがないように工夫をするといいでしょう。リビングにドアがある物件は問題ありませんが、玄関からひと続きになっているようなワンルームでは、事前の準備が必要になることもありそうです。

・浴室

飼い猫が浴槽に落ちてしまったり、掃除用洗剤をなめてしまったりしないよう配慮が必要です。また、浴室に窓がある場合は、猫が窓を気にして乗ろうとすることもあります。扉がきちんと閉まるかどうかも確認しておきましょう。

・キッチン

キッチンには、刃物や火気、猫が口にしてはいけない食材などがあることも…。場合によっては、ペットフェンスの用意を考えておきましょう。

また、室内の空気環境も重要な項目です。最近は室内の気密性が高くなったことで、一年中、ダニやカビの繁殖の可能性があります。乾燥にも多湿にも弱い猫のために、空気環境を清潔に保ちやすい物件を選びましょう。

dba6c84103473be82356e2fa7b90ce88-e1375953665688
猫と賃貸

室内で猫を飼うために必要な3つの対策

猫の習性を知り、飼い主も猫もお互いにストレスがないように過ごせることが大切。賃貸住宅で猫を飼う時のポイントをまとめました。

・トイレ対策

飼い主は気づかないものですが、猫を飼っている人の家は結構匂ってしまうもの。猫には体臭がありませんが、糞や尿は匂います。トイレを一定の場所でさせるしつけはもちろん、部屋の中を常に清潔にするようにしましょう。引っ越したらすぐにトイレの位置を決めて、教えてあげましょう。位置は一度決めたら、変えないのがベターです。

・運動対策

猫にとって外の世界は刺激に満ちて楽しいものではありますが、室内で飼うことを前提にしている場合、バルコニーや玄関から外に出さないようにしましょう。代わりに、運動ができるよう高さのある家具を配置したり、キャットタワーなどを置いたりするといいでしょう。

・爪とぎ、ひっかき癖の対策

多くの飼い主を悩ませるのが、猫の爪とぎ、ひっかき癖。猫の習性ではありますが、むやみに室内を傷つけられては大変です。爪研ぎをする場所を設け、しつけていきましょう。爪のひっかき傷を防ぐために、ふすまや障子はあらかじめ外して保管したり、防音・防臭効果のあるカーペットや敷物で床や壁を保護したりしておくのがベターです。

マンションやアパートなどの集合住宅の場合

様々な人がひとつ屋根の下に暮らす集合住宅の場合、ペットに関するトラブルが多いのも事実。猫や動物を飼っていない人への細心の配慮が必要です。

・ニオイ対策

まず、バルコニーにトイレを置かないようにしましょう。ニオイが漂うと、クレームやトラブルの元に。また、バルコニーでグルーミング(毛の手入れ)をしないようにしましょう。毛が風に乗って干している布団や洗濯物につくことがあります。

・騒音・防音対策

発情期の大きな鳴き声は、しつけで直すことはできません。可能であれば不妊、去勢手術を。また、防音効果のあるカーペットや絨毯などを敷くといいでしょう。

ペット飼育可マンションであれば、何をしてもOKというわけではありません。物件それぞれにある管理細則を確認するとともに、周囲の方への気遣いを忘れず、快適な住まいを目指しましょう。

ペット可(相談)の物件特集
全国の賃貸を探す

関連記事

借主の負担はどこまで?賃貸住宅における原状回復の義務の範囲を知ろう
空気がこもりがちな高気密・高断熱のマンションは通気口が重要
自然派志向・アウトドア志向の人に。ログハウスの魅力、建てるときの注意
ペットホテルとペットシッターって何が違う?
裸族がいきなり出てきた!?・・・挨拶に行ってびっくりした事例【引越し挨拶事情5】

(2013/08/12)