家計簿、節約、掃除、自炊している? 実態を調査

今回、アンケートに答えてくれたのは、首都圏と京阪神エリアの賃貸集合住宅で一人暮らしをしている18歳~39歳の男女296人です。

お金の管理や家事について、また固定費以外の出費や時間のすごし方などに関する質問などに、どちらの考えに近いかあてはまるものを回答してもらいました。

先輩296人に聞いた! 実際に多かったのはどっち派?

実際に一人暮らしをしている人の回答を紹介します。

■家計簿まではつけていないけれど節約したい

まずはお金の管理から見ていきましょう。

 Q.家計簿をつけているか  
調査結果1

Q.節約しているか  
調査結果2

「家計簿を毎日つけている?」という質問に対し、「つけている」と答えた人が47.6%、「節約を徹底している?」との質問には69.6%の人が「徹底している」と回答しました。この結果から「家計簿まではつけていないけれど節約はしたい」と考えている人が多いことがわかります。



■毎日部屋を掃除する人は4割強

続いて、家事についてはどうでしょうか。

Q.部屋の掃除をしているか  
調査結果3

「部屋の掃除を毎日している」と答えた人は41.6%でした。残りの6割近い人が週末や空いた時間などにまとめて掃除をしていると考えられます。



■料理や炊事

Q.料理の得意不得意は  
調査結果4

Q.自炊はするか  
調査結果5

また、料理や炊事に関する質問では、「料理が得意」と答えた人は52.0%、「ほぼ毎日自炊している」という人は56.1%で、自炊派がやや多いという結果になりました。これらの回答については男女に顕著な差が見られ、料理が得意な人は約10ポイント、ほぼ毎日自炊しているという人は約15ポイント女性のほうが高いという結果になっています。料理については女性のほうが関心度が高いことがわかりますね。また、男女ともに自炊派が多い傾向にあるのは、自炊は外食や中食(お惣菜やお弁当を買ってきて自宅で食べること)と比べて費用を抑えやすいため、先に述べた節約意識が働いているものと考えられます。あわせて健康面への配慮もあるのかもしれませんね。



■出費は男女で差が

Q.所有する衣類の量は  
調査結果6

Q.住まいにお金はかける?  
調査結果9

固定費以外の出費についても見てみましょう。衣類に関しての質問に対しては、全体の51.7%が、女性に限った場合は56.2%の人が「たまにしか着ない衣類もたくさん持っている」と答え、過半数を超える人が服飾費にある程度お金をかけている可能性があることがわかりました。一方、住まいにお金をかけている人は男女ともに3割程度と低めです。



■一人でいる時間が好きな人が多い?

Q.友人といる時間、一人でいる時間、どちらが多い?  
調査結果7

Q.インドア派?orアウトドア派?  
調査結果8
最後は時間のすごし方についてです。「友人などとすごす時間が多い」と答えた人は約2割で、それ以外の人は「一人でいる時間が多い」と回答しています。また、休日は家ですごす派は外出派よりもやや高めの52.4%という結果に。一人暮らしの場合は気兼ねする人がいないため、家に友人を呼ぶ頻度が高くなりそうですが、実際は大多数の人が家で一人の時間をすごしていることがわかりました。休日も約半数の人が家ですごしていることからも、一人暮らしの住まいが自分にとって落ち着ける空間になっていると言うことができるかもしれません。


一人暮らしをしている先輩たちの実態を紹介しました。きっちり生活力が高くないと一人暮らしはできない、というわけでもないことがおわかりいただけたのではないでしょうか。料理ができなくても一人暮らしはできます。実際に一人で暮らし始めると、自然と生活力は高まっていくもの。最初からすべてにおいて理想を目指すのは大変です。どこに時間やお金をかけたいのか、あるいは重要視しないのか、あなたにとって大切な部分を見定めて、メリハリのある生活をスタートさせましょう。

一人暮らしにぴったり物件を探すおすすめ特集で探す賃貸

調査概要

【調査実施期間】
2018年11月25日~11月27日
【調査対象者】
首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)、京阪神(大阪、兵庫、京都)居住者で、事前調査で「一人暮らし、または配偶者かパートナーとの二人暮らしをしており、最近1年以内に賃貸の集合住宅に引越し、物件選びに関わった」と回答した18-39歳の男女
【調査方法】
インターネット調査
【有効回答数】
一人暮らし:296人

記事の利用や掲載についてはこちら→ info-media@LIFULL.com