ほっとする、谷根千(やねせん)暮らし。谷根歴10年の私が魅力を語ります

ほっとする、谷根千(やねせん)暮らし。谷根歴10年の私が魅力を語ります

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

最近谷中、根津、千駄木、日暮里あたりのいわゆる「谷根千エリア」が20-30代の若者たちに人気のようですね。
かくいう私も根津に10年近く住んでいるアラサー女子なのですが、確かにここ数年は私より若そうな住民をよく見るような気がします。

もともとこのあたりは東京大学の近くということもあって学生が多かったのですが、学生よりは少し年上の社会人の方もジワジワ増えている印象です。
そんな「谷根千エリア」に住む魅力をたっぷりご紹介します。

商店街と「猫の街」

谷根千エリアで最も有名なスポットといえば商店街の「谷中銀座」ですが、猫の像があちらこちらに設置されています。

谷中銀座以外のスポットも「猫の街」を前面に押し出していて、谷中銀座から徒歩5分ほど離れた住宅街の片隅に、「猫町ギャラリー」という小さな美術館があります。

知る人ぞ知る隠れスポットです。また、「猫町ギャラリー」以外にも中央区の銀座ばりにギャラリーが多く点在し、隠れ家的なカフェや個人店もあり、それらの店も積極的に猫町アピールをしています。

下町というと、粗野で雑多なイメージを持っている方もいるかもしれませんが、「猫の街」は観光客を意識してか、綺麗に整備されています。特に江戸時代のお屋敷がそのまま博物館になった「大名時計博物館」を目の前にすると、歴史ある高級住宅街のようです。

このように谷根千は下町でありながら洗練された雰囲気があり、なおかつ身近に猫と会える街なのです。
「猫が好きだけど下町はちょっと…」と敬遠していた若い女性も谷根千なら住みやすいですし、「猫の街に住んでるよ!」と友達にも自慢できそうですね。

こういうところが、谷根千が若者を引き付ける大きな理由だと思います。

日暮里~西日暮里はリアル猫ちゃんに遭遇できる

しかし実をいうと、谷中銀座や猫町ギャラリーなどの店がたくさんある「猫の街」エリア(千駄木や根津あたり)は猫ちゃんがそれほど多くないのです。

このあたりは道路が整備され綺麗にまとまっていて、なおかつ通行人も車の交通量も多めです。そのため、猫ちゃんが怖がって、あまり近寄らないのかもしれません。

もしも本気で猫に会いたいと思うなら日暮里~西日暮里あたりを探しましょう。

長年谷根千に住んだ私の個人的な感覚ですが、谷根千エリアの中で猫が多いのは日暮里~西日暮里あたりですね。

特に西日暮里3丁目から谷中3丁目あたりの住宅が密集して迷路みたいになっているところは、1分歩けば必ず猫ちゃんに出会えます。

谷根千とは?複数の区が入り混じるエリア

谷根千と言っても、根津・千駄木がある文京区、日暮里がある台東区、西日暮里がある荒川区と複数の区が入り混じっており、区ごとに雰囲気がガラリと変わります。
根津や千駄木がある文京区エリアは道路が整備されていて、観光客を相手に商売している店も多く、人もとても多いです。いわば、「観光用に整備された綺麗な下町」です。

一方、日暮里や西日暮里がある台東区・荒川区エリアは「整備されていない本当の下町」で、古い住宅が密集して迷路みたいに道路が組み入っています。初めて訪れた方は確実に迷います。

やたらフレンドリーな人も多いので、見知らぬおばあさんに話しかけられる覚悟はした方がいいですね。あと、坂道が多いです。

けれど、寺社や公園が多く点在し、緑が豊かなエリアでもあります。閑静な雰囲気があるので、寺社好きや静かな街並みが好きな方はおすすめですね。

つまりまとめると、谷根千の千駄木・根津あたりは綺麗だけど人や車が多いエリアであり、日暮里・西日暮里あたりは雑多だけど閑静なエリアです。

また、家賃も千駄木・根津の方が高いです。

もし谷根千に住むなら、この2つのエリアを実際に歩いてみてどちらがいいか確認してみる方がよさそうです。

谷根千は充実の住環境

日常のお買い物

私が日常のお買い物でもっぱら利用しているのが、「赤札堂」というスーパーマーケットです。
根津駅から歩いて1分も経たないところにあるので、私を含めた根津住民は仕事や学校帰りによく利用しています。

朝9時から夜11時まで営業しているので、仕事が遅くなっても問題なく買い物できるのは嬉しいですね。また、近隣住民の家に特売セールのチラシを届けてくれます。

私はそれを確認して特売セールがある日は開店すぐに向かいます。赤札堂は根津住民のほとんどが利用しているといってもいいくらい需要があるため、特売品はすぐに売れ切れてしまうのです。
赤札堂の公式サイトで今日の特売品や最新お得情報を確認できるので、こまめに見ておく必要もありますね。あと、マイバッグ制度を採用していて、レジ袋は有料になっているので、その点も注意しておきましょう。

地元の人がよく行く飲食店 

私も含め、地元の人たちがよく行く飲食店として一番に挙げられるのは、何といってもラーメン岡村屋です。
根津駅から歩いて1分のところにあります。東京大学に近いので、東大生の皆さんが多数利用しています。また、東大生だけでなく、地元のご老人や家族などもたくさん訪れるため、平日休日問わず、お昼時は大変にぎわっています。

この店の十八番はとんこつ醤油ラーメンなのですが、私のお気に入りはまぜそば!690円とお手頃な値段にもかかわらず、麺もにんにくもボリューミーで、スタミナを付けたい方には特におすすめです。ラー油やお酢などのトッピングも豊富に揃えているので、いろんな味を楽しめるのも魅力のひとつですね。

仕事帰りに寄れるリラクゼーションスポット  

私が仕事帰りに立ち寄るのは千駄木駅近くの「朝日湯」という銭湯。
「岩盤浴と酸素カプセル」と暖簾に書かれていますが、この銭湯の特徴は何といってもBGM。

なんとジャズが流れているのです!外見からは思いも寄らぬほどおしゃれな雰囲気なので、若い女子でも気軽に立ち寄れるかも。

内装の方も天井や床がピカピカに磨き上げられていて、ロッカーも新品同様、清潔感に溢れています。マッサージ機や木製ベンチも置かれているので、湯上りにのんびりするのも最高ですね。


で、肝心のお風呂なのですが、これまた洒落乙で、なんと背景画が富士山ではなく、西洋のお城と湖畔!ついでに桶も純白。湯舟は日替わり薬湯、座湯の深湯、バイブラの付いた浅湯の3つあります。私は日替わり薬湯で長い間湯船に浸かり、仕事の疲れを癒しています。有料サウナもあるので、たまにそこで汗をかいています。

穴場の癒やしスポット

私が個人的に穴場スポットだと思っているのは、谷根千にたくさんある神社仏閣です。
谷根千は全国的に有名な根津神社や小さなお寺まで、大小さまざまな寺社があります。

にもかかわらず、みんな谷中銀座ばかりを訪れて、寺社巡りをしないのは非常に残念だなと言う気持ちです。特に私は谷中銀座近くの「全生庵」(この日は幽霊画展をやっていました)、西日暮里駅近くの諏訪神社の雰囲気が特に好きです。

皆さんも谷根千のいろんな神社を訪れて、お気に入りを是非見つけてほしいですね。

谷根千の通勤・通学事情

谷根千の通勤・通学パターンは①日暮里駅利用②西日暮里駅利用③千駄木駅・根津駅利用の3つに分かれます。

①の日暮里駅には山手線と常磐線、京浜東北線、京成線が通っているので、東京23区内の主要駅にはここからすべて行けます。山手線を使えば、池袋駅(12分ほど)に、新宿駅(21分ほど)、渋谷駅(28分ほど)に1本で行けます。

また、東京駅(11分ほど)、品川駅(21分ほど)は常磐線で行った方が早いです。ただし、品川駅行きの電車は本数が少ないので時刻表を事前に確認しておきましょう。

上野駅は山手線の鶯谷駅を挟んだところにあり距離がとても近いので、余裕があるなら歩いて行ってもいいかもしれませんね。

また、常磐線を使えば、北千住駅(8分ほど)、松戸駅(17分ほど)、柏駅(25分ほど)、土浦駅(60分ほど)など、千葉・茨城方面も1本で行けるので、遠くへお出かけするのにも便利です。

混雑具合で言うと、朝はかなりラッシュです。

特に千葉・茨城から常磐線、京成線に乗って日暮里駅で山手線に乗り換える人が多いので、山手線は常に満員電車です。

池袋・新宿方面に行くなら、1つ前の鶯谷駅に戻って乗るのもいいでしょう。また、常磐線(東京駅方面)は日暮里駅で大勢が下りるので、席に座れる可能性は低いものの、満員になることはないでしょう。

②の西日暮里駅には山手線・京浜東北線と東京メトロ千代田線が通っており、大手町駅(8分ほど)、新宿駅(19分ほど)などの主要駅に短時間かつ乗り換えなしでアクセスできます。日暮里駅と同じく交通の便の良さは東京23区の中でも随一と言えます。また、千代田線は常磐線に直結しているので、松戸や柏などの千葉方面へのアクセスも抜群です。

しかしその分、乗降客の数も大変多いです。特に朝の千代田線は大手町駅などの千代田区方面の電車は常に満員です。なるべくゆとりのあるスペースで乗りたいのであれば、常磐線直結の電車ではなく、千代田線の始発駅である綾瀬駅からの電車に乗りましょう。

③の千駄木駅・根津駅は千代田線しかなく、しかも西日暮里駅の次なので、朝は大変混雑しています。

千駄木駅・根津駅にとても近いところに住んでいる方でない限りは、西日暮里駅や日暮里駅を利用した方が無難です。

谷根千にはどんな物件があるの?

前述の通り、谷根千はエリアによって区が異なります。

日暮里・西日暮里付近

日暮里駅・西日暮里駅がある台東区・荒川区エリアは東京23区の中でも家賃がとても安いです。駅徒歩10分以内でなおかつ2Kの物件が家賃7万台というのもざらにあります。
全体的に古い住宅が密集していて地盤も弱いようなので、防災面に不安がありますが、寺社や高齢者が多く閑静であり、治安も悪くありません。

古き良き下町の雰囲気が好きな方、都内で賃料を少しでも抑えたい方にはおすすめのエリアです。

千駄木・根津付近

千駄木駅・根津駅はブランド価値が高い文京区エリアにあるため、家賃は23区内でもやや高めの相場になっています。

駅徒歩10分以内でなおかつ2Kの物件だと、だいたい9万~10万ほどになります。
夜は閑静ですが、昼は交通量が多いため、大通りを移動する際は注意が必要です。

ただし、大通り以外は車の通りも少なく、道路も広々としているので、開放感があるかも。東京大学が近くにあるからか、学生が多いです。
また、若いファミリー世帯も多く見られるため、台東区・荒川区エリアと比べると、活気がある印象です。治安も東京23区の中では最も良いといわれています。お洒落で高級感がある街並みに住んでみたい方は文京区エリアの方をおすすめします。

休日は下町散歩を楽しむ

谷根千エリアは、谷中の森「諏訪神社」や朱色の鳥居が美しく建ち並ぶ「根津神社」、あじさいの名所「白山神社」など少し足を延ばせばたくさんの神社やお寺があります。

参拝したり、御朱印集めをするなど神社マニアにはたまらない休日の楽しみ方ができます。
カフェや雑貨屋さんも多いので、のんびりと下町散歩が好きな方にもおすすめのエリアです。

kentakuma

kentakuma

フリーのシナリオライターとして、テレビ番組やビデオのシナリオを執筆。ジャンルはタウン情報、グルメ、旅行、料理から防災、環境問題等、幅広い。趣味は映画観賞、旅行、ショッピング。無類のパン好きで、最近はパン食べ放題の店で食事をするのがマイブームです。

※このページの内容は、2019年9月27日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。