「1LDK」「2LDK」とは

「1LDK」「2LDK」とは
「1LDK」「2LDK」とは

まず、「1LDK」「2LDK」とは何を意味するのでしょうか。間取りの表記には、このような意味があります。1LDKを例に考えてみましょう。

1→LDKを除いた部屋数
L→リビング
D→ダイニング
K→キッチン


つまり、1LDKはLDK(リビングダイニングキッチン)と1部屋がある間取りとなります。キッチンのある広い部屋と寝室、といったイメージです。単身者や、夫婦などの二人暮らしに向いている間取りです。同じように、2LDKについても考えてみましょう。2LDKはLDKと2部屋がある間取りです。2~3人家族に向いている間取りです。

それでは、1LDK・2LDKそれぞれの特徴をみていきましょう。

◎1LDK・2人で暮らす場合、居室(寝室)でも一緒の空間を過ごせる
・2人以上で暮らす場合、家の中で1人の空間を作り出すことが難しい
・2LDKに比べると、収納が少ない物件が多い
・同居者と生活時間が大きく異なると生活トラブルが発生しやすい
・単身者、二人暮らしが多い間取り
など

◎2LDK・1LDKに比べ、収納スペースが広い物件が多い・友人同士なら、2人がそれぞれの個室を持てる
・夫婦の生活時間が異なる場合も、それぞれの個室(寝室)を持つことができる
・1LDKよりもゆとりがあるので家具や家電を置きやすい・ファミリー層が多い間取り
・1LDKに比べ、家賃が高い
など

それぞれ広さはどれくらい?

上述した通り、LDKは「リビングダイニングキッチン」、DKは「ダイニングキッチン」です。どちらもキッチン(台所)があり食事をする部屋ですが、LDKとDKにはどのような違いがあるのでしょうか。この2つの違いは「広さ」にあり、公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会では最低必要な広さの目安を定めています。

居室(寝室)数DKLDK
14.5畳~8畳~
2以上6畳~10畳~

8畳以上のLDKと居室が1部屋の場合の間取りは「1LDK」です。キッチンのある部屋が4.5~8畳未満ですと「1DK」、4.5畳未満であれば「1K」となります。ただし、これはあくまで1つの目安ですので、LDKとDKの表記が上記と異なる場合もあります。
※参照:公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

自分にぴったりの広さを選ぶ際の考え方や基準は?

お部屋探しをする際に「自分にぴったりの広さ」はどうやって知ればいいのでしょうか? 人それぞれの好みがあるとは思いますが、今回はお住まいの人数や生活スタイルに分けて考えていきましょう。

1.単身者
単身者が「自分にぴったりの広さ」を考える上で重要なことが2点あります。1つは「荷物の量」、もう1つは「人を呼ぶかどうか」です。荷物の量が多い方はそれに見合う収納やスペースが必要です。ですから、実際に部屋を内見するときは新居に運びたい家具・家電などの荷物を想定して収納の大きさや居室の広さを確認しましょう。また、人を頻繁に呼んで集めたいという方は呼びたい人が入れる広さが必要でしょう。ですから、居室(個人的なスペース・寝室)と人と過ごす空間が分けられる1LDKが向いているといえるでしょう。

2.二人暮らし
生活時間が同じカップルや夫婦は、生活スペースを共有しやすい1LDKという選択もできるでしょう。生活空間が同じだと自然と顔を合わせるので、コミュニケーションが取りやすいです。しかし、1人の空間を持ちたかったり生活時間がそれぞれ違ったりする場合や、友人同士などのルームシェアで2人暮らしをする場合などは2LDKタイプが向いているでしょう。

3.三人暮らし以上
両親と子どもの三人暮らしを例に考えてみましょう。2LDKであれば一部屋を寝室にしても、もう一部屋があるので、子ども部屋として活用することができます。その他に親の部屋が必要であれば3LDK以上の間取りが良いでしょう。一緒に暮らしていく人数が増えると、それぞれの人の生活スタイルを考えていく必要があります。家族みなさんの荷物の量や現在の生活状況だけでなく、将来のことも考えて間取りを考えてみましょう。

物件選定の基準は人によってさまざまです。一つの指標としてください。

1LDKや2LDKは、使い勝手も重要!使いやすい間取りはどのようなタイプか?

1LDKや2LDKは、使い勝手も重要!使いやすい間取りはどのようなタイプか?
自分にぴったりの広さを選ぶ際の考え方や基準は?

同じ「1LDK」「2LDK」という表記でも、その部屋のつくりはさまざまです。何種類かに分けて説明します。

1.開放感のある1LDKタイプ
LDKと洋室の仕切りがスライド式ドアといった間取りは、間仕切りをすべて開けると広いワンルームのような開放感を得られるのが特徴です。部屋を広く使いたい方に向いています。

2.LDKと部屋が完全に分かれているタイプ
それぞれの部屋の出入り口が廊下から分かれている間取りや、部屋と部屋が完全に壁で分かれている間取りなど、各部屋が仕切られているタイプです。この間取りは各部屋が独立しているため、1人の時間を大切にしたい方や同居される方の生活時間が違う場合に向いている間取りといえるでしょう。

3.メゾネット型
メゾネットとは、中に階段があり、1住戸が2階以上になっている間取りのことをいいます。メゾネットでは戸建て住宅のような感覚で暮らすことができます。例えばLDKが1階、寝室が2階にある間取りであれば、深夜に帰宅したとしても2階の寝室で寝ている家族の邪魔をする可能性が低くなります。また、メゾネットタイプは上下が自分の部屋なので足音があまり気にならなくなります。ただし、集合住宅ですので壁を挟んで隣の部屋となっていることがほとんどです。生活音には注意しながら暮らしましょう。

間取りと合わせて見ておきたいポイント

1LDKと2LDKの特徴や違いについて、みなさんにもご理解頂けたのではないでしょうか。間取りを選ぶ時、合わせて確認しておきたいことをご紹介していきます。

1.新居に運びたい家具が部屋に収まるか確認する
特に大きな家具についてはあらかじめ大きさを測っておくと良いでしょう。同じマンションで同じ間取りであったとしても、部屋によっては柱の位置が違って家具が置けないといった場合もあります。また、一見広く見える部屋でも家具の配置がしにくくデッドスペースが生まれてしまうこともあります。できれば実際に内見した際に、家具の配置をシミュレーションしておくと良いでしょう。

2.窓の位置や大きさ
角部屋の場合、中部屋よりも窓多いことがあります。その分部屋の明るさに違いが出てくるでしょう。また、キッチンやお風呂場に窓も確認してみましょう。窓があれば換気がしやすいでしょう。

3.コンセントの位置
コンセントの位置によって家具の配置が変わります。特に大きな家具は一度配置すると動かしにくいので、あらかじめどこに配置するかを考えておくと良いでしょう。

おわりに

賃貸物件を探す際、100%希望の叶う物件に出会うことはなかなか難しいでしょう。今回は1LDK・2LDKという間取りに焦点を当てて解説しました。間取りは住んでからは変えられません。部屋を決める前にもう一度考えてみましょう。

まとめ
・1LDKはLDK(リビングダイニングキッチン)と1部屋
・2LDKはLDK(リビングダイニングキッチン)と2部屋
・DKとLDKの違いは広さであり、部屋数による目安がある
・単身者の場合「荷物の量」「人を呼ぶかどうか」で向いている間取りが変わる
・同じ二人暮らしでも生活時間の違いや関係性によって向いている間取りが違う
・その他、間取りを選ぶ際は家具の配置をシミュレーションしておくと選びやすい

全国の賃貸を探す家賃相場を調べる