知らない人は損してる!? インターネット使用料無料物件のしくみと快適生活

知らない人は損してる!? インターネット使用料無料物件のしくみと快適生活

こんなしたい暮らしに出会えます
  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

インターネットの利用が無料になる賃貸物件が増えていますが、どれくらいのお得感があるのか、また、使い方が制限されたりしないか、きちんと理解している人は少ないかもしれません。ここでは、インターネット使用料無料物件の節約効果や、インターネット使用料無料物件が向いている人などについてご紹介します。

インターネット使用料無料物件とは?

通常、賃貸物件に引越ししてからインターネットを利用しようとすれば、個人でインターネット回線を契約し、月々の利用料を支払わなければなりません。
ですがインターネット使用料無料物件では、個人の契約をしなくてもインターネットを無料で利用できます。

インターネット使用料無料物件と聞くと、一瞬「どんな仕組みだろう?」と困惑するかもしれませんが、簡単にいうとWi-Fiスポットを自由に利用できるものです。カフェや公共施設、宿泊施設など、無料Wi-Fiスポットが整っている場所を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

賃貸物件のインターネット環境にもよりますが、Wi-Fiで利用するには無線ルーターを用意しなければならない場合もありますので、どのような環境になるかは事前に確認しておきたいですね。

自宅でインターネットを使いたい! 使用するには何が必要か?

自宅でインターネットを使用するには何が必要か?
①個人で契約する場合
・パソコンやモバイルなど、インターネットを利用する機器
・インターネット回線の引き込み
・プロバイダーとの契約

個人で契約するには、光回線などインターネット回線サービスを行っている会社で、回線の引き込み契約をします。さらに、回線を通してインターネットに接続できるようにするプロバイダーとの契約が必要です。ふたつのサービスを契約することで、初めてインターネットを利用することが可能になるのです。

②インターネット使用料無料物件の場合
・パソコンやモバイルなど、インターネットを利用する機器
・無線ルーター(Wi-Fi環境で利用するために用意する必要がある)

インターネット使用料無料物件では、パソコンなどネットを利用する端末機器を準備するだけでネット環境が整います。改めて何かを契約することはありません。ただし、Wi-Fi環境でインターネットを利用するのであれば、無線ルーターを準備する必要があります。

気になる費用は?

1.インターネットを使用する場合にかかる費用

インターネット無料ということは、実際には何の費用がどのくらい節約できるのか気になりますよね。一般の賃貸物件で、インターネット回線を個人契約した場合を例に比較してみましょう。

まず、個人がインターネットを利用するには、「回線使用料」と「プロバイダー料金」という2つの費用がかかります。

回線使用料

回線使用料は、光回線などインターネットを開通するための回線の使用料です。そもそも賃貸している部屋にインターネットの回線が引かれていなければ、ネット利用はできないので注意しましょう。

インターネット回線は、NTTのフレッツ光、ケーブルテレビ、携帯会社が提供している光回線などが代表的です。

・月々の利用料目安:約3,000円~6,000円
(回線によっては、1万円~3万円程度の初期費用がかかる場合があります)

プロバイダー料金

プロバイダー料金とは、インターネット回線を使ってネットを繋げるために必要なプロバイダーの利用料金です。

@nifty(ニフティ)やOCN(オーシーエヌ)、So-net(ソネット)などプロバイダーにはさまざまな種類があります。一般的には、利用するインターネット回線を提供する会社が推奨するプロバイダーがあり、セットで加入することで割引になるものが多いです。

・月々の利用料目安:約500円~1,000円
(インターネット回線のセット割引が適用される場合があります)

またインターネット回線の会社には、ネット利用の他にも「ひかり電話」や映像サービスなどのオプションサービスを展開しているところもがあります。

「ひかり電話」は月々500円から固定電話を利用できるサービスで、携帯以外の固定電話を設置した人やFAXを利用したい人が加入することが多いでしょう。
「映像サービス」は、一般的な地上波TV以外の専門チャンネルを視聴できるサービス。スポーツや音楽、映画など特定の番組を視聴できます。月々の利用料は視聴数にもよりますが、1,000円を超える場合もあります。

追加オプションを除いたとしても、個人が契約すると回線使用料とプロバイダー料金で月々約3,500円~7,000円程度の出費になります。

上記の金額を足すと、ネット無料物件で節約できる費用は年間約4万2,000円~8万4,000円。月々の額は少なく見えても、年間で換算すると意外と大きな節約に繋がる可能性が高いです。

2.Wi-Fi利用でスマートフォンも節約効果あり?

インターネット使用料無料物件でWi-Fi環境にすれば、スマートフォンのパケット代節約にもなります。

通常、Wi-Fiに接続されていない環境では、携帯会社の通信方法であるパケット通信を使うことになります。パケット通信は、利用できる容量によって料金が異なります。大量のデータ通信を利用しようとすると費用はたいへん高額になるため、パケットを少なく抑えて契約している人もいるかもしれません。

スマートフォンを利用する場合、動画視聴やSNSといったインターネットを楽しむには携帯会社のデータ通信をかなり消費することになり、データ通信量が気になって気軽に楽しめないことがあるでしょう。

自宅のネット環境をWi-Fiにすることで、家ではデータ通信量の消費を気にすることなく、動画や音楽を楽しむことができます。携帯会社の契約を見直し、データ通信費を節約することもできるのではないでしょうか。

Wi-Fiを利用してインターネットに繋ぐことで、より幅広いサービスを利用することが可能になります。

気を付けることはある?

・インターネット完備物件との違い
「インターネット使用料無料物件」と「インターネット完備物件」は違うものを指します。
インターネット使用料無料物件は、インターネットを使用する費用が無料であるという意味です。

一方でインターネット完備物件とは、インターネット回線を引き込める環境が整備された物件であるという意味で、もともと回線が引いてあるわけではありません。インターネットを利用するには個人が回線の契約をしなければならないので注意しましょう。

・インターネット使用料無料物件だとその分家賃が高いのか?
インターネットの使用を無料としている分、「回線利用料などが家賃に上乗せされているのでは?」という疑問もよく聞きますが、そのような決まりはありません。

とはいえインターネット使用無料という設備が整っていて家賃が高めの物件なら、家賃の安い物件で、自分で回線やプロバイダー契約をしたほうが総合的に安くなるというケースもあります。家賃の予算や住みたい物件の条件も併せて、「インターネット使用料無料物件」と「インターネット完備物件」、どちらを選ぶのかしっかり検討したほうがいいでしょう。

・使用制限など知っておくべきことはあるか
インターネット使用料無料物件でインターネットを使うと、速度制限がかかりやすいというイメージをもっている人がいるかもしれません。

ですが実際には、インターネットを無料で使用できるから速度制限になりやすいという条件はないのです。速度制限がかかる場合は、近隣の住民も同じエリアで同じプロバイダーを利用し、回線が混み合うためという可能性が高いです。

Wi-Fi利用でゲームや音楽をより楽しめる

オンラインゲームで今までにない楽しみ方を
Wi-Fiを利用して、自分以外の利用者と気軽にオンラインゲームを楽しむことができます。自分ひとりだけではなく、ネット上のあらゆるプレイヤーとリアルタイムでゲームをプレイでき、1人でプレイするよりも楽しみ方の幅が広がります。

実際、オンラインではなく自宅に友人を呼んで一緒にゲームプレイすることも可能ですが、これではあまり遅くまでゲームを楽しむことは難しいでしょう。オンラインゲームなら、自分の都合のいい時間を選んで参加できるため、相手の時間を気にする必要はありません。また、常に別の人とのプレイを体験することができるため、いつも新鮮な気持ちで楽しむことができるのが醍醐味です。


Wi-Fiスピーカーで音楽を楽しむ
CDプレイヤーなどの機器を使わずに、音楽データをWi-Fiスピーカーに送ることで再生できます。通常CDプレイヤーの位置は固定になることが多く、別の場所に移動したいときに不便に感じることがあるでしょう。そんなとき、Wi-Fiスピーカーがあればどこでも気軽に音楽を楽しむことができます。キッチン・ベッドサイド・ベランダ……お気に入りの場所で好きな曲を聞き、気持ちもリラックスできるでしょう。

筆者は、決まった場所でじっと音楽を聴くよりも、仕事をしたり洗濯したり、料理を作ったりしながらBGMとして音楽を聞きたいタイプです。どんな場所でもスピーカーを移動させるだけで音楽を聞けるWi-Fiスピーカーはとても画期的。実際に使ってみてとても便利だったので、毎日重宝しています。


できることは無限大!スマートスピーカー
スピーカーに向かって話しかけるだけで、電気を消したりメールを送ったりできる夢のような機械がスマートスピーカーです。手がふさがっているときでも機器を操作できる便利さはもちろん、一人暮らしの寂しさもなんとなく和らげてくれそうな気がしますね。スマートスピーカーを利用するにはWi-Fiの接続が必須です。Wi-Fi環境を導入した上で、ぜひスマートスピーカーを使ってみましょう。

少し前までは近未来的だと思われていたスマートスピーカーも、今やすごい勢いで普及しています。iPhoneのSiriやGoogleの音声検索のようにスマホを使う必要もないので、その便利さに驚きます。筆者はスマホで文字を早く打つことが苦手なのですが、音声でメール送信もネット検索もできるスマートスピーカーが手放せません。

利用料が安いだけでなく、こんなメリットも

インターネット使用料無料物件は、月々の回線利用料やプロバイダー料金を節約できてお得感がありますが、特にどんな人におすすめなのか紹介します。

引越し先ですぐインターネットを利用できる
引越しをしてすぐにインターネットを使いたいという人には、インターネット使用料無料物件が向いているでしょう。短時間でネット環境を作ることができるため、すぐに仕事で利用したい人も安心です。

開通までの面倒な手続きが省ける
インターネット回線やプロバイダーなど、ネット関係にあまり詳しくない人は、初めから手続きをする必要のないインターネット使用料無料物件がおすすめかもしれません。

どの回線がいいか、プロバイダーはどこを選べばいいかなどを自分で調べるのは面倒ですし、時間がもったいないともいえます。新生活は、インターネット以外にも転入や住所変更などのいろいろな手続きがありますので、負担はひとつでも減らしたいですよね。

ネット回線やプロバイダーに詳しくなくても大丈夫
インターネット使用料無料物件は、ネット回線やプロバイダーがあらかじめ指定されていることがあります。お気に入りの回線がある人は一度検討が必要ですが、「ここを利用したい」という特別なこだわりがなければ、多くの選択肢から選ぶ手間がなくなるでしょう。

年間を通して考えると、意外と大きな節約効果が期待できインターネット使用料無料物件。自宅でもデータ通信量を気にせず無料でネットが利用できます。個人でネットを開通する手間もかからないため、手軽さも大きなメリットのひとつでしょう。PCはもちろん、スマートフォンやモバイル機器、オンラインで利用できるゲーム機器など、さまざまな用途で使用できます。快適なネット環境を作って、新生活をスタートしてみてはいかがでしょうか。

岩野 愛弓

岩野 愛弓ライター

自然素材系の家づくりの仕事に従事し、インテリアや造作家具などのデザインアドバイザーを経験。コストバランスの優れた本当に良いモノ選びを心がけている。宅地建物取引士。

※このページの内容は、2019年2月28日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク
  • タイトルとURLをコピー

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。