東京に住みたい方必見! 通勤電車の混雑を避けるコツと都内の穴場駅5選

地方からの上京や転職など事情はさまざまですが、東京に住みたいという方も多いのではないでしょうか。しかし、東京となると家賃はもちろん、通勤電車の混雑状況も気になるところです。
この記事では、36年間東京23区内に住んでいる筆者が、通勤時の混雑を回避するコツとおすすめの駅を紹介したいと思います。

東京にお勤めなら断然近くがおすすめ

渋谷、新宿、池袋、新橋、品川などにお勤めの方なら、東京23区およびその付近に住むことをおすすめします。なぜなら、4つの理由があるからです。

• 通勤時間が短い
• 電車が止まっても、別の路線を利用することができる
• 電車の本数が多い
• 無理に特急電車へ乗らなくてもいい

放射線状に広がる首都圏の路線図は、郊外に行くほど駅が少なくなるため自然と一極集中型になりがち。その点、都心に近い駅は利用者が各路線に分散するうえ、列車の本数が多いのでホームの混雑も緩和されます。
しかし、都心近くに住むとなると、家賃の問題や、すでに電車が郊外からの乗客で超満員ということも考えられます。次項からは、都心近くに住むメリットを享受しつつ、混雑回避できる穴場駅を5つ紹介したいと思います。

1.本所吾妻橋駅

路線:都営浅草線
住所:墨田区
アクセス:新橋駅まで最短15分
■駅周辺の特徴
隅田川にほど近い本所吾妻橋は、日本屈指の観光地である浅草とスカイツリーのお膝元押上に挟まれた駅。サラリーマンにとっては銀座、新橋、汐留、品川、羽田空港へのアクセスが便利なこともメリットです。
週末は浅草で寺社仏閣巡りやソラマチでショッピング、桜で有名な隅田川沿いを散策したり物件によっては花火が見えるのもポイント。
駅前にはスーパーマーケットや薬局、ファミリーレストランもあり、単身者に住みやすい魅力的な街です。
■おすすめポイント
都営浅草線は浅草駅までの混雑が少ないうえ同駅で降りる乗客も多いため、着席できる可能性も格段にUPします。座席に着くことができれば、本を読んだり、ニュース記事をチェックするなど通勤時間を有効活用できます。
また、押上駅からの始発にも乗車できる本所吾妻橋駅は、都内でも有数の穴場スポットと言えるでしょう。

2.小菅駅

路線:東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)
住所:足立区
アクセス:大手町駅まで最短26分、上野駅最短12分
■駅周辺の特徴
閑静な住宅街が広がる小菅駅は学生や単身者が多く、東武スカイツリーラインは日比谷線、半蔵門線と直結しているため上野、銀座、六本木、渋谷駅はもちろん横浜方面へのアクセスにも便利です。
駅自体は大きくありませんが、大小のスーパー、薬局が点在しており、ファミリーレストラン、ファストフード店もありますので、帰宅が遅くなった際には重宝します。
■おすすめポイント
小菅駅は特急、急行、準急が停車しません。特急や急行が停車しないのは、一見するとデメリットに感じるかもしれませんが、実は通勤電車の混雑回避には重要な要素のひとつです。
特急、急行は郊外からの通勤客で大変混雑します。逆に、各駅停車に乗車するのは近隣住民に限られるため、混雑を回避することができます。
また、小菅駅のひとつ隣の北千住駅では、下車する乗客が多いため高確率で座ることができます。大手町、六本木、恵比寿方面へ向かうサラリーマンにもおすすめの駅です。

3.池ノ上駅

路線:京王井の頭線
住所:世田谷区
アクセス:渋谷駅まで最短4分
■駅周辺の特徴
東京23区の南西部に位置する池ノ上駅は、世田谷区の閑静な住宅街に位置する駅でありながら、吉祥寺や渋谷へのアクセスが便利。渋谷駅へ通勤するサラリーマンはもちろん、吉祥寺へ向かう学生さんにもおすすめです。
近隣には、小劇場やライブハウスで有名な下北沢もあり、休日を楽しむにはぴったりの街と言えるでしょう。
■おすすめポイント
渋谷駅へのアクセスを考えると、真っ先に東急田園都市線や東横線を思い浮かべますが、人気の街が続くこれら沿線の駅はどこもカオス状態。ほとんどの乗客が渋谷を目的地としているため、降車による混雑緩和も期待できません。
少なくとも、混雑回避に重点を置くならおすすめの路線とは言えません。
吉祥寺駅と渋谷駅を結ぶ井の頭線は、郊外を走る列車との相互乗り入れを実施していないため、全区間通して乗車客数が少ないことがメリット。池ノ上駅は、混雑を回避するにはぴったりの穴場スポットと言えるでしょう。

4.戸部駅

路線:京浜急行電鉄本線
住所:神奈川県横浜市西区
アクセス:横浜駅まで最短2分、品川駅まで最短23分
■駅周辺の特徴
戸部駅は、人気観光地である横浜みなとみらい21やターミナルである横浜駅が徒歩圏内で、衣食住が揃った街と言えるでしょう。横浜駅はもちろん、川崎駅、蒲田駅、品川駅方面へ出るにも便利な立地です。
週末は、みなとみらい、横浜美術館、ベイクオーター、ワールドポーターズ、ランドマークタワー等どこに行くか困ってしまうほど。
また、その利便性とは裏腹に、家賃相場もリーズナブルで学生や単身者の方も多く住んでいます。
■おすすめポイント
ターミナルである横浜の隣駅と好立地にもかかわらず、各駅停車しか止まらないため乗車率は低め。さらに乗車時間はわずか2分と短いので、ターミナル駅付近に住んでヒットアンドアウェー戦法で乗り切ってしまうのも物件選びのひとつの方法です。
また、品川駅を目的地とすると、多少距離はありますが各駅停車でゆっくり通勤するのもいいでしょう。
私自身、毎朝通勤電車に乗っているので満員のつらさはよく理解しておりますので、10~20分程度の差でしたら着席できる駅付近に住むことをおすすめします。

5.代々木駅

路線:JR中央総武緩行線、山手線、都営大江戸線
住所:渋谷区
アクセス:渋谷駅まで最短5分、東京駅まで最短20分
■駅周辺の特徴
若年層に人気のスポット代々木駅。なんといっても、中央線(緩行)、大江戸線、山手線を使えるうえに新宿まで徒歩圏内というのは魅力的です。
駅舎自体は決して大きくありませんが、小型スーパーや飲食店が点在しており代々木公園や新宿御苑も近いです。人通りが多いので単身者の女性でも安心して住める街と言えるでしょう。
■おすすめポイント
代々木駅は都心の好立地にありながら、新宿駅で下車する乗客が多いため中央緩行線の乗車率が100%以下と着席できる可能性が高いのがポイント。
御茶ノ水に通う学生さんや、秋葉原・神田・東京駅に通勤するサラリーマンなどにおすすめのスポットです。
また、使用できる路線が多いので、中央線が事故で止まっても別ルートで帰宅することができます。
参考資料:国土交通省報道発表資料 東京圏で混雑率180%超の路線が12路線から11路線へ(資料4:東京圏における主要区間等の混雑の見える化)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
私自身、毎朝電車で会社へ出勤するサラリーマンですが、とにかく満員電車はつらいもの。
これから先何年も居住することを考えれば、付近の環境はもちろん、混雑しない通勤電車を選ぶのも物件選びの重要な要素です。
東京23区、またはその周辺で穴場の駅を見つけるには、以下のことを意識するといいでしょう。

• 始発駅
• 特急、急行が止まらない駅
• 乗客の目的地が分散している路線の駅
• ターミナル駅に隣接する駅
• 複線、直通運転がない駅

また、時間があれば実際に、平日の通勤電車に乗車してみることをおすすめします。
今回ご紹介した駅はあくまで私が知る範囲内の場所ですので、ぜひご自身でもLIFULL HOME’Sを参考に穴場駅を探してみてはいかがでしょうか。
この記事が参考になれば幸いです。

RK

RK

東京生まれ東京育ちの36歳。日頃は個人ブログで子育てや生活情報などを発信しています。

※このページの内容は、2019年2月20日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください