お金は賢く使いたい! ライフスタイルに合わせて節約しながら暮らす

  • はてなブックマーク

世の中にある節約術をありったけ試しても、1ヶ月千円程度の節約効果でした。

はじめまして、節約主婦ブロガーのhanaと申します。私は契約社員の彼との結婚を収入面で父から反対されてから、必死に節約・貯金について学んできました。

結婚後は、節約雑誌を毎月ファイリングして、紹介されている方法でお金のかからない方法はすべて試しました。

家計簿は毎日欠かさず書き、マーカーで無駄使いにチェックするのはもちろん、ポイント活用、節電節水など、日々1円単位で無駄使いに気をつけた生活を送っていましたが、その努力もむなしく…普段より貯金できたのは月千円あればいいほう。

こんなに頑張っているのになぜお金がたまらないのだろうと悲しく、不安になる日々でした。

「節約を頑張れば収入が少なくてもなんとかなる!」と思っていた私は、普段から節約意識のある人にとってはどれだけ節約術を同時でたくさんやってもそれほど大きな貯金効果がないということを身を持って体験しました。

そこで闇雲に頑張るのではなく、「効果のある節約術だけ絞ってやろう」と決めると、気持ちがラクになり、時間の余裕も増え、収入アップに向けての勉強も楽しくできるようになりました。

今回は10年以上節約貯金を研究してきた私が、令和の新時代でも使える、これはお伝えしたいという節約術をご紹介いたしますのでぜひご覧ください。

疲労しないでガツンと貯まる! 5つの実践

節約、と聞くと「ケチ」や「貧乏臭い」というイメージがあったり、やっていることはとても地味だったりしますが、「貯金を増やす方法」の中では、特別な才能や初期投資が必要なくすぐにできるものになります。身につけておけば、家計がピンチなときに活きてきます。

節約方法はたくさんありますが、今回は頭をフル回転して考えずとも自然に節約習慣が身につく、おすすめの方法を5つご紹介いたします!

①クレジットカードは1枚に集約!ポイントがたまりやすいものを見直す

何もしなくても貯まる節約術の王道ではありますが、メインで使うクレジットカードを1枚に決めることは節約効果抜群です。

例えば月に15万円使っている人は、すべてクレジットカード払いに変えただけで、1%還元のカードなら年間18,000円ですからばかにできません。クレジットカード払いできる保険料などを契約時のまま銀行引き落としに設定している方も多いので、この機会に支払い方法を変更しておけば、ほったらかしでもポイントが貯まっていきます。

特に年会費無料で1ポイントから使える楽天カードやYahoo! Japanカードがおすすめです。このカードはキャンペーンやセールなどで還元ポイントが増える機会が多く、提携しているお店も多いです。今も昔も十分使える節約術です。私は楽天カードに絞って活用しているので、年間ポイント数もしっかりもらい、しっかり消費できています。

②買い物はメインの店舗を決め、お得デーに合わせて購入

こちらもよく聞く方法だと思いますが、知っているのとやっているのは違いますので、ぜひ習慣にしてみてください。スーパーやドラッグストアがセールだとついつい買いすぎちゃって…という方もおられますが、買い物する日を決めることで、他の日に無駄使いしないということがポイントです。

何も買わない日をつくるという方法も同じです。買いすぎてしまう日があったとしても、買わない日があればバランスが取れるのです。買いすぎないことを徹底するのは毎日疲れますが、使う日・節約する日とメリハリを持たせることでストレスなく節約習慣が身に付きますよ。

1日333円の無駄使いをすると、1ヶ月後は1万円失います。買う日を決めてメリハリをつけることで、1年後に大きく節約効果が現れてきます。

③フリマアプリをマメに利用

これから新たに節約のために何かしてみたい方におすすめなのは、フリマアプリです。

私は10年以上前からネットオークションを利用していましたが、入力や送料を調べることがとても大変でした。しかし、今ではとても簡単に出品できますし、匿名配送などのサービスもあるので、気軽に収入を増やすことができます。

洋服や本は年中いつでも人気ですし、トイレットペーパーやラップの芯など普通は捨ててしまうものも、こどもの自由研究や行事で必要なことが多いので売れやすいですよ。

おすすめアプリは「メルカリ」

出品が簡単で、使っている人が多いから売れやすい!初めてフリマアプリを使うなら匿名配送もできるメルカリ一択です。

④家計簿アプリで楽しく時短節約

楽してお金を貯めたい方に最もおすすめしたいのが、家計簿アプリです。

通常は通帳への記帳やネットバンクへのログインがなければ貯金残高がわかりにくいですが、家計簿アプリなら、銀行口座にいくらお金があるのか、アプリを開くだけで複数の銀行をリアルタイムで確認することができます。

似た家計との比較や、先月との比較などの家計簿分析や、適切な家計簿項目を自動仕訳してくれますので、大変便利ですよ。

「銀行残高が低下しています」などと通知も来るので、残高不足で延滞金がかかってしまう心配もありません。安全面も十分考えられているので、まだ使ってない方はぜひ!

おすすめ無料家計簿アプリは「Zaim(ザイム)」と「マネーフォワードME(マネーフォワードミー)」

Zaim(ザイム)は、約 1,500 の金融機関と連携して一元管理できるアプリ。医療費控除にあたる支出の自動抽出や、住んでいる自治体の給付金を自動取得するなど痒いところに手が届きます。

マネーフォワードME(マネーフォワードミー)は、Zaimに使っている銀行がない場合はマネーフォワードMEがおすすめ。銀行だけでなく証券会社なども連携できます。

また、上記でご紹介した家計簿アプリは非常に多機能なので、初めてインストールした方は使い方で混乱してしまうかもしれません。

初めはクレジットカードと銀行口座をアプリと紐付けて、1ヶ月ほったらかしにしてみましょう。自動で記録して一覧にして、分析してもらえる様子が分かりますよ。

⑤料理アプリを駆使して、レシピを工夫

食費を節約する習慣をつけたい方は「献立」に関するアプリがおすすめです。

余った食材だけで1食ぶん作ることができれば、食費の節約にそのまま直結します。

今回おすすめするアプリなら、ただ安いだけでなく、栄養についても考えられたレシピ動画が毎日アップされるのでマンネリ化しません。節約中でもおいしい食事が毎日食べられれば、楽しく続けられますね。

おすすめアプリは「クラシル」「シュフーアプリ」「トクバイ」

クラシルは、管理栄養士が監修した、10分以内に作れる健康レシピを動画で見られるアプリ。

毎日レシピがアップされ、料理初心者でもプロの料理が家庭でできます。食費の節約だけでなく、医療費の節約にも。

シュフーアプリは、家の近くのお店のチラシが見られるだけでなく、チラシを見るだけでTポイントが貯まります。チラシ掲載店舗数は少なめ。

トクバイは、チラシ掲載数No.1。
チラシのために新聞を取っている方は解約を検討してみましょう。

固定費と変動費を見直して、家計改善を。

ここまでおすすめの節約術を5つご紹介いたしましたが、世の中にはたくさんの節約術があるので、どんな節約方法がいいのかわかりませんよね。

そこでお伝えしたいのが「変動費」「固定費」の違いを見分けることです。

固定費と変動費を理解していれば、どの貯金術がより節約効果が高いのか把握できますよ。
1番わかりやすい見分け方が、以下の通りです
・通帳から毎月・毎年など一定の期間で契約に基づき自動でひかれているお金が「固定費」です。
・「変動費」は自分でお店や病院・ネットなどで購入したときにかかるお金で、特に規則性はありません。自分の気分や体調・人間関係などで大きく変わります。

一般的には以下のように分けられます。
【固定費】
家賃・住宅ローン・保険料・ネット料金・スマホ代・電気代・水道代・ガス代・学費・月額課金サービスなど

【変動費】
食費・日用品・ガソリン代・レジャー・習い事・交際費など

多くの場合、食費を節約したり、家計簿を書いたり、自分の手から出ていく支出の節約からスタートさせますが、前述の通り、自分の財布から支払う「変動費」は体調・人間関係などコントロールしにくいため難易度の高い節約方法です。

そこでまず節約するなら、契約を見直すことで確実に安定的に節約できる「固定費」からチェックするのがストレスのかからないおすすめポイントです。

固定費の見直しが節約に効果的であるということは、頭ではわかっているという方も多いでしょう。しかし固定は自動的に引き落としされていることが多く、どの程度費用が発生しているのかチェックできていない人がほとんどなのです。

特に、ネット・スマホ・保険料・電気代の固定費を見直すことをおすすめします。オプションやプラン変更を行うことで、月に5,000円以上節約できるケースも多いですよ。

基本的に家計簿を書いていない人でも、固定費というのは通帳かクレジットカードに記録されていますので、細かく契約を見直してみましょう。

また、大幅に節約を成功した人は「家賃の見直し」を積極的に行っています。
こちらはすぐに取りかかることは難しいかもしれませんが、今よりも1万円家賃が安いところに住み替えれば、年間12万円の貯金が可能です。
このように、大きな金額がかかっている固定費をじっくり見直すことが、ストレスの少ない節約のコツです。

安いだけで選ぶと引越しビンボーへまっしぐら? 住居費の考え方

前項では家賃について挙げましたが、実は「安さ」だけで選んでしまうと後々後悔することも少なくありません。

過去に、私もとにかく安さ重視で物件をピックアップし、その中で1番おしゃれなアパートを契約したことがあります。
しかし実際に住んでみると、壁が薄く、友達と会話しているだけでも近隣から苦情が来るほどでした・・・。

この経験から、家賃の節約というのは単に金額だけではなく、部屋の条件を活用するということも大切だったと学びました。

例えば、洋服が好きなのに収納するスペースがなければ、いくら好きでも買うのを我慢する癖がついてきます。「節約する」という観点で言えば、一見良いことのように思えます。しかし服を買わなければストレスが貯まりおもしろくありませんし、反対に服をたくさん買うと同時に収納用品を買うお金もどんどん出ていきます。溜まったフラストレーションを他の方法で発散するようにもなってしまうかもしれません。

もし物件を検討する際、たっぷり収納できるかどうかをチェックしておけば、収納グッズの購入もいりませんよね。それに好きなことのためなら地味な節約も頑張れてしまうのではないでしょうか? 遠回りでも、結果、自分でも驚くような大きな貯金額になります。

自分に合った「家計のめやす(予算)」を計算してみよう

次にご紹介したいのが、自分に合った家計予算の計算方法です。
「頑張る」「節約意識」など、気持ち次第の家計管理だけではお金は貯まりません。おおまかに家計の内訳を計算してみることで、自分の家計サイズが見えてきます。

①「月収」から「貯金したい金額」を引く
②上の計算で余った金額にさらに、食費・日用品・水道光熱費・家賃・お小遣い・スマホやネット代・交際費・交通費・予備費を割り振る。(月収を超えないように、何にいくら使ってもいいのか予算を考えてみる)

以上です。とてもシンプルですね。

よく「家計の黄金比率」「家賃の理想は給料の〇%」などの目安も見かけますが、数々の家計の相談を受けてきて、人それぞれ家計予算の相場は異なることが分かりました。全ての家庭でかかる予算を一律で同じ計算式に当てはめることなどできないのです。

家計の予算を決めるポイントは、「何にいくら費用をかけるか」といったルールを決めることです。
最初は、「何にいくらかけたらいいか」を考えることは難しいかもしれませんが、このルールを決めることで、お金の使い道を把握できるようになり、結果として無駄遣いをしなくなり貯金につながります。

食費や日用品など、変動費がいくらかわからない家計項目がある場合は?
家計簿をつけていても、食費や交際費などの変動費は月によってバラバラなので、「いくら使う」と決めることができない、という方は実際に多くいらっしゃいます。

変動費はその名の通り月によって変わるため、自分ではコントロールしにくいものですが、そんなときに便利なのが、「平均値」を出すことです。

年間を通してかかった変動費の合計を12割って計算すると、毎月の変動費の平均値が出ますよね。
この数字を先ほどの計算式に当てはめ、「貯金できる金額がいくら残るのか」を考えてみましょう。

また、食費や日用品などの生活費は合計金額の計算が面倒と感じる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方におすすめなのは、財布に1万円入れて1週間過ごしてみること。1週間でだいたい1万円で足りるのか、足りないのかだけでもわかると、生活費は1万円×5週間で「5万円以下で大丈夫なのか」「5万円以上用意したほうがいいのか」という目安が分かります。ぐっと家計管理がしやすくなりますよ。

住まい選びでもメリハリのあるお金の使い方をしたい

家計の支出で大きな割合を占めている「家賃」。これまで説明した通り「固定費」なので、1度しっかり見直せば大きな節約効果が得られる可能性が高いです。

ただ、家賃の見直しのために部屋を調べていると、素敵な部屋がたくさんあって困ってしまいますよね。「あれもこれもあったらいいな」と自分の希望を積み重ねると、どんどん家賃が高くなってしまいます。

そこで上記でご紹介した「自分に合った家賃の計算方法」に加え、「ここだけは譲れないというポイント」を押さえて部屋探しをすれば、節約と自分の過ごしやすさのバランスのとれた部屋選びができるはず。

最安ではなくても、満たされた生活を送ることができるよう自分なりのこだわりの設備を選び取ることも重要です。

24時間ゴミ出し可能でスッキリと暮らしたい

意外と困るゴミを置く場所。
狭い空間でもすっきりシンプル節約ライフを送りたいなら、365日24時間ゴミを出せる賃貸がマスト。

収納がたくさんほしい

収納が充実しているから、いつでもすっきり。
気持ちよく日々の節約に専念できます。タンスから洋服がはみだしていたり、ソファが洋服置き場になったりといったことがないので、いつ誰が来ても安心です。

キッチン周辺の収納がほしい

メジャーな節約方法の一つである自炊。
料理に力を入れたい、という人は、キッチン収納が充実している部屋を選べばプライベートも節約も捗ること間違いなし。

音を気にせず暮らしたい

「赤ちゃんがいる」「楽器が弾きたいけど迷惑?」「帰宅が深夜になりがち」など、自分の発する音や周囲の住人の音が気になっているあなた。
生活の中でノイローゼになってしまい、節約どころではないとなると本末転倒です。そういった方には、防音がしっかりしているお部屋一択です。

家事の時短をしたい

節約を考えるとあまり良い習慣とは言えませんが、料理が苦手で自炊をほとんどしないという人は出来合いのものを買ってきがちですよね。ただし料理をしなくとも汚れてしまうのが食器です。食洗機備え付けの部屋を選べば、食事にかかるストレスが軽減され、他の部分で節約を頑張ろうという気になるのではないでしょうか。

好きなことを我慢する、自分を戒めるような節約方法は多いです。

しかし、私が節約を「楽しくない」と感じたのは、欲しいものを我慢し、価格を基準にものを買い、1円の家計簿の誤差でイライラし、自分の無駄や粗を探している日々が、求めている生活から遠かったことが原因です。
このまま続けていっても、自分らしく暮らせていけないと感じたからです。

節約貯金のためには、「金額」を意識することももちろん大切ですが、自分の好きなものを買うこと、自分の苦手なことを解消することが実は近道。

お金は自分の考え・そのときの感情・体調・ライフスタイル・人間関係すべてが密着しています。言い換えれば、あらゆることが貯金につながっています。今回の内容が、本来の自分でいられるお金の使い方のご参考になれば幸いです。

hana

hana節約貯金ブロガー

ブログ(ずぼら節約主婦.com)の管理人。2017年・2018年と著書を出版し、低収入・ボーナスなしの家庭でもできる節約貯金術について研究・発信している。

※このページの内容は、2019年7月18日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください

この暮らしの記事を共有しませんか?

  • はてなブックマーク

LIFULL HOME'Sは安心・安全のための取り組みを行っています

  • 信頼できる物件情報サイトNo.1を目指して

    このサイトは「不動産情報サイト事業者連絡協議会」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとして承認されています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    すべての情報を適切に取り扱うために

    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。