「目白駅」は、1885(明治18)年に開業。神田川が造った河岸段丘の上に開設されました。

このため、駅の周辺は坂道が多く、古くからの歴史を伝える坂、駅の開業後に新たに開拓された坂などが点在し、独特の地形と街並みをつくっています。駅周辺の坂をめぐりながら、街の歴史にふれてみましょう。

目白駅前のこの道路が目白通りの目白橋。道路の下を電車が走っており、線路に架かる跨線橋ということになる

目白駅の改札口を出た先は、目白通り。ここは、道路の下を山手線が通リ、鉄道をまたぐ橋になっています。この橋が目白橋。日本の交通史のなかでは、歩道橋や立体交差など川以外のものに架けられた橋としては、ごく初期のものとして特異的な存在です。

 

もともと街道があった高台を削って切通しを造り、切通しの谷底に鉄道を通したため、街道が鉄道によって分断されることになりました。このため線路をまたいで橋が設けられたのです。この地域の鉄道開業は1885年。ほぼ時を同じくして初代目白橋は完成しました。

 

駅前に保存されている旧目白橋の欄干

目白橋はその後、線路の複線化、電化・複々線化に伴って架け替えられてきました。現在の目白橋は、目白駅の改築工事に伴って2000(平成12)年に完成した4代目です。

 

その目白橋の歩道に、古びた高欄(こうらん:欄干のこと)が設置されています。これは1923(大正12)年に架けられた旧目白橋の高欄。モダンなデザインの近代化遺産・鉄道遺産ということで保存展示されているのです。

千登世橋。上が目白通り、下が明治通り。完成当時は道路をまたぐ橋が珍しいとされた

目白駅から目白通りを東へ進み、学習院大学を過ぎると千登世(ちとせ)橋があります。目白通りが明治通りを越える跨道橋で、完成は1932(昭和7)年。都内初の主要幹線道路同士の立体交差の橋で、当時はまだ少なかった「川以外のものを渡る橋」ということで話題になったと伝えられています。

 

ちなみに千登世橋の名称は、当時このあたりの地名が高田千登世町だったことからつけられたもの。千登世橋は、明治通りを走る車と都電荒川線が並んで見下ろせるため、ちょっとした名所となっています。

 

千登世橋を橋下から見上げると、いかにも昭和初期らしい武骨なリベット打ちの鉄骨がむき出しになっている

目白通りから橋のたもとにある階段を下って明治通りへ出ると、橋を間近で見ることができます。リベット打ちされた武骨な鉄骨が独特のアーチを描き、昭和初期の建造物であることを実感します。

のぞき坂。まさに壁が立ちはだかるよう

千登世橋から目白通りをさらに東へ進み、最初に出合った交差点をを右折すると、道がかなりの急坂で下っていきます。豊島区高田2丁目にある坂で、名称は「のぞき坂」。タクシーの運転手さんなどの間で、30年以上前から「東京で一番きつい坂」として知られていました。

 

「きつい」というのは感覚的な表現なので、実際の斜度はともかく、ドライバーの運転感覚として「きつい」ということなのでしょう。まだマニュアルシフト車が一般的だったころには坂の途中でエンストする車が目撃されましたし、筆者も原付バイクでは上れなかった経験があります。

 

豊島区の公式サイトにも「東京一急な坂ともいわれている」「自動車通行が可能な道路としては、最も傾斜が急な坂の一つ」と紹介されています。坂道は場所によって傾斜が違いますが、のぞき坂の最大斜度は約25%。10mの距離を進むのに2.5mの高さを上るということで、感覚としては眼前に壁が立ちはだかっている感じでしょうか。

 

坂の上から車が下る様子を見ると、走っていた車がいきなりふっと姿を消してそのまま落下していくような印象。その急坂ぶりはそれなりに知られているようで、2019(令和元)年夏に公開されたアニメ映画「天気の子」(新海誠監督)にも登場します。現在では聖地となっていて、映画と同じ構図で写真を撮ろうとカメラを構えるファンの姿を見かけます。

現在の目白不動堂がある金乗院と、門前の宿坂

目白駅の駅名の由来は目白不動ということですが、その目白不動があった新長谷寺は、1945(昭和20)年に空襲で焼失。その後、目白不動のみが金乗院という寺院に移されました。先ほど紹介した「のぞき坂」を下りきって東へ進むと、ほどなくこの金乗院に到着します。

 

金乗院に臨む、目白通りから下る坂道は「宿坂」。中世の鎌倉街道の名残であり、街道沿いには「宿坂の関」という関所があったと伝わります。

 

目白駅は神田川が造った河岸段丘の上に設けられました。前述の目白橋や千登世橋、のぞき坂などは、この河岸段丘の標高差が生んだものです。江戸時代、神田川周辺の低地は農村地帯で、河岸段丘上の台地には細川家や松平家、阿部家などの武家屋敷があったほかは、畑や雑木林などが広がっていました。

 

こうした緑豊かで眺望に恵まれた台地が、明治以降、華族の屋敷などになり、それが後に高級住宅地のイメージへとつながっていくのです。このように目白が屋敷町となっていったのには、やはり鉄道の存在が大きかったと思われます。鉄道の存在ゆえに都心から近いけれど、雑木林や畑が多く、緑豊かで広い面積の屋敷を建てられる、というのが当時の目白だったと思われます。

 

また、「目白」という当時の地元の人にも耳新しい駅名を採用したことで、もともとの地名「雑司が谷」の江戸時代以来続く片田舎といった印象を一掃。新しい屋敷町として開発が進み、目白といえば屋敷町・高級住宅地といったイメージができあがっていったのです。

学習院大学の正門

目白駅の開業は1885年。その後、周辺が開発されていきます。1908(明治41)年、学習院が四谷尾張町から移転してきました。当時の学習院は宮内省の所管で、皇族や華族の子弟を対象とした官立学校でした。

 

当時、学習院院長だったのが、五摂家(ごせっけ)筆頭の家柄で貴族院議長などを歴任していた近衛秀麿(このえひでまろ)。ちなみに五摂家とは近衛家、九条家、二条家、一条家、鷹司家をいい、天皇家に最も近いとされる血筋で、藤原鎌足(ふじわらのかまたり)以来1300年あまりにわたって続く、並々ならぬ家柄です。その近衛秀麿が線路を挟んで学習院の西側に土地を買い求め、屋敷としたのが同じころでした。

 

その後、この近衛邸の敷地は南側の一部が相馬子爵(そうまししゃく)に譲られ、さらに1922(大正11)年、東京都市開発(のちの国土計画)に売却されて住宅地となります。といっても同じ時期に売却されて「目白文化村」として芸術家や作家などが住んだあたり(現在の新宿区中落合付近)が坪10円前後であったのに対し、旧近衛邸跡は坪100円以上だったようで、100年前に宅地開発された段階ですでに高級住宅地であったことがわかります。

 

近衛邸跡にはその後、近衛秀麿の息子である文麿(ふみまろ)が1928(昭和3)年ころ再び屋敷を建てますが、文麿は1937(昭和12)年に荻窪の屋敷に住まいを移しています。近衛邸跡には当時をしのばせる建物はありませんが、かつて近衛邸の車寄せにあったというケヤキの巨木が遺されています。

日立目白クラブ。館内は通常は一般公開されていない

近衛邸跡のケヤキの巨木から少し南へ行くと、1928年、学習院高等部の学生寮として建てられた建物「日立目白クラブ」があります。建築当時流行していたスパニッシュスタイルの建物はアールデコの雰囲気を漂わす建物で、ホテル並みの調度です。

 

豪華なシャンデリアが印象的な日立目白クラブのダイニング(許可を得て筆者が撮影)

学生寮としては贅沢の極みですが、当時の学習院が皇族・華族学校であったことを考えれば納得できます。東京都の歴史的建造物に指定されています。

 

学生寮とは思えない階段周辺の造り。日立目白クラブ(許可を得て筆者が撮影)

1953(昭和28)年に日立製作所の所有となり、現在は会員専用の「日立目白クラブ」。通常は一般公開されていませんが、門の付近から建物外観を見ることはできます。

八ヶ岳高原へ移築されて八ヶ岳高原ヒュッテとして利用されている

近衛邸と目白通りをはさんで北側に1934(昭和9)年に建てられたのが、尾張徳川家19代当主である徳川義親(とくがわよしちか)侯爵の屋敷。中世イギリスに由来するチューダー様式の建物は当時の目白ではかなり目を引いたようです。この建物は1945年からしばらくの間、青山の校舎が全焼してしまった女子学習院(現・学習院女子大学)の校舎となり、さらに1968(昭和43)年からは、八ヶ岳高原へ移築されて「八ヶ岳高原ヒュッテ」として利用されています。

 

徳川ビレッジの入り口付近。一帯は私有地として立入禁止

現在、旧尾張徳川家の敷地のほとんどが「徳川ビレッジ」の住宅街となっています。徳川ビレッジは高級戸建賃貸住宅群。都心の戸建てとは思えない、軽井沢あたりの別荘地のようなゆったりした敷地に住宅が点在しています。ただし一帯は私有地として立入は禁止されています。

 

徳川黎明会の建物

ちなみに旧尾張徳川家の敷地の西端には、徳川黎明会の建物があります。徳川黎明会は尾張徳川家伝来の美術品や文献などを管理しており、名古屋の徳川美術館を運営しています。

都内唯一の昭和初期ロマネスク建築の目白聖公会・聖ジブリアン聖堂

旧尾張徳川邸とは直接関係はありませんが、1929(昭和4)年にはすぐ近くに目白聖公会・聖ジブリアン聖堂が建てられました。

 

目白聖公会聖堂内。アーチと梁の連続がトンネルヴォールト様式を思わせる構造体と、窓のステンドグラスが印象的

都内で希少な昭和初期のロマネスク建築で東京の聖公会の教会としては唯一の戦前からの建物。現在も目白の街並みで異彩を放っています。

公開日: / 更新日: