長く快適に住める住宅を探す

01-300x230
長く快適に住める住宅を探す

人生の中で大きな買い物の一つである住宅は、そう何度も買い替えられるものではありません。
ようやく手に入れたマイホームに何年、何十年も住み続ける中で、私たちは年齢を重ね、それに合わせて家族構成やライフスタイルも変化します。

情報収集を広く行い、さまざまな観点から慎重に物件を選んでいるという方でも、現在のライフスタイルの延長としてせいぜい数年後をイメージしながら購入決定していることが多いと思います。

しかし、その先に必ず訪れる老後に、思いもよらない変化が生まれる可能性があることは意外に見落としがちです。
そのため、住宅購入を検討する時から、老後も住みやすい環境とはどのような環境なのかを意識しておくことは大切だといえるでしょう。

老後も住みやすい周辺環境とは

02-300x210
老後も住みやすい周辺環境

老後も快適に住むことができる物件を探すうえで、周辺環境が老後にも適しているかという視点は重要です。
例えば、眺望が良く緑も多い高台の分譲地を購入したけれど、いざ老後を迎えると、何をするにしても坂道を下ったり上がったりと魅力と感じていたロケーションが逆に負担になってしまった、などという話をよく聞きます。

車を運転できる間は何も問題はなかったのに、体力や視力の衰えなどで運転できなくなった途端に非常に住みづらくなり、引越しを余儀なくされてしまう事態もありえます。

また同時に押さえておきたいポイントとして「買い物」と「通院」が挙げられます。

例えば、仕事をしている間は仕事帰りに買い物を済ますことができるため、特に不便を感じていなかったのに、退職をして自宅に居ることが多くなると、日々の生活動線が変わるために、不便を感じるということがあります。
居住地の近くに普段の生活に必要な生鮮食品や日用品の買い物ができる商業施設があるかどうか、そして大病院でなくても診療所や歯科医院等があるかどうかでも老後の住みやすさは全く違うものになります。

購入にあたって、現在の状況だけで判断をするのではなく、車に乗れなくなった時や長距離を歩くことが困難になった老後の生活をイメージし、自宅からの徒歩圏内で買い物を済ますことができるかどうかの利便性や、病院へのアクセスを意識するとよいでしょう。

老後は貸して自己年金を形成できる物件とは

これまでの話と変わりますが、多くの方が老後で最も心配していることは、やはりお金の問題です。年金がいつまでいくらもらえるかも不透明な時代となり、国に頼るのではなく、自分で何とか確保しなければと考える方々も多くなってきました。

この収入面での不安に対する保険という意味でも、マイホームが活用できるケースがあります。子育てをしていた頃は手狭に感じていた家も夫婦二人の老後の生活になると部屋を持て余しているという高齢の方々も少なくありません。
そこで、持て余している部分を貸す賃貸併用住宅に改装したり、所有物件を貸して自分達は家賃収入よりも安く小さな賃貸住宅へ引越しをして、賃貸収入を得るという動きもみられます。

そこで、どのような物件であれば、後々に住宅を貸して収入面の不安をカバーできるのかを見ていきましょう。

マンションの場合
マンションの場合は、部屋の一部を貸すということは現実的ではないため、自分達の引越しが前提となります。
賃貸に住むことも多い子育て初期世帯を対象として安定的に貸すことを考えると、交通の利便性は最も重視したいポイントです。
そして、子育て世代をターゲットにするならば、治安の良い地域のファミリー物件であることも重要です。

少子化の影響もあり、家族の人数が少なくなっていますので、結果的に家賃が高くなる坪数の大きな物件よりも、コンパクトにまとまった駅近の利便性が高い物件のほうが、借り手のニーズも高い傾向があります。
もう少し具体的に言うと、3LDKや4LDKなどたくさんの部屋があり坪数の大きな物件よりは、広めの1LDKまたは2LDKの方が、DINKSや夫婦+子供一人等、現代に多い家族形態のニーズに寄り添い、借り手が見つかりやすい場合もあることになります。

一戸建ての場合
標準的な2階建て住宅で考えれば、老後は1階に住み、2階を賃貸住宅にする賃貸併用住宅に改装することを前提にした物件選びをするとよいでしょう。
その地域の主要世帯の需要に合わせて、2階をワンルームの2部屋にしたり、1LDKの1部屋にする等が考えられます。
ただし、水回りや配線等、賃貸物件として成り立つ準備を貸したい部屋数だけ用意する必要があるため、その分マンションよりも手間とお金がかかります。
2階を賃貸住宅にするには、玄関アプローチをどのようにとるかも重要です。
例えば、2方向道路等、複数玄関アプローチができる物件であれば、改装がしやすくなります。また、賃貸住宅へは外階段でアプローチさせることが多くなるため、隣地境界は2m以上確保できる物件が望ましいです。

新築注文住宅で後々の賃貸併用住宅を検討するのであれば、設計の段階から上記の視点で考えておけば、改装する際にずいぶん容易となるでしょう。
例えば、給排水の配管だけを先に2階に回しておくと、改修コストも低減できますし、配管等も露出せず、見た目も綺麗に仕上がります。建築時に施工メーカーの方と将来の改築についても話し合うことをお勧めします。

長生きする時代だからこそ老後を見据えた選択を

03-300x200
老後を見据えた選択を

厚生労働省の平成24年の簡易生命表によると、日本人の平均寿命は男性が79.9歳 、女性が86.4歳と世界でもトップクラス。定年後の期間が20年近くと長い時代になりました。

住宅購入時から老後を見据えた選択をするのとしないのとでは、生活パターンが変化した際の利便性や経済的な負担の面から、大きな違いが出てきます。それは、長い老後を安心して過ごせるかどうかに直結するものです。

徒歩圏内に、買い物や通院など毎日の生活に困らない施設が揃っている、人に貸して家賃収入を得ることが検討できる、など老後の暮らしを下支えする柔軟性が、老後を見据えた住まい探しの基本になるでしょう。

関連記事

老後の暮らしはどっちがいい?「一戸建てVSマンション」50代の住み替え事情
快適な住まいづくりのために。ユニバーサルデザインやバリアフリーを考える
老後も快適に暮らすために、バリアフリーリフォームを考える
高齢者専用分譲マンションという老後の新しい選択
定年間近の50代。老後を見据えてあえて今買う理由とは【住宅ローン審査体験談】

(2014/04/14)