今回お話を聞いた人

樋口 緋佳里

IMG_45812

職業:住まいの窓口専属アドバイザー
資格:認定心理士
得意分野:電車の乗り換えや路線が得意です。
ひとこと:どのエリアが自分にあっているのか迷っているかたがいらっしゃったら、一緒に考えます!

家を購入することは賃貸とどう違う?

――「家を買う」ことは、賃貸とどう変わりますか?

樋口さん:家を賃貸で借りることとの違いとしては、まず家を所有しているため、自由度が高いということです。

賃貸の場合には、DIYや壁紙の張替え、エアコンの設置など大家さんの許可を得ないとできないことが結構ありますし、大家さんの都合で退去しなければいけない可能性が無いわけではありません。
ただ、所有していない分、住む街や部屋のサイズなど、状況に応じて変更できる柔軟さがあります。一方、所有していれば、家についての決定権は自分にありますが、簡単に住み替えたりできません。

また購入の場合には、ローンを組む際に団体信用生命保険に入られる方が多いため、万が一返済者に何か不慮の事態が起きてしまった場合でも、残った家族に住む家を残せるということも違いますね。

pixta_13703319_M1

マイホームを購入したい人の意見って?

――なるほど。家を購入したい方とそうでない方で意見が分かれそうですね。家を購入したいという方は、どういう理由が多いですか?

樋口さん:相談に来られる方で一番多い声としては「家賃がもったいない」ということですね。

他にも「自分の資産がほしい」という方や「同じ支払でも買った方が賃貸物件より広く設備の整った家に住めるから」という方もいらっしゃいます。

ちなみに、私自身もいま家が欲しいと思っているのですが、理由は「間取り」です。自分が住みたいエリアで、支払い可能な賃貸物件だと、住みたい間取りの部屋がないんです。
でも購入するつもりでその条件で探すと見つかるんですよね。自分の理想の暮らし方を考えると、実現できるのは賃貸ではなく、購入なのかもしれないと思っていることが私の場合の理由です。

pixta_17453340_S

マイホームの購入を踏みとどまる人の意見は?

――一方で家を買いたくないという方の意見はどのようなものなのでしょうか。

樋口さん:購入の場合、賃貸に比べてリスクが大きいということがあるのではないでしょうか。住宅ローンを組むのも長期なので、ローンの支払いができなくなる可能性が無いとは言い切れないですよね。

その他にも

・初期費用がかかる
・生活の変化に合わせた住み替えをしづらい

などを気にされる方もいるでしょう。

また、さまざまなライフスタイルの方がいるので、家の購入に対してのメリットを感じていなかったり、そもそも買えると思っていないという方もいると思います。

sikinkeikaku_myhome

実際にあったケースでは…

――買える状況なのに、そもそも買えると思っていないということですか?

樋口さん:そうです。実際にあったご相談ですが、家の購入に乗り気でなかったご主人と、家がほしい奥様で最終的に家をご購入されたケースがあります。

ご主人が家の購入に乗り気でないとのことで、奥様がひとりでご相談に来られました。
その時は「現在お支払いの家賃と同じか、それ以下の支払いで家が買えるとしたらどうか」ということをご主人に提案してもらい、実際にそのような物件を見に行ってもらいました。
見に行くだけならという事で実際に見学されると、購入に対して前向きになられたようです。

おそらく、漠然と高くて手が届かない、あるいは購入してしまうと生活が大変になるというイメージをお持ちの方にとっては、思っていたよりも軽い負担で、よさそうな家を購入することができると分かると、現実味が出てきて購入を前向きに考えられるのではないかと思います。

pixta_23512926_S

――たしかに、イメージしてみた生活が良さそうで、費用負担がそこまで重くなければ購入したくなりそうですね。

樋口さん:そうですね。家の購入を躊躇されている方は、家を買うことの納得できる理由が具体的にほしいと思っている方も多いと思います。

ですので、不安をなくすためにも、賃貸と購入、それぞれのメリットやデメリット、リスクなどについて、しっかり検討したうえで考えることをおすすめします。そのうえで、なぜ購入したいのかについてしっかり考え、パートナーに伝えてみてはいかがでしょうか。

pixta_24698053_S

購入に前向きでないパートナーとの話し合い方

――「パートナーが住宅購入に後ろ向き」というようなことでお困りの方へ、具体的なアドバイスがあればお願いいたします!

樋口さん:分かりやすく納得感があるのは、やはりお金の話ではないかと思います。

具体的に、購入と賃貸での支払額のシミュレーションをして、経済的なメリットを伝えられるようであればしてみてください。

もっと具体的には「現在の支払額と同じような支払いで購入できる家を一緒に見学してみる」のがおすすめです!

表紙

他にも

・団体信用生命保険のメリットを伝える
・払えば自分の資産になる点を伝える
・ペットが買いたい、DIYがしたいなど、購入しないと実現しずらい趣味について話してみる
・老後の安心がほしいという事を伝える
・パートナーがどんな家に住みたいかを一緒に考えて、購入で実現できる可能性を考える
・自分がどうして買いたいと思っているのかをパートナーにアピールしてみる

などが考えられます。
ただ工夫次第では賃貸でも実現できることもあるので、ご自身でなぜ賃貸ではだめなのかを考えてみてもいいかもしれません。
第三者に間に入ってほしい場合、どう進めたいいか悩んだ場合など、何かお力になれることがあればいつでもお気軽にご相談ください。

住まいの窓口で相談する
※樋口にご相談したい場合、ご予約時にお申し付けください。
※店舗は現在、一都三県にございます。お近くに店舗がない方はお電話での相談も可能です。【0120-975-534】


関連記事
夫婦で理想のマイホームが違う?異なる意見を合わせるにはどうしたらいいの?