第1位:好きなものを見つけて熱中する

好きなことにとことん熱中しよう
好きなことにとことん熱中しよう

1番多かった回答が「何かに熱中する」「打ち込むものを見つける」でした。

「大学生は本当に暇な人が多いから趣味でもみつけないと人間として堕落しやすい」という意見もありました。

筆者のまわりにはさまざまな学生がいます。もちろん、サークルでテニスやサッカーに打ち込む人もいますが、バイトに明けくれたり、生命科学研究に打ち込んだり、アイドルを追いかけたり、学生起業に挑戦したり、仮想通貨の運用を始めたりと、それはもうじつに多種多様です。

サークルに入る人も多いのですが、サークル加入が正解なわけではないみたいです。好きな物事の形は人それぞれ。せっかく自由時間が多い大学生活を過ごすのです。あとから振り返って「何も得られなかったな」で終わらないよう、何かひとつでも打ち込めるものを探していきたいですね。

第2位:友達をつくる

大学生活で過ごした仲間・友達を大切に
大学生活で過ごした仲間・友達を大切に

次に多かった回答が「友達をつくる」です。

なんでも話せる友達や心落ち着く居場所をもつことで、大学に行くことが楽しくなるのは間違いないですね。特に、親友たちと行く旅行は最高の思い出になるはず!

ちなみに大学で友達ができたきっかけベスト3はサークル、クラス、授業でした。特に「サークルで友達ができた」との回答が最多でした。

“大学の友達は一生の友達”というように、この時期の人間関係は大学生活だけではなく、これからの人生でもカギになってきます。自分から積極的に友達を作っていくと大学生活が何十倍も楽しくなるかもしれませんね。

第3位:大学生の特権を有効活用する

学割など有効活用して様々な体験を
学割など有効活用して様々な体験を

最後は、よく聞くけどなかなか実行できないこと。それは「大学生としての特権を利用する」でした。

例えば「〇〇美術館 入場無料」「学割」「学生限定」など、大学生にしかできないこと。

そのほかにも「〇〇教授の研究室訪問」や「〇〇社長に会う」なんてことも、大人になれば金銭的な謝礼を支払わなければならないことです。

このような大学生ならではの特権を有効活用していくと、充実度が上がり、大学生活も楽しくなりそうですよね!

自ら行動して大学生活を充実させよう!

大学生活を楽しくするためにやっておきたいことは、好きなことに熱中することや友達をつくること、大学生の特権を活用することです。人生で1度きりの大学生活を充実したものにしていってくださいね!
一人暮らしにぴったりな物件を探す
学校別一人暮らし向け賃貸を探す