昨年夏に男子の3割が着用していたともいわれるボーダー

東大生といえばボーダー?!
東大生といえばボーダー?!

東大生といえばチェックシャツにジーパンみたいなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか? 実際にこれらを“イカ東(いかにも東大生の)ファッション”として揶揄していた時代もありました。

しかし最近ではその流行も廃れ、なんとチェックシャツより写真のようなボーダー地のTシャツが主流に。昨年夏には、食堂にいる男子の約3割がボーダーだったこともありました。周囲の東大生の間では一時期「ボーダーこそ”新イカ東ファッション”なのでは?」と話題になりました。

冬は襟付きシャツにセーターが主流

冬は襟付きシャツとセーター!
冬は襟付きシャツとセーター!

昨年の冬は、襟付きシャツとセーターのコーディネートが流行りました。襟付きは、ちょっとインテリそう(に見えるだけ?)ですし、少しカジュアルに見えて女子ウケがよさそうという理由から着ている男子も多かった気がします。

最盛期は、授業に行ったら大体4分の1くらいの学生がこのコーディネートでしたね。冬の“新イカ東ファッション”になったのではないでしょうか。

東大最新トレンドファッションの決め手は切り替えデザイン?

パネル切り替え柄はオシャレ
パネル切り替え柄はオシャレ

筆者はこのデザインの服を何とよんだらいいのか、いまだによくわかりません。巷では“パネル切り替えシャツ”などと呼ばれているようです。

東大男子に2018年夏現在最も着られているデザインはこちらでしょう。大人気です。男子5分の1くらいはこれを着ている日もあります。デザインがボーダーや襟付きシャツみたいに単調ではないところが男子にウケたのではないでしょうか。

東大生は無難なファッションを選びがちな面も

筆者の周りの東大生は周囲の流行に合わせた“無難なファッション”を選択しやすい人が多いです。時期によってボーダーが大量発生することもあります。

もしよければ、あなたの大学の流行りのファッションも聞かせてくださいね。
一人暮らしにぴったりな物件を探す
学校別一人暮らし向け賃貸を探す