最新の治水施設は、地下にあった!

都心のベッドタウンとして発展した春日部市周辺は、利根川・江戸川・荒川に囲まれた水の貯まりやすい皿のような地形。昔から住宅街の浸水被害に悩まされてきました。

2002年から部分的に稼働し、2006年に完成した「首都圏外郭放水路」は、このエリアを洪水被害から守るためにつくられました。
この施設の仕組みをシンプルに言うと、大雨等で川が一定の水位を超えると、街に溢れる代わりに第1~第5まである地下に掘られた大きな穴に川の水が入り、それぞれの穴を繋いだトンネルを通って、一番大きな穴に水が集められ、江戸川に安全に流される仕組みです。

第5立坑から第1立坑まで地下トンネルを通って洪水が流れ、第1立坑に貯まった水を排水機場を通して江戸川へ排水します
第5立坑から第1立坑まで地下トンネルを通って洪水が流れ、第1立坑に貯まった水を排水機場を通して江戸川へ排水します

どこを見てもすごい景色! 地下の異空間見学

首都圏外郭放水路見学会の申込みは、日によっては予約開始から5分で埋まってしまうほどの人気。今回は、川から溢れた洪水が江戸川に放流されるまでの流れに沿って、取材だから入れた場所を含めてレポートします。

地下に掘られた穴は「立坑(たてこう)」と呼ばれ、第5~第1まであります。第5立坑は大落古利根川・第4は幸松川・第3は倉松川と中川・第2は第18号水路と呼ばれる複数の河川から、それぞれ一定水位を超えた水が貯められます。第5~2立坑の水は、地下トンネルを通って第1立坑に貯められ、「調圧水槽」に流れます。

第5~1立坑を結ぶトンネルは全長6.3キロメートルもあり、国道16号線の真下、地下50メートルを通っています。第1立坑が一番低くなるように勾配がついていて、それぞれの河川から流れた水は、自然に第1立坑に流れるようになっています。

第5~2立坑の水が流れてくる第1立坑。その大きさは、ニューヨークの自由の女神がすっぽり入るという巨大なもの(上からの見学は不可)
第5~2立坑の水が流れてくる第1立坑。その大きさは、ニューヨークの自由の女神がすっぽり入るという巨大なもの(上からの見学は不可)
正面の長方形の穴が、第1立坑から「調圧水槽」へ水が流れる通り道(上からの見学は不可)
正面の長方形の穴が、第1立坑から「調圧水槽」へ水が流れる通り道(上からの見学は不可)

地下で繰り広げられる、水との戦い

各河川から溢れず第5~2立坑に流れ込んだ水は、第1立坑に貯められ、第1立坑から調圧水槽へ流れます。
「地下神殿」と呼ばれるのは、この調圧水槽の部分。たしかに調圧水槽内に入ると、今までに見たことのない異空間が広がっていて、あまりの非日常感に厳かな気持ちになります。地下22メートルの位置にある巨大コンクリート施設に立つ機会はあまり無いもの。見学会が人気なのも納得です。

「地下神殿」と呼ばれる首都圏外郭放水路の調圧水槽。ここで、第1立坑から流れてきた洪水の勢いを緩めます
「地下神殿」と呼ばれる首都圏外郭放水路の調圧水槽。ここで、第1立坑から流れてきた洪水の勢いを緩めます

調圧水槽の役割は、流れてきた水の勢いを弱めて、江戸川にスムーズに水を流すこと。長さ177メートル・幅78メートル・高さ18メートルの巨大水槽で、水の浮力で水槽が持ち上がらないように、1本500トンの柱が59本立っています。すべてが想像を超えるスケール、まさに圧巻の建造物でした。

正面から見ると円柱形に見えますが、実は楕円形。1本500トンの重さで水槽を支える役割を持ちつつ、水の流れに大きく逆らわないように考えられたかたちです
正面から見ると円柱形に見えますが、実は楕円形。1本500トンの重さで水槽を支える役割を持ちつつ、水の流れに大きく逆らわないように考えられたかたちです
調圧水槽から見た、第1立坑。ここから水が流れてくると思うと、かなり怖い!
調圧水槽から見た、第1立坑。ここから水が流れてくると思うと、かなり怖い!
調圧水槽の上部にある点検用の通路。機械的に続くコンクリート建造物が、たまらなくかっこいい(見学時は撮影不可)
調圧水槽の上部にある点検用の通路。機械的に続くコンクリート建造物が、たまらなくかっこいい(見学時は撮影不可)

調圧水槽の地上は、なんとサッカー場。
地下で起きている水との戦いとは似つかない、のんびりした空気が漂っています。

早朝は、近所のおばあちゃん・おじいちゃんがゲートボールをしているとか
早朝は、近所のおばあちゃん・おじいちゃんがゲートボールをしているとか

江戸川へ排水するために、航空機のエンジンで水に流れをつくる

調圧水槽は江戸川よりも約14メートル下の部分にあるため、汲み上げる必要があります。さらに、汲み上げた水を江戸川へ排水する揚力と遠心力が必要です。そこで、調圧水槽の水を汲み上げて、江戸川へ押し出す流れをつくるために、水は排水機場に入ります。

排水機場には排水ポンプが4つあり、1つのポンプの排水量は毎秒50m3。4つのポンプの合計200m3は、おおよそ25メートルプール1杯分なので、1秒間にプール1杯分が江戸川に排出される能力があるということ。
そんなに江戸川に流して大丈夫なの? と思いますが、排水する水量は、操作室で管理されています。さらに、大雨で江戸川に流せない場合は放水路全体に水を貯めておくことも可能で、総貯水容量は約67万m3(およそサンシャインビル1杯分)です。

4機のポンプで汲み上げられて流れのついた水は、排水樋管という施設を通って、江戸川へ排水されます。

排水機場にある4つのポンプ。このポンプをつかって、洪水を江戸川へ排水します
排水機場にある4つのポンプ。このポンプをつかって、洪水を江戸川へ排水します
ポンプの動力は航空機のエンジンを転用したもの。飛行機用にコンパクトになっているため、排水機場を大きくしなくてすむんだそうです。(機械室には一般には入れません)
ポンプの動力は航空機のエンジンを転用したもの。飛行機用にコンパクトになっているため、排水機場を大きくしなくてすむんだそうです。(機械室には一般には入れません)

これからも続く、水との戦い

首都圏外郭放水路に実際に水が入るのは、近年4年間の平均で年間約8回。1980年代と比べると、首都圏外郭放水路のできた2000年代は水害被害が約10分の1まで減りました。これは、首都圏外郭放水路だけでなく、堤防を高くする・護岸の補強をする・上流にダムをつくる・遊水地を増やすなど、総合的な治水事業によるものです。

「地下神殿」のイメージが強い首都圏外郭放水路ですが、その仕組みと使われている最新技術を知ると、徳川家康時代から続いている治水はここまで進んでいるのかと驚きます。川ごとに穴を掘って、地下50メートルのトンネルで繋いで広い川まで流そうだなんて…! 首都圏外郭放水路は、まさに「縁の下の力持ち」でした。

首都圏外郭放水路の操作室。ここで立坑や調圧水槽、排水機場を監視・操作しています。(見学では入室できません)
首都圏外郭放水路の操作室。ここで立坑や調圧水槽、排水機場を監視・操作しています。(見学では入室できません)

日本全国を縦横無尽に走る川は、私たちに水辺のある豊かな暮らしをもたらしてくれる一方で、天候次第で脅威にもなります。
まずは、各家庭でハザードマップを確認し、水害に備えることからはじめましょう。

【国土交通省 首都圏外郭放水路】
埼玉県春日部市上金崎720
東武野田線(東武アーバンパークライン)南桜井駅北口から徒歩約40分(約3km)
見学会:月~金曜日(※月曜日は団体のみ)10時~/13時~/15時~、土曜日は月に1度・不定期で開催

【関連記事】

防災グッズの見直しと防災対策。地震、火事、津波…「もしも」に備えよう!
マンションで水漏れが発生したとき、原因と対策は?
茅葺屋根、日本瓦、セメント瓦、スレート瓦、金属系・・・。日本の屋根事情とは?
雨から建物を守る「雨樋(あまどい)」の重要性とメンテナンス方法とは?
賃貸は火災保険で十分?地震保険を付けるべきかどうかを考える
 

話を聞いたのは、国土交通省関東地方整備局 首都圏外郭放水路管理支所の矢部隆幸さん
話を聞いたのは、国土交通省関東地方整備局 首都圏外郭放水路管理支所の矢部隆幸さん

公開日: