一人暮らしをするためにかかっている費用

pixta_28472286_S
仕送りなしで一人暮らしをする人もいる

―一人暮らしを始めるきっかけはなんでしたか?

ソウタ「どうしても行きたい大学が通えない距離だったので、一人暮らしにふみきりました。その際に親から突き付けられた条件は“全ての生活費を自分で捻出すること”です。僕は今日まで1年以上も一人暮らしを続けています」

―なるほど。ソウタくんの話だと仕送りや奨学金なしでも一人暮らしは可能なようですね。では実際月にどのくらいの生活費がかかっているか教えてください。

ソウタ「1ヶ月にかかるお金は約12,3万円です。内訳は家賃と光熱費の7万円、食費4万円弱、衣服と交通費の2万円です」

割のいいバイトをかけもち

飲食店イメージ
居酒屋バイトのまかないは夕飯代わりに

―1ヶ月12,3万円で生活できるとはいっても、大学生が月12万円も稼ぐのは簡単ではありませんよね。

ソウタ「そうですね。月10万円以上を学生が稼ぐためには、塾講師や深夜バイトなど時給が高めのところで働くことが必要となるのではないでしょうか。
僕の例でいうと、夕食代の節約のために夜は居酒屋のバイトを入れています。その他には塾の講師として2社かけもちしていて、週4日勤務で月額20万円弱の安定収入を得ています」

サークル活動費と学費は長期休みで補填

pixta_28659359_S
学費は特に大きい

―努力されているんですね。バイトでしっかりお金を稼いでいるなら、生活は安心ですね。

ソウタ「いえ、これだけで安心はできません。僕の場合は大学生の自分ではどうにもならないような2つの高額出費がありました。それは“授業料”と“サークルの合宿”です。授業料は学校にもよると思いますが、僕の通う某国公立大学では授業料が年間で50万円以上かかりましたね。サークルの合宿は一回3,4万円以上でした」

―それらはどうやって支払っていますか?

ソウタ「今まで貯めてきたお年玉や入学祝いなどのお金を貯金しているので切り崩して支払っています。ただ、それだけでは心配なので夏休みや春休みなどの長期休みを活用してイベントスタッフなどのバイトをたくさん入れて、貯めておくようにしています」

―いざというときのために貯金をしているのですね。参考になりました。ありがとうございました。

まとめ

大学生が親の援助なく東京で一人暮らしできるかどうかについて、ソウタさんの実体験をもとに紹介しました。都会での一人暮らしはとても大変ですが、やりくり上手にもなるやりがいのあるものではないでしょうか。

【ソウタさんの例】
・月の支出は12,3万円ほど。割のいいバイトをかけもちすれば生活できる
・まかない付きの居酒屋で働き、食費を抑えている
・“授業料”や“サークル合宿代”など高額の出費も考慮し貯金をしている
・長期休暇にはバイトを沢山入れ、バイト代を貯金している

一人暮らしにぴったりな物件を探す
学校別一人暮らし向け賃貸を探す

(2018/05/10)