座談会メンバーは、この4名!

■ まい(19)T女子大学1年
■ きらこ(21)F女学大学3年
■ ななか(21)駒澤大学3年
■ ゆうき(21)S女子大学3年
■ みお(20)東京女子大学2年

ヘアスタイルを変えたのが、大学デビューのきっかけ

IMG_7516
座談会の様子(拡大

ななか
「やっぱりおしゃれな美容院かな〜! 原宿の美容院に憧れがあって、上京して“SHIMA”とか有名な美容院に通えるのが嬉しかった〜。ブリーチしてカラー入れたり、懐かしい〜!」

きらこ
「高校生の頃はキャピキャピしてて、どちらかというとギャルな感じだった。大学生になって落ち着いたな」

まい
「私もヘアかな〜。毎回美容院を変えるタイプで、こんなに世の中に美容院があるんだから、もっといいところがあるんじゃないかなって1つに絞れなくて、いまだに美容院迷子〜」

大学デビューで一番よかったのはサークルに入ったこと!

th_写真 2015-04-26 22 34 17
ピンクなインスタ写真(拡大

みお
「私は、やっぱり“L'Allure”に入ったことかな! 友達には“カフェ行きすぎ! インスタピンクすぎ!”って言われる〜(笑)」

ゆうき
「それ、“L'Allure”あるある! サークルに入ると、オシャレなカフェ情報がたくさん知れるし、新作とか新しいお店とかメンバーのインスタ見て知ることもあるよね。みんな必ず食べる前に写真を撮るから“食べる前に待たせちゃってごめん!”みたいに気を使うこともないし、同じケーキでも色んな角度からのフォトジェニックな写真が集まるのも楽しい!」

おしゃれなバイトも大学デビューのひとつ

pixta_38906470_S
カフェバイト

ななか
「高校生の頃は校則でバイトを禁止されていた子もいるから、そもそもバイト自体が”大学デビュー”かも。私は都会のオシャレなインスタ映えするカフェでバイトすることに憧れていたから、すぐに始めちゃった」

まい
「それ、上京組は特に共感。東京や大阪のような大都市でしか募集をみつけにくい珍しいバイトもあるしね。ヘアモデルとかブランドショップ店員、イベントスタッフなんかがそうかも」

pixta_33541901_S
コンビニバイト

きらこ
「私の先輩は、『せっかく上京したんだから地元ではできないバイトがいい!』って意気込んで、列車の社内販売を始めたんだけど、乗り物酔いしやすい体質だったみたいで泣く泣く辞めてファーストフードのバイトに変えてた(笑)」

ゆうき
「かっこいいバイトで大学デビュー!って思っても、結局大学生活に慣れてくるとなじみのあるバイトに落ち着く人もちらほら見かけるよね…」

みお
「確かに。人によるけど、私の場合はコンビニやファミレスのような身近なお店の方が気楽で、勉強との両立もしやすいんだよね」

きらこ
「一人暮らしなら家族に迷惑かける心配がないから、自由にシフトも決められるしね。社会人になる前の今だからこそできる経験。だからバイトと勉強を両立してどんどん楽しむべきかなって私は思う」

まとめ

大学デビューのきっかけは人それぞれですが、サークルに入ったりヘアスタイルを変えたりすることが第一歩といえるようです。せっかく大学デビューを飾りたいのであれば、キラキラ楽しい女子大生ライフにしたいもの! よければ『L'Allure』にも遊びに来てくださいね。
一人暮らしにぴったりな物件を探す
学校別一人暮らし向け賃貸を探す

(2018/03/26)