赤ちゃんとの暮らしに和室は必要? 現役ママが語ります!

「赤ちゃんとの暮らしには和室があった方がいい」
皆さんはそのような話を聞いたことがありませんか?

結婚や出産を機に家探しをする場合、アクセス重視の立地だけでなく、子育てしやすい間取りや空間を意識する人も多いのではないでしょうか。

その場合「和室のある家を選ぶべきか、なくても良いのか」とても悩むポイントだと思います。
今回は実際に和室のある家で子育てをした筆者が感じる「和室のメリット・デメリット」とデメリットを解消してくれるおすすめのアイテムをご紹介します。

和室のある家を選ぶメリット

実際に筆者が和室のある家で子育てをしてみて感じるメリットは以下の通りです。

・床が冷たくない
・キッズスペースにしやすい
・産後すぐの寝室スペースに適している

冬場も床が冷たくないので安心

0歳児は寝返りでどこまでも行ってしまうゴロゴロ期から始まり、ずり這いやハイハイなど、赤ちゃんが床と接する場面というのは意外と多いです。
そんなとき、和室であれば床が冷たくなることもないので、安心して遊ばせることができました。
またクッション性があるので、赤ちゃんの手足に優しいところもポイントです。
どうしても冬場のフローリングは冷えやすく、「カーペットの上だけ」など赤ちゃんの動く範囲に制限をかけてしまいがち。
しかし和室であれば制限することもなく、こどものしたいように成長を見守ることができた点も親としてはうれしかったです。
赤ちゃん期は足の裏で体温調節をするため、冬場も家の中では靴下をはかないことがほとんど。
歩き始めても靴下をはくと滑りやすく、家の中ではほとんどはだしで過ごすため、和室は赤ちゃん期を過ぎても活躍しています。

キッズスペースにしやすい

赤ちゃん期が終わった今、和室はキッズスペースに。
畳は防音性に優れているので、やはり同じように走り回ってもフローリングと音の響きが全然違います。
ここには絵本やブロックなど、子どもが好きなおもちゃを置いているので、基本的には和室で遊ぶことが定番に。
多少騒いでも、近隣への騒音を気にするストレスがないことや子どもを怒る回数が減ることは、育児をするうえで大きなメリットだなと感じています。

産後すぐの寝室スペースにぴったり

和室を選ぶメリットは何といっても床が柔らかいこと。
わが家はスペースを取られてしまうこと、嫌がって使わなかったときのことを考え、ベビーベッドではなくベビー布団を購入しました。
また産後すぐは頻繁に授乳やオムツ交換が必要で、深夜に何度も私と赤ちゃんは目を覚ますため、毎日仕事へ行く夫とは寝室を分けていたのです。
しばらく私と赤ちゃんは一番キッチンへの動線が良いリビングに布団を敷いて寝ていたのですが、産後の疲れも合間って肩と腰がバキバキに。
いくら敷布団があるとはいえ、やはりフローリングに布団を敷いて寝るのは体がつらく、すぐに和室へと移動しました。
生後3ヵ月ごろまで和室で寝る生活が続いたのですが、この時ばかりは和室のありがたさを強く感じました。
赤ちゃんの昼寝だけならともかく、夜に何時間も大人が寝ることを考えるとやはり和室のある家にしてよかったです。

間取り

和室のある物件

中板橋駅徒歩10分 9.0万円 2K

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
間取り

和室のある物件

西新井駅徒歩11分 7.0万円 2DK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
間取り

和室のある物件

亀有駅徒歩8分 7.0万円 1DK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
間取り

和室のある物件

篠崎駅徒歩3分 8.0万円 2DK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
間取り

和室のある物件

茗荷谷駅徒歩6分 10.5万円 2LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了

和室のデメリットは汚れたときの処理

ここまで私の感じる和室のメリットを述べてきましたが、デメリットに感じている部分もあります。
それは「汚れ」への対処。
赤ちゃんと暮らすとなると、大人だけでの生活では考えられなかったような想像以上の汚れが頻繁に発生します。

<汚れが発生しやすい例>
・オムツ交換
・よだれ
・吐き戻し
・いたずら

これらは毎日、しかも唐突に発生するのが恐ろしいところ。
オムツ交換1つにしても、産後すぐのうんちはゆるく、きっとどの親も1度は飛ばされた経験があるはず。
特に男の子はおしっこを頻繁に飛ばされるため、それを防ぐために苦労したお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。
またわが家の場合、吐き戻しが生後7ヵ月まで続いていたり、保湿クリームを倒されてベタベタになったりと、ギョッとする出来事が頻繁に起こっていました。
フローリングであれば拭けば済むことも、畳となればそういうわけにもいかないため、汚れに対して気を使う部分が多いことはデメリットと言えるでしょう。

フローリングのみの家を選ぶメリット

一方で「気に入った物件に和室がない」「フローリングのみの今の自宅をカスタマイズしたい」という方もいらっしゃるでしょう。
ここまで和室のメリットを述べてきましたが、和室のない家は赤ちゃんとの暮らしに適していないのか、というとそうとも言い切れません。
例えば夫婦の寝室にベビーベッドを置く場合、床が硬くて眠れないという問題は発生しませんよね。
逆にベビーベッドのような重たいものを和室に置くと、畳に跡がついてしまいます。
よって和室がない分、フローリングスペースを有効活用できるという考え方も正解ではないでしょうか。

床の防音性や保温性など和室ならではの魅力もたくさんありますが、「クッションフロアシート」などを活用すれば、同じようなメリットを手に入れることはできます。
もし「気に入った物件に和室がない」「フローリングのみの今の自宅をカスタマイズしたい」という場合は、カスタマイズアイテムを使いながら赤ちゃんとの快適な暮らしを作ってみてはいかがでしょうか。

結論!リビングと隣接している和室がベスト

もしこれから和室のある家探しをするのであれば「リビングと隣接している和室」であることをおすすめします。
なぜなら多くの時間を過ごすリビングとひと続きで使うことによって活用スペースが広くなり、家事動線も短縮することができるから。
子どもが小さいうちは、お昼寝中やおもちゃで遊んでいる間に家事を済ませることも多いです。
しかし、せっかく和室をキッズスペースとして設けても、キッチンやリビングから目の届かない位置にあると心配で放っておけないですよね。
その点、メインスペースであるリビングと隣接していると、子どもに目を配りながら家事ができるため、安心感が違います。
また家事動線が短縮されることで無駄な動きが減り、毎日の生活をスムーズにしてくれるところもポイントです。

ちなみに和室が独立している場合、客間として使うのであれば「リビングが見えない」というメリットがあります。
しかし、今まさに子育てをしている30代の私たち夫婦は、和室を客間として利用することはありません。
なぜなら友人が来てもリビングで話しますし、頻繁に誰かが泊まりに来ることもないからです。
ひと昔前は「和室は特別なときに使う場所」という位置付けでしたが、今は「リビングと隣接し、和室を有効活用する」という考え方が主流になっています。
もし和室のある住まいを探すのであれば、ぜひ配置にも注意してチェックしてみてください。

間取り

和室とリビングが隣り合っている物件

保谷駅徒歩10分 8.3万円 2DK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
間取り

和室とリビングが隣り合っている物件

綾瀬駅徒歩7分 8.9万円 2DK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
間取り

和室とリビングが隣り合っている物件

練馬高野台駅徒歩9分 7.9万円 2DK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
間取り

和室とリビングが隣り合っている物件

新柴又駅徒歩1分 9.6万円 2LDK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了
間取り

和室とリビングが隣り合っている物件

京成高砂駅徒歩6分 9.7万円 2DK

もっと詳しくみる
募集中 募集
終了

【まとめ】和室のメリットを子育てに取り入れよう

実際に和室のある自宅で子育てをしてみると、思った以上にメリットと感じる部分が多くありました。
特に防音性と保温性は赤ちゃん期のみならず、こどもが3歳になった今も役に立っている部分が大きいです。
一方で、そのメリットさえしっかりと把握していれば、洋室のみの住まいでも和室のメリットを取り入れられるため、必須条件ではないことも新たな発見でした。
これから赤ちゃんを迎えるにあたり、不安要素や戸惑うことも多いかと思いますが、住まいの環境次第で解決することもたくさんあります。
成長に合わせてその都度話し合い、家族にとってよりベストな選択をしていきましょう。

よっぴ

よっぴゆとりとコスパが大好きなママブロガー

夫と息子の3人暮らし。
在宅ワークとブログを始め、専業主婦から個人事業主に。現在は週2日企業のWEB担当+週3日フリーランスとして活動。
ライター業のほか、専業主婦の就労支援やブログ講師もおこなっている。子育てブログは月間30万PVを達成。

※このページの内容は、2019年3月22日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください