注文住宅の魅力は、自分や家族の理想を反映させながら、思いどおりの間取りを実現できるところにあります。

今回は、間取りのなかでも室外のスペースに目を向け、2階にテラスを設置する際のメリットや意識すべきポイントを解説していきます。

また、2階にテラスを設けた住宅の具体的な事例も見ていきましょう。

テラス

 

テラスの魅力について見ていく前に、まずはテラスがどのようなスペースにあたるのか、具体的な定義を確認しておきましょう。

 

テラスには本来、「大地、高台、棚状の場所」といった意味があります。

 

住宅のテラスは、建物の外部で「地盤面より高いところに設置されたスペース」を意味しており、通常は一戸建てやマンションの「1階部分」に設けられるものを指します。

 

掃き出し窓や扉などを通じ、室内と庭をつなげてつくられるケースが多く、庭の延長として使われるのが一般的です。

 

なお、玄関側に設けられた場合は「ポーチ」と呼ばれ、厳密にはテラスと区別されています。

 

テラスの材質はさまざまであり、コンクリートや自然木、ウッド調の人工木(樹脂)、レンガ、タイル張り、石張りなどの豊富なバリエーションがあります。

テラス

 

住居の室外スペースには、テラスのほかにも「バルコニー」「ベランダ」「デッキ」といったものがあります。ここでは、それぞれが示す具体的な意味について見てみましょう。

 

バルコニーは室外スペースのなかでも、2階以上に設けられた屋根のない部分を指します。

 

バルコニーには下の階の天井部分を利用した「ルーフバルコニー」や、エアコンの室外機などを設置するために設けられた「サービスバルコニー」など、さまざまな種類があるのが特徴です。

 

ルーフバルコニーは「屋上」として扱われることも多く、広いスペースを自由に使える点が魅力だといえます。

 

一方、サービスバルコニーは、通常人の出入りを想定していないため、狭く簡易的なつくりとなっているケースがほとんどです。

 

ベランダは屋根のついた室外スペースのことを指します。屋根があることにより、強い日差しや雨を防げる点がベランダのメリットです。

 

1階についていても、屋根がある場合はベランダと呼ばれるケースが多いものの、洋風のものはテラス、和風のものは縁側として扱われることもあります。

 

デッキは室内の床と同じ高さでつくられた屋外スペースのことを指します。「庭の延長」であるテラスと比べて、「室内の延長」といったイメージが強いのが特徴です。

 

室外スペースの呼び方については、法律などで厳密に決められているわけではありません。

 

たとえば、テラスは本来1階にあるものを指しますが、2階以上にあっても洋風のものはテラスとして扱われるケースもあるのです。

 

この記事では、2階部分に設けられていても、広い室外スペースをまとめて「テラス」として扱います。

テラス

 

間取りやライフスタイルによっては、一戸建ての2階にテラスを設けることで、生活の利便性が大きく向上することもあります。ここでは、具体的なメリットと活用方法を見ていきましょう。

 

2階にテラスを設ける大きなメリットは、外観の良さにあります。

 

テラスはさまざまな素材でつくることができるため、住居の雰囲気に合わせて温かみのあるウッド調にしたり、コンクリートで高級感を演出したりとバリエーションが豊富です。

 

機能の面から見れば、洗濯物を干すのに便利なスペースとなります。ベランダやバルコニーに十分な広さがない場合、布団などの大きな洗濯物を干すのは何かと手間がかかってしまうものです。

 

広々としたテラスがあれば、サイズや洗濯物の量に関わらず難なく干すことができるため、不便に感じることはありません。また、日当たりのいい屋外に、ゆったりとくつろげるスペースを設けられる点も魅力です。

 

日当たりのいいテラスは、家庭菜園やガーデニングを楽しむのに最適な空間となります。本格的に取組みたい場合には、テラス部分に水栓やシンクを設置するとさらに便利です。

 

また、テーブルやイスを置いてプライベートなカフェスペースにしたり、ハンモックをつるして日光浴を楽しむスペースにしたりと、テラスには豊富な活用方法があります。

 

子どもが小さなうちは、車両の通行を気にせず、安全に遊ばせられる空間にもなるのです。

 

さらに、2階にリビングがある場合は、テラスと隣接させると部屋全体が広く見えるという利点もあります。晴れた日には、窓を開放して広々とした団らんスペースにするなどの使い方も可能です。

ガーデニング

 

テラスの設置を検討する際には、具体的な判断基準を基に、サイズなどを決めていくことが大切です。ここでは、2階にテラスを設置するうえで意識すべきポイントを見ていきましょう。

 

テラスにはさまざまな活用方法があり、最適なサイズや設置場所は用途によって大きく異なります。そのため、プランニングの段階で、使用目的を明確にしておきましょう。

 

たとえば、「洗濯物を干すためなら水回りとの動線を考慮する」「日当たりのいいくつろぎスペースにするならリビングと隣接させる」など、目的に合わせた設置場所を選ぶことが大切です。

 

テラスを設けるときに、特に意識しておきたいのが建ぺい率や容積率への影響です。

 

通常、テラスが建物から1m以上突き出している場合には、「突き出した部分から1mを差し引いたところ」までが建築面積に含まれます。

 

ただ、「階下に柱や壁がない」「3方向が壁に囲まれていない」といった場合には、建築面積から除外されます。

 

また、自治体によっては「床面がすのこ状なら含まれない」といった例外もあるため、事前にルールを確かめておくことが重要です。

 

また、容積率については、建物のうち「壁で囲まれていない部分は算入されない」といった決まりがあります。そのため、容積率には基本的に影響を与えないと考えておいていいでしょう。

 

しかし、自治体によっては囲いの高さが一定ラインを越えると壁とみなされてしまうこともあるなど、建ぺい率と同様に注意しておくべきポイントではあります。

 

テラスをどの方角に設置するかによって、日当たりに関する条件が大きく変化します。

 

南向きの場合は、もっとも日当たりがよくなるため、洗濯物を干したりガーデニングをしたりするのに適しているといえます。

 

一方で、2階の南向きにテラスを設置すると、1階部分の日当たりを遮ってしまう面があるのです。そのため、住居の間取り全体とのバランスを考慮しながら、慎重に設置場所を検討することが大切です。

 

室外にスペースを設けることとなるため、セキュリティには十分な配慮が必要となります。

 

死角となる場所をつくらないようにしたり、外から簡単に侵入できないように柵を設けたりと、設計の段階で考えておきたいポイントは少なくありません。

 

小さな子どもがいる家庭では、手すりの形状や隙間などにも気を配ることが大切です。簡単に乗り越えられないように足場となる物を置かないなど、利用する際にも注意が必要となります。

 

また、テラスは日差しや風雨の影響を受けるため、こまめなメンテナンスが必要となる点にも目を向けておきましょう。

テラスのある家

 

これまでに見てきたとおり、2階にテラスを設けることにはさまざまなメリットがあるため、室外に広いスペースがほしい場合には検討してみるといいでしょう。

 

最後に、LIFULL HOME’Sの「テラス・屋上のある新築一戸建て特集」から、具体的な事例を紹介します。

間取り図

 

この間取りの大きな特徴は、テラスを日当たりのいい南側に設置している点と、LDKに対してL字型に隣接させているところにあります。

 

これにより、リビングにもしっかりと日差しが差し込むため、明るく快適な住空間が実現される点が魅力です。

 

また、LDKとテラスをつなぐ部分は吹き抜けになっており、より開放感が生まれやすいつくりでもあります。

 

  • テラスは庭の延長として利用される室外スペースのことを指す
  • 室外スペースにはさまざまな種類があるものの、厳密に呼び名が区別されているわけではない
  • 外観のよさや広々とした室外スペースを確保できる点がテラスのメリット
  • ガーデニングスペースやカフェテラスなど、さまざまな活用方法がある
  • 2階に設ける際には、安全面の工夫や1階への日当たりの影響などを意識することが大切

公開日: