これから家を建てようと思うとき、あなたは何から始めますか?
「家を買う」という言葉がありますが、買う家とつくる家では、考えることもやることもいろいろと変わってきます。ここでは「つくる家」、つまり注文住宅を建てる際の注意点について考えてみたいと思います。

家づくりイメージ

注文住宅は大まかに次のような流れで建てていきます。一からつくり上げていく工程を経験していくことが、「買う家」とは異なるところです。

1. 総予算を決める

まず、いくら借りられるのか、自己資金はいくら用意できるのか、といった予算を決めます。たくさん借りられたとしても、返済のためにその後の生活が成り立たなくなってしまってはいけません。返済計画をしっかりと立て、長いスパンで人生設計を考えるようにしましょう。

2. 建築会社を決める

総予算を決めるところから、土地や間取りを決めるまでのどこかのタイミングで建築会社を決めます。できれば早い段階から親身になって相談に乗ってくれるパートナーがいるとよいでしょう。予算、土地、間取りは一体で考えなければなりません。ハウスメーカー、工務店、建築設計事務所など、相談先はさまざまです。自分に最も合うパートナーを見つけて、専門家の意見を聞きながら思いを具体化していきましょう。

3. 土地を決める

自己所有地の場合と新規購入する場合とがあります。新規購入する場合は、総予算の中から土地代を引いた残りが建物に使えるお金になります。タイミングよく自分のすべての希望を満たす土地が出てくるとは限りません。かといって永遠に探し続けるわけにもいきませんから、ある程度の条件をクリアできたら決定することになります。選んだ土地の形状や周囲の環境、交通の利便性、都市計画などを考慮して、いよいよ建物の計画へと移ります。

4. 間取りを決める

まずは、その土地に合わせた配置計画から始めます。建物本体だけでなく、人の動線、駐車スペース、日当たり、近隣との関係性を考慮しながら建てる位置を決めます。
それから間取りを決めますが、このときには平面計画と同時に建物のボリュームやデザインも同時に考えていきます。建ぺい率や高さ制限などの法律も絡みますので、建築士と相談しながら進めていきます。

5. 契約

間取りやそのほかのプランが決まったら工事契約をします。ここから先の変更は金額の増減が発生するので、よく考えて納得したうえで契約しましょう。この時点で未定となっている部分もあると思いますので、契約書には何が含まれているか、未決定のものは何かを確認しましょう。

6. 確認申請

プランが建築基準関係規定に適合していることを審査してもらいます。確認済証の交付を受けた後に着工が可能になります。

7. 着工

着工の前に地鎮祭を行ったり、着工後の上棟時に上棟式を行ったりする場合もあります。両方とも任意ですが、地鎮祭はほとんどの場合で行われるのに対して、上棟式は近年省略されることが多く、地域によって風習が異なります。上棟後には中間検査が行われます。

8. 詳細の打ち合わせ

契約時に未定だった部分の詳細を決めていきます。場合によっては着工中の現場を見ながら考えたほうが分かりやすいこともあります。仕上げ材の種類や色など、イメージをより具体的にしていく作業です。

9. 完成、引き渡し

建物が完成すると完了検査を受けます。検査合格後にも外構工事など残工事を継続する場合があります。すべての工事が終わったら、めでたく引き渡しとなります。

家づくりの打ち合わせ

建築会社との打ち合わせは、計画段階から引き渡しまで幾度となく行われます。こちらの要望を伝えやすくするために、より具体的な資料を用意しておくとよいでしょう。

 

しかし、必ずしもイメージが明確であるとは限りません。そういった場合は経験豊富なプロのアドバイスを受けることも大切です。思いもよらなかったアイデアを提案してもらえることがあるでしょう。また、分からないことや疑問はそのままにしないで、打ち合わせのたびに話し合うようにしましょう。何を話し合い、何を決めたのかが後で分かるように、記録を残しておくことも重要です。

契約時には基本となる仕様が決まります。木造であれば、構造を左右する樹種を着工前に決めておかねばなりません。一方、内装材などは着工後に変更することも可能です。

 

契約時に決めた工事費からグレードアップするのか逆にコストダウンするのかは、仕上げ材を選び直すことでも決まります。色や素材でイメージが大きく変わるので、ここは楽しくもあり難しい作業です。こんなふうにしたいというイメージがあれば、打ち合わせのときに写真などの資料を見せると伝わりやすいでしょう。それが全体的に見てマッチするかどうかは、プロの建築家やコーディネーターがアドバイスしてくれます。

着工後に現場に行くことがあれば、その時点での構造を見ることができます。後に見えなくなってしまう部分なので、気になる部分は写真を撮っておくとよいでしょう。設計図を持っていくと、ここがこうなっているのだなということがよく分かります。

 

建築基準法や住宅瑕疵担保責任保険の基礎配筋検査、中間検査の工程の直後は特に重要な部分が確認できます。ただし現場に入ることは危険を伴うため、必ず現場責任者と同行するようにしてください。

数ヶ月にわたる作業を経ながら家づくりは進行していきます。大変な作業ですが、ここが注文住宅の醍醐味でもあるといえるので、ぜひ家づくりを楽しんでください。手をかけた分、入居後に味わう感激はひとしおだと思います。

公開日: