不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「そ」>ソーシャルアパートメント

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ソーシャルアパートメント【そーしゃるあぱーとめんと】

ソーシャルアパートメントとは、各個室のほかにリビングなどの共用部分を備え、入居者間のコミュニケーションを図ることを目的に運営されている賃貸物件を指します。水回りやリビングなどが共用で、各個室がプライベート空間となっているという点ではシェアハウスと似ています。シェアハウスは一戸建てを少人数で分割して使用することが多いのに対して、ソーシャルアパートメントは寮などを改装した大規模な物件が多く、数十人〜100人と収容人数が多いのが特徴です。共用部分を通らずに個室に行けるなどプライバシーに配慮されている物件も少なくないため、適度な距離感を保ちつつ入居者間で交流したい人に好まれています。防音室やホームシアターなどの充実した共用施設、共用水回りの清掃サービスなどが付加されている場合、賃料はシェアハウスよりも高めに設定されていることも。水道光熱費は定額を賃料とともに納める形が一般的です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

ソーシャルアパートメントとは?ソーシャルアパートメントの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?