不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「せ」>セメント

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

セメント【せめんと】

セメントとは、水や薬剤と混ぜることで硬くなる性質を持つ粉末状の物質のことをいいます。特に建築においては石灰岩と粘土などを主原料としたポルトランドセメントが使われています。セメントが固まる時間は天候に大きく左右されますが、完全に固まるまで通常は1ヶ月程度かかるとされます。ただしセメント単体では完全に固まった後でもひび割れしやすく、強度が求められる場所では骨材を入れることが普通です。骨材として砂と水を混ぜたものは“モルタル”、さらに砂利も混ぜたものは“コンクリート”と呼ばれます。このようなセメント製品は住宅のさまざまな部分に使われています。外壁などの構造で建物を支えるほかに、建築材同士をつないで固定する接着剤のような役割も果たします。原料を替えることで、防水性や耐火性を持たせたり色をつけたりすることも可能。日本においては原料となる石灰岩が豊富に採れるため、ほとんどが国産のセメントです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

セメントとは?セメントの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?