不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「こ」>コンクリート

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

コンクリート【こんくりーと】

コンクリートとは、セメントに水や砂、砂利を混ぜて硬質化させたものをいいます。なおセメントに水と砂だけを混ぜたものは“モルタル”と呼びます。コンクリートは建物の床や外壁などさまざまな部位の建築材として使われており、鉄筋などの芯を入れることで建物の構造を支える強度を発揮できるようになります。コンクリートは従来、建築現場で原料を混ぜ込んでつくる必要がありました。しかし、あらかじめ工場で混ぜた液体をミキサー車で運ぶ“生コンクリート”や、成型まで行ってから運ぶ“プレキャストコンクリート”などが登場し、現場での打設の手間が軽減されています。コンクリートの中でも、原油に含まれている重質な炭化水素類を使ったものを“アスファルトコンクリート”と呼び、主に道路に使われています。住宅などの建物では、石灰岩と粘土を主成分としたポルトランドセメントを使うことが普通です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

コンクリートとは?コンクリートの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?