不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「す」>スキップフロア

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

スキップフロア【すきっぷふろあ】

スキップフロアとは、建物の中で階段を介しながら高さの違う床を設置し、空間を立体的に使う構造のことをいいます。狭い敷地傾斜地に家を建てる場合など、床面積をできるだけ広く取りたいときに採用されています。開放感のある間取りにすることで視覚的に広く見える効果や、日光を取り入れやすくするなどの効果も期待できます。スキップフロアの床下を物置として活用するなど、空間を無駄なく使える構造です。しかし、壁で仕切られないことで、気密性や冷暖房効率が悪くなります。そのため空気が滞留しないよう、適切な空調設備を整える必要があります。また、スキップフロアのある構造は床が分断されていることによって建物の水平剛性が取りにくくなります。強風や地震による横からの力に弱いため、高度な構造計算により安全性を検証することが重要です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

スキップフロアとは?スキップフロアの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?