不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「こ」>古民家

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

古民家【こみんか】

古民家とは、築年数が相当数経過している日本の住居を表します。一般的には建築後50年以上が経過した建物のことを古民家と呼ぶことが多いですが、明確な定義はありません。一般社団法人全国古民家再生協会では「昭和25年の建築基準法の制定時に既に建てられていた『伝統的建造物の住宅』すなわち伝統構法とする」と定義しています。構法とは「建築の実体の構成方法」を意味します。伝統構法とは、西洋建築学の影響を受ける前の日本の建築構法を指し、金物を使わずに木組みのみで住居を建築する構法のことです。クギやボルトなどの代わりに貫(ぬき:柱などに水平に通す木材のこと)などを使って建築されているため、揺れを吸収する力があり、柔軟性が高い構法とされています。一方、金物やコンクリートなどを使ったものを在来工法と呼びます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

古民家とは?古民家の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?