不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「け」>軽量鉄骨造

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

軽量鉄骨造【けいりょうてっこつぞう】

軽量鉄骨造とは、主要構造体である柱や梁に軽量鉄骨を使用する工法をいいます。一般的に軽量鉄骨とは厚さ6mm未満の鋼材を指し、厚さ6mm以上の鋼材は重量鉄骨とされています。軽量鉄骨の柱や梁をブレースと呼ばれる留め具で対角線につないで、水平方向からの力に対抗するのが特徴です。壁や床には木質系パネルや窯業系パネル、軽量気泡コンクリートパネル(ALC)などが用いられ、軽量気泡コンクリートパネルを使用したものは“鉄骨ALC工法”とも呼ばれています。軽量鉄骨造は、木造よりも耐火性や耐震性の面で優れています。工場で部材を製造してパッケージ化したプレハブ工法が中心であり、工期が短く、品質が安定するといったメリットもあります。軽量鉄骨造は、主に一戸建てアパートで用いられる工法です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

軽量鉄骨造とは?軽量鉄骨造の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?