不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「か」>瓦棒葺き

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

瓦棒葺き【かわらぼうぶき】

瓦棒葺き(かわらぼうぶき)とは、トタン板と呼ばれる亜鉛めっき鋼板などの金属板で屋根を葺く工法の一つです。屋根の傾斜に沿って一定間隔で心木を並べて野地板と固定し、金属板を上からかぶせて心木と釘で固定する方法で、心木のことを“瓦棒”と呼びます。瓦棒葺きは施工性がよく、継ぎ目が少ないため雨漏りがしにくいことから、戦後は一戸建てトタン屋根などで広く用いられていました。しかし、経年劣化によって心木が腐食すると、強風でトタン板がめくれたり、飛散したりしてしまうことから、使われなくなってきました。ガルバリウム鋼板などの金属板の施工では、心木を使わずに専用のキャップをはめ込んで屋根材と野地板を固定する“立平葺き”(たてひらぶき)が主流となっています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

瓦棒葺きとは?瓦棒葺きの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?