まずは女子大生たちのプロフィールからご紹介します!

♦きらこ(21)
F女大学4年。一人暮らし中
♦めぐみ(21)
F女大学4年。一人暮らし中
♦ななか(22)
駒澤大学4年。一人暮らし中

ワンピースならコーディネート不要!

「コーデを考える時間がない! という時はワンピースやロンパースを着ます。1枚で済ませることができるのに、手を抜いてる感が出ません」と教えてくれたのはめぐみちゃん。クローゼットの中のワンピースを少し見せてくれました。

これらのような柄やデザインがしっかりあるワンピースは、着ていてもまさか寝坊したとは思えないですね。

めぐみちゃんのクローゼット画像

帽子・ヒール・バッグでごまかそう

「髪をきちんとセットする時間がない時はとりあえずキャスケットをかぶります。手抜き感をごまかせるだけじゃなく、かぶるだけでなんだかこなれ感も出るのでおすすめです」と教えてくれたのはななかちゃん。

確かに髪の毛をすっきりまとめられるうえ、きちんとオシャレを意識しているように見えるのではないでしょうか。

かぶるだけで手抜き感がなくなる気がするそう
そしてきらこちゃんは「私は服が適当になってしまった日でも、足元は必ずヒールで、バッグは少し高価で良質なものを持ちます。それだけで不思議と手を抜いてない風に見える気がするんです」と、教えてくれました。

どんなに服がラフでも靴やカバンが良質だと、見違えますよね。逆に服装のラフさがうまく引き算してくれて気取りすぎないオシャレを楽しめそうです。

服がラフでも靴やバッグでオシャレ感が出る

メイクは最低限これだけ!

「時間がない時でもメイクアップベースと眉毛を整えるのだけは必須です。できればプラス、涙袋を描きます! それだけで顔の余白が埋まって、ナチュラルメイクしている感じになりますよ」と話していたのはななかちゃん。”きちんとメイクしている感”は顔の余白によって変わるのだとか。

一方きらこちゃんは「急いでいても必ずカラコンは入れます。上まつげはマツエクをしているのでメイク不要で、余裕があれば下まつげにマスカラを塗るだけですね。マツエクは日々のメイクの時短にもなるので、私の中では必須です!」とのこと。

マツエクをすると、毎日まつ毛をビューラーで上げたりマスカラを塗らなくていいので、かなり時短になりそうです。

3人の時短メイクをまとめたもの

一人暮らし、時短テクを使えばちょっと寝坊しても大丈夫!

現役女子大生直伝の”きちんと感が出せるコーデとメイクのポイント”は、どれもすぐに活用できそうなものばかりですね。これから一人暮らしを検討している方も安心できたのではないでしょうか。

もちろん早寝早起きで余裕がある朝が理想ですが、つい寝坊してしまった際には、参考にしてみてくださいね。
一人暮らしにぴったりな物件を探す
学校別一人暮らし向け賃貸を探す

(2018/09/27)