着回ししやすい定番アイテムをそろえる

“大学生風”私服の定番カーディガン
“大学生風”私服の定番カーディガン

キャンパスにいる大学生を見てみると、高校生の頃とは違って落ち着いたファッションをしている人が多いですよね。

大学生の私服のポイントは、トップスとボトムスの着回しアレンジがききやすいアイテムをそろえることです。

具体的にはシャツやカーディガン、黒スキニーなどです。これらの定番アイテムを買っておくと、少ない枚数でもバリエーション豊富に着こなせます。

必須アイテムのフォーマルウェアは一式そろえる

フォーマルウェアはマストアイテム
フォーマルウェアはマストアイテム

大学生は、バイトの面接や式典出席などのためにフォーマルウェアを一式そろえておくとよいでしょう。

フォーマルな場に出る機会は本当に少ないのですが、絶対に必要なときは出てくるものです。

また、時給の高い塾講師や家庭教師のアルバイトなどはスーツが必須ですので、持っておいて損のないアイテムです。

防寒用のアウターやコートは必須

デザイン性のあるアウター1着あるだけで違う!
デザイン性のあるアウター1着あるだけで違う!

防寒のために、アウターやダッフルコートを1着は持っておきましょう。

春や秋に使える薄手のアウターが1着、寒さが厳しい冬用の厚手のコートが1着あればなおよしです。

冬場はコートさえ着ていれば、インナーが多少チグハグでもごまかしがききやすいです。コートのデザインにこだわることをオススメします。

サークル内容に応じて必要な衣類を

サークル用の衣類も用意
サークル用の衣類も用意

運動系サークルに入っている人は、必要に応じてTシャツやウィンドブレーカーを何着か買いそろえておくといいですね。

頻繁に洗濯をする場合は、首まわりがよれないようにしっかりした作りのものを選びましょう。

Tシャツ類はチームでそろえて作っている場合もありますよ。先輩とのコミュニケーションをかねて、確認してみるのもいいですね。

徐々に買い足してオシャレを楽しもう

大学生の服の所有枚数は、“普段着8着+スーツ1着+コート2着+運動着”などというパターンが多いように感じています。

シンプルな定番アイテムが多ければ、その分アレンジがきいてコーディネートの幅も広がります。

今回お伝えしたのは必要最低限の枚数ですので、余裕ができたら徐々に買い足してオシャレを楽しみましょう。一人暮らしにぴったりな物件を探す
学校別一人暮らし向け賃貸を探す