不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「と」>登記簿謄本(登記簿妙本)

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

登記簿謄本(登記簿妙本)【とうきぼとうほん(とうきぼみょうほん)】

登記簿謄本(登記簿妙本)とは、建物や土地に関わる権利情報がまとめられている紙媒体の帳簿“登記簿”をコピー(謄写)したもののことをいいます。“登記事項証明書”とは区別して呼ばれていますが、こちらは紙媒体ではなくデータ化された登記簿を印刷したものであり、記載の内容自体は同じです。登記簿謄本には、土地や建物の所有者情報のほか、面積や構造など物件の各種情報、抵当権賃借権など所有権以外の権利関係も記載されています。登記簿謄本は自分が持っている不動産物件を売るときなどに必要です。登記簿は国の法務局が管理しているものであり、登記簿謄本を取得するには最寄りの法務局(登記所)で手続きを行うか、ホームページから請求します。一方で不動産物件を購入した場合は、自分が所有権を得たことを登記簿に反映させなければなりません。個人での手続きは難しいため、一般的には司法書士などに手続きを代行してもらいます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

登記簿謄本(登記簿妙本)とは?登記簿謄本(登記簿妙本)の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?