不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「て」>デュエット(夫婦連生団信)

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

デュエット(夫婦連生団信)【でゅえっと(ふうふれんせいだんしん)】

デュエット(夫婦連生団信)とは、住宅ローンの一種であるフラット35を利用するときに夫婦で加入できる保障制度のことです。通常の団信と呼ばれる“団体信用生命保険”は、主債務者が死亡もしくは高度障がいに該当する状態になったときでも、連帯債務者や連帯保証人が残りのローンを返済しなければなりません。一方でデュエットは、夫婦の片方が死亡もしくは高度障がいに該当した時点で、残りの住宅ローンが全額弁済されて、支払い義務はなくなります。デュエットは、このように手厚い保障を受けられますが、その分、金利が上乗せされることが一般的です。またデュエットを利用するときは、片方が主債務者となり、もう片方は連帯債務者となります。なおデュエットは戸籍上の夫婦だけでなく、婚約関係や内縁関係にあるパートナーでも加入ができます。そのほかの年齢や融資金額、期間などの条件は各住宅ローンによって変わります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

デュエット(夫婦連生団信)とは?デュエット(夫婦連生団信)の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?