不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「り」>リビングダイニング

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

リビングダイニング【りびんぐだいにんぐ】

リビングダイニングとは、キッチンが独立している間取りの場合の、ダイニング(食堂)とリビング(居間)が一体化した部屋のことをいいます。またはキッチンが独立していないリビングダイニングキッチンの間取りの場合の、キッチン部分を除いたスペースのことを表しています。ダイニングは「D」、リビングは「L」と表記され、リビングダイニングは「LD」と表記されます。ダイニングは食卓などを配置した食事をするための空間、リビングはソファやテレビなどを設置したくつろぐための空間と考えられており、古来の日本家屋では「茶の間」といわれる居室がリビングダイニングの機能を担っていました。現代の住宅では、キッチンも含めたLDK(リビングダイニングキッチン)の間取りが多く取り入れられており、広さの目安はおおむね、DKで4.5〜8畳、LDKは8畳以上とされています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

リビングダイニングとは?リビングダイニングの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?