不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「ら」>ラッチ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

ラッチ【らっち】

ラッチ(latch)とは、日本語で“かんぬき”を意味する言葉で、住居では、ドアノブで開く扉のほとんどに付いている側面に突き出た金具のことを指し、扉が勝手に開かないように固定する役割を持っています。一般的な住居では三角形でスプリング式のラッチが多く用いられていて、ほかにも磁石で固定するもの、レバーを下げることで固定するものなど、さまざまな種類があります。なかには地震などで大きな揺れが発生すると、自動的にストッパーが掛かるものもあります。このようなものは耐震ラッチと呼ばれており、食器棚などの家具に使われています。ラッチは長期間使用していると劣化していくもので、スプリング式のものはバネが緩んで扉が勝手に開くようになることもあります。このような場合はラッチを取り外して新しいものと交換する必要があります。正確には“ラッチボルト”と呼び、ほかにも“ゴンベ”“ぱっちり”“キャッチ錠”などと呼ばれることもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

ラッチとは?ラッチの意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?