不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「こ」>腰板

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

腰板【こしいた】

腰板(こしいた)とは、室内の壁の下部に張る板のことです。壁の下部に別の仕上げ材を張った壁を腰壁(こしかべ)と呼ぶことから、腰壁パネルとも呼ばれています。腰板を張る高さは腰高の90cm程度が一般的です。腰板の素材はヒノキやスギ、パインなどの無垢材や、突板や木目柄の樹脂シートの化粧合板などが用いられています。腰板は重厚感のある雰囲気を醸し出すなどインテリア性を高めるほか、壁の下部は汚れや傷がつきやすいため、保護する目的でも使われています。ペットによるひっかき傷を防ぐ特殊強化化粧シートを使用した腰板も市販されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

腰板とは?腰板の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?