不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「け」>原状復旧

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

原状復旧【げんじょうふっきゅう】

原状復旧(回復)とは、賃貸住宅を退去する際に入居したときの状態に戻すことをいいますが、経年劣化や通常の使用による損耗は、借主に原状復旧の義務はありません。借主の故意や過失によって通常の使用によるレベルを超えて部屋を傷ませた場合、借主が原状復旧の義務を負います。借主が負担するべき原状復旧費用については、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」で指針が示されています。また、東京都では退去時の通常損耗の修繕費用はオーナーの負担とすることなどを重要事項説明において書面で説明することを義務付ける、「東京における住宅の賃貸借に係る紛争の防止に関する条例」を2004 年10月に施行しました。原状復旧に要する費用は入居時に借主が支払った敷金から補填し、差額があれば返還されることが一般的です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

原状復旧とは?原状復旧の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?