不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S>不動産用語集>「ひ」>引き違い戸

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

引き違い戸【ひきちがいど】

引き違い戸とは、引き戸の種類の一つで、2枚以上の戸を2本以上のレールや溝の上を水平に移動させることで、開閉する建具をいいます。引き違い戸の中には床に溝がなく、上部のレールで吊り下げるタイプもあります。引き違い戸を開閉するときには戸が重なります。戸の枚数は2枚戸のほか、3枚戸や4枚戸などもあります。引き違い戸は、玄関や居室の出入り口などに用いられ、和室に取り付けられる襖や障子も引き違い戸の一種です。引き違い戸の設置には一定の幅が必要ですが、ドアのように開閉スペースが不要なことや、左右のいずれからも出入りができることがメリットです。バリアフリー対策としても、開閉や介助のしやすさから引き違い戸が用いられています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

引き違い戸とは?引き違い戸の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リノベーションする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 物件情報管理責任者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?