プラウドタワー武蔵小金井クロスのモデルルームに行ってきました!

プラウドタワー武蔵小金井クロスのモデルルームに行ってきました!

女性にやさしいマンション情報「WoMansion」は、女性ライターが新築分譲マンションのモデルルームを訪問し、見たこと、聞いたこと、感じたことをそのまま紹介します。
(モデルルーム訪問日:2019年1月15日)


こんにちは! 子育てママのsoraです。


ぜひ見学したいと思っていた物件があり、LIFULL HOME'Sの取材が入ると聞いたので、取材班に紛れてモデルルームを見学してきちゃいました。再開発で整えられていく街に誕生する駅近タワーマンションに胸が高鳴りました。


今回は人気の中央線沿線、商業施設を足元に持つ総戸数716戸の注目プロジェクト「プラウドタワー武蔵小金井クロス」です。

駅徒歩2分と3分! 再開発エリアのツインタワー「プラウドタワー武蔵小金井クロス」

最寄り駅であるJR中央線「武蔵小金井」から「吉祥寺」駅まで直通で9分、新宿まで21分、「渋谷」駅まで25分、「東京」駅まで34分。通勤時間の本数も多く、何本かは始発があります。始発電車で座って通勤できれば快適ですね。「武蔵小金井」駅からは羽田空港へのリムジンバスも出ていますので、出張の多い方にも便利そうです。
※所要時間は日中平常時のもので、時間帯により異なります。乗り換え、待ち時間は含まれません。


<物件概要>
所在地: 東京都小金井市本町六丁目1910番(地番)
交通:JR中央線 「武蔵小金井」駅 徒歩3分 ※nonowa口より徒歩2分(イースト)・3分(ウエスト)
総戸数:716戸
階数: 地上26階建て地下2階建て(ウエスト26階建・イースト24階建)
入居時期:2020年6月中旬(予定)
施工会社:清水建設株式会社
売主: 野村不動産株式会社

「プラウドタワー武蔵小金井クロスの詳細情報」
プラウドタワー武蔵小金井クロスの外観画像

外観完成予想図。現地目の前の「フェスティバルコート」という広場から見たイメージ

「ゆったり、いそがない東京、武蔵小金井。」

「プラウドタワー武蔵小金井クロス」のコンセプトは「Rest Tokyo(東京を休もう)」。
シアターもコンセプトに合わせて親子で休日をのんびり楽しみリフレッシュする姿が描かれています。お母さんが結婚式に参列するために出かけて、留守番をするお父さんと男の子。最初、仕事をして子どもと遊んであげないお父さんには、イラっとしました(苦笑)。困ってお母さんに電話をしたら、子どもと出かけるように促され、自転車で野川公園や東京都立小金井公園などに出かけて行き……というストーリーです。お父さんは無事お留守番の役目を果たせたのか?! ぜひシアターを見てみてください。普通にミニドラマとして面白かったです!


再開発によって駅周辺は整えられており、駅からすぐのマンションに住んだら、駅周りで用事が済んでしまうかもしれません。でも、小金井市は武蔵野台地の上に位置し、水と緑に恵まれた街。少し足を延ばせば自然豊かな公園があり、休日に家族でリフレッシュできるような環境だということがわかりました。特に東京都立小金井公園は都内でも指折りの桜の名所。春にはぜひ家族でお花見に出かけたいですね。

約52,000m2超もの大規模再開発が進む武蔵小金井駅

駅を出ると歩道の広いロータリーがあり、ロータリー沿いに歩いていくと、「イトーヨーカドー武蔵小金井店」(EAST:約80m、徒歩1分、WEST:約140m、徒歩2分)が見えてきます。かなりの売場面積を誇り、スーパーだけではなく、飲食店、ファッションなど専門店も入っています(アカチャンホンポがあるのは小さいお子さんがいる世帯には嬉しい)。
ここまで信号を渡らずに歩けるので小さい子どもがいる家庭も安心。道路を渡るともう現地です。歩道が広く、電線も地中化されており綺麗に整えられた街並みになっています。
プラウドタワー武蔵小金井クロスの周辺環境

左:建設が進んでおり、2棟の位置関係などは現地で確認できます 右:駅を出て現地側を見たところ、クレーンが写っているところが現地です。駅から降りて我が家が見える距離…魅力的ですね!

ショッピングは、隣接するイトーヨーカドーだけではなく、「武蔵小金井」駅と一体化した「nonowa武蔵小金井WEST・EAST」(約140m〜約280m、2分〜4分 ※nonowa武蔵小金井が横長の商業施設のため)、駅前の「プラウドタワー武蔵小金井」と直結した「アクウェルモール」,(EAST約70m、徒歩1分、WEST:約180m、約2分)と充実しています。
プラウドタワー武蔵小金井クロスの現地周辺の地図

現地周辺の地図。2011年に完成している第1地区は再開発らしい整備された街並みで暮らしやすそうです。

通学校は「市立第一小学校」(EAST:約560m、徒歩7分、 WEST:約720m、徒歩9分)、「市立第二中学校」(EAST:約880m、徒歩11分、 WEST:約1,040m、徒歩13分)になります。


「プラウドタワー武蔵小金井クロス」の

資料をもらう(無料)

見学予約(無料)

気軽にエレベーターで! 大型商業施設に直結

前述の通り、駅周辺の商業施設は充実していますが、さらに「プラウドタワー武蔵小金井クロス」の足元には大型商業施設が入ります。模型を見るとわかりやすいのですが、住戸階からエレベーターにのって雨に濡れることなく商業施設に行くことができます。1階から4階まで、ファッション、雑貨、食料品、クリニックなど様々な店舗が入る予定だそうです。家の下に商業施設…想像しただけで便利そうです!


そして、中央にはコミュニティ広場となる「ムサコヒロバ」。植栽豊かな広場は、住人はもちろん地域の人々の癒しのスポットになりそうです。

プラウドタワー武蔵小金井クロスの外観完成予想図

外観完成予想図。大型商業施設はもちろん、植栽豊かな「ムサコヒロバ」が足元に広がっているのも嬉しいですね。

眺望・日当たり・通風が期待できる住まい

「プラウドタワー武蔵小金井クロス」は武蔵野台地の高台に位置するマンション。南に向けて広がる広大な武蔵野台地を見下ろす好立地です。しかも南側の「連雀通り」を挟んだ向かいは「第1種低層住宅専用地域」になるので、高い建物が建つことがありません。ちょうど「国分寺崖線」でなだらかに下がっていき20m弱ほど高低差があるため、高台に位置する「プラウドタワー武蔵小金井クロス」はかなり開放感があり眺望が良いということになります。


さらに、武蔵野台地は強固な地盤を持つため、建物を支える基礎も杭基礎ではなく「直基礎」という、より地震に強い基礎が採用されています。

プラウドタワー武蔵小金井クロスの眺望イメージ

眺望イメージ図。天気が良い日には南西に富士山が見える住戸もありそうです。 ※現時点での眺望であり、今後変わる可能性があります。

建物は駅から向かって右側が「WEST」、左側が「EAST」。「WEST」と「EAST」は約30m離隔を取って向かい合いますが、ずれて建ちますのでお見合いする住戸はほんの一部になります。


マンションの共用施設は2棟に分かれて配置され、住人はどちらの棟の共用施設も使うことができます。


「WEST」には、4階に東京学芸大学がデザイン・おもちゃや絵本を監修した「キッズフォレスト」


20階に「パーティールーム」「ジャパニーズスイート(ゲストルーム)」。パーティールームとゲストルームは別々に借りることもできますが、隣接しているので、例えば両方を貸し切って、両親を呼んで家族パーティをし、そのまま泊まってもらうなんてこともできます。和風のゲストルームはご両親にも喜ばれそうですね。

※ゲストルームはマンション全体で3つありますが、それぞれ場所が異なります。


「EAST」には、2階にロードバイク乗る人のためビアンキと提携した「635ベース(サイクルガレージ)」


3階には、マルチラウンジとなる「アトリエコモレビ」。青山フラワーマーケットの「パーカーズ」によるデザイン・植栽監修で、水面(波紋)が床に映り込む植栽証明など自然を感じられる空間になっています。地域のコミュニケーションの場として、時々住民以外にも開放されるスペースになるそうです。


提携のスポーツクラブから時々トレーナーが指導しに来てくれる予定の「ヨガスタジオ」もあります。オリジナリティがあるのは「フィットネススタジオ」。全住戸にウェアラブの腕につける機器を2つずつ配布し走った距離などを計測できる、体に巻きつけて動作を確認する機器を使い不足している筋肉やおすすめの運動などを家で確認できるといったサービスを導入予定だそうです。


また、お風呂に入りながら映画を見ることもできるおしゃれな「リラクゼーションスイート(ゲストルーム)」が用意されています

プラウドタワー小金井クロスの共用施設

左上:植栽豊かな「アトリエコモレビ」 右上:リラクゼーションスイートの完成予想図。 右下:キッズフォレスト 左下:スカイワークサロン

4階には、「ライブラリー&カフェラウンジ」と、水槽があり魚が眺められる「アクアラウンジ」。


20階には、仕事をしたり、くつろいだりできる「スカイワークサロン」と開放感のある眺望を思いっきり楽しむ「スカイビュースイート(ゲストルーム)」があります。住居のベランダ手すりは乳白色などカラーが付いているそうですが、スカイビュースイートは眺望を楽しみたいという要望に応えて、透明の手すりを採用し、景色を堪能できるようにプランニングされています。


これらの共用部の家具は、すべてカッシーナで揃えられています。共用部の利用は一部有料のものもあります。詳しくはモデルルームで確認してください。


その他、設備・サービスとしては、カーシェア、トランクルーム(共に有償)。
各階食配ステーションとダストステーション。エレベーターはそれぞれ5基ずつ設置されます(非常用を含む)。また、24時間有人管理です。


「プラウドタワー武蔵小金井クロス」の

資料をもらう(無料)

見学予約(無料)


「WEST」は、西側・南側・東側の眺望が抜けて日当たりが期待できる棟、「EAST」はより駅に近い棟になります。


販売は開放感のある「WEST」から始まります。


「WEST」は3階から住戸があり、商業施設と同じフロアになる4階と3階の住戸はリビングや洋室の天井高が約3メートルになります。ちなみに、26階(最上階)と25階も天井高は約3mです。最上階のプレミアム住戸の天井高が高いタワーはよくありますが、低層階でも3mというのは最近のマンションではなかなか見ませんので希少性が高いと思います。


また、「WEST」の3階西側にはテラス付きの住戸があります(EASTにはテラス付き住戸はありません)。テラスはマンション内の「プライベートテラス」に繋がっており、そこから出入りすることも可能です。プライベートテラスに自転車置き場用にエレベーターが設置されていますので、エレベーターで自転車を持って上がり、テラスに自転車を置いておくこともできるそうです。まるで戸建てで暮らしているような感覚で生活ができそうです。専用テラスは欲しいけど1階はセキュリティが不安…というようなご家庭もあるかもしれませんが、「プラウドタワー武蔵小金井クロス」の場合は3階です。

天井高3mと合わせて考えるとかなりユニークな住戸です。


3階、4階以外も多彩な間取りプランが用意されています。角部屋を始めとし、ワイドスパン住戸になっており、日当たりにも期待できそうです。北側に開口部がある住戸など、いくつかの住戸にはリビングだけではなく主寝室にも床暖房が入っていて、冬は床暖房のみで生活している私は非常に魅力的だと思いました。

プラウドタワー小金井クロスの間取図例

間取図例。左:南側と西側にワイドスパンが取れているWS3A type。開口部が広くとってあり、日当たりが良さそう。リビング・ダイニング横のウォールドアを開くと、開放制限付の窓2か所(間取り図でservice spaceと書いてある部分)を開けることができ、風通しにも期待できそうです。 右:WE3E type。こちらも開口部が8.22mとワイドスパンな間取り。73.39m2、3LDKという間取りでありながら、シューズインクローク、パントリー、ウォーウインクローゼットが3つもあり収納が充実しています。キッチンから入る洋室3をどう捉えるかですが、家族構成やライフスタイルによっては魅力的な間取りだと思います。


モデルルームは、WEST 24階の85.73 m2南東の角部屋のWS1B’ typeとEAST14階の74.04m2のES3B type。

プラウドタワー小金井クロスのモデルルーム(WS1B’ type)

24階のWS1B’ typeのモデルルーム。遮るものがなにもない見事な景色。 中央:有償オプションのリビングのドアもおしゃれでした。 右:DENスペースも落ち着いた雰囲気で作業に集中できそう。

専有部分の仕様も充実しています。三面鏡裏にはアルミメッシュトレイとコンセント、お手洗いは手洗いカウンター付きなど、細かいところにまで行き届いた仕様になっています。前述の通り3階、4階、25階、26階の天井高は約3メートルとかなり高めですが、それ以外の階でも、リビングや洋室の天井高は約2.5mと現在の市場においては少し高めになっています。

プラウドタワー小金井クロスの間取図(ES3B type)

ES3B typeのモデルルーム。左上:約13.0畳リビング・ダイニング。 左下:キッチンはディスポーザや取り出しやすい棚など、細かい部分にまでこだわってプランニングされていました。 中央上下と右上下:子ども部屋は女の子の部屋。シアターで男の子が持っていた地図がありました。途中で出てきた「りおなちゃん」のお部屋なのかしら? などと設定を想像しながら見るのも楽しいですね。女の子らしいかわいいインテリアで参考に出来そうなアイデアがたくさんありました。

【価格とまとめ】立地、設備・仕様、眺望…全てを兼ね揃えた魅力的なタワーマンション

間取りは1R~4LDK、専有面積は34.03m2~112.41m2。


私が見学した時はまだ予告広告中で価格が決定していませんでしたが、目安としては、1LDK5,000万円台前半~、2LDKが5,000万円台後半~、3LDKが6,000万円台後半~とのことでした。


価格表も見せてもらいましたが、条件によって結構傾斜があるなという印象です。眺望が抜け、日当たりも良く、電車からも遠いので音も気にならなそうな南側はなかなかの価格でした。逆に南側以外の住戸は目に優しくなります。また、敷地内に商業施設があることで、管理費はやや高めにはなりそうです。


平均で見て、決して目に優しい価格ではありませんが、便利になり続ける再開発エリアの非常に利便性の高いマンションです。駅近マンションは資産価値が下がりにくいという現在の市場傾向から考えてもこれくらいは妥当なのかな…と感じました。


今は地縁がある方、周辺にお住まいの方の来場が多いそうですが、再開発の新しい街なので地縁がない方も暮らしやすそうです。
駅から近く、商業施設直結の利便性、共用施設・設備・仕様も充実し、眺望が抜けて日当たり風通しも期待できる、非常に魅力的なマンションです。中央線でお探しの方、または「武蔵小金井」駅から通勤しやすい方には絶対見に行っていただきたいです。

プラウドタワー小金井クロスの外観イメージ

駅を出るとその一部が見える外観イメージ。この街のランドマークの1つとなるマンションです。

※掲載の情報は見学時点の情報です。(モデルルーム訪問日:2019年1月15日)

※1 【報道発表資料】都内の保育サービスの状況について 東京都福祉保健局少子社会対策部保育支援課(2018年07月30日)

最新の詳細情報は、LIFULL HOME’S 「プラウドタワー武蔵小金井クロスの詳細情報」 をご確認ください。 sora


「プラウドタワー武蔵小金井クロス」の

資料をもらう(無料)

見学予約(無料)

公開日: / 更新日:

【LIFULL HOME’S】プラウドタワー武蔵小金井クロスのモデルルームに行ってきました!(前編)女性にやさしい新築分譲マンション情報「WoMansion(ウーマンション)」では、ネット上の掲示板や口コミなどによる評価・評判ではなく、プラウドタワー武蔵小金井クロスの価格・間取り・アクセス・周辺情報などの物件情報に加え、女性ライターがモデルルームに訪問して、見たこと・聞いた事・感じた事を紹介します。 | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?