「ハローコンテナ千住河原」

「ハローコンテナ千住河原」は日光街道の千住宮元町交差点付近に位置する駐車場付き屋外型コンテナです。このほか、東京都道461号吾妻橋伊興町線や旧日光街道などからのアクセスも便利です。また京成本線千住大橋駅からも徒歩8分でアクセスできますので、公共交通機関を利用する場合も便利です。

運営会社は株式会社渡辺住研。1999年からレンタル収納スペース事業をはじめ、20年以上の実績とノウハウを持っている会社です。東武東上線沿線では最大規模のサービスを提供しており、室内トランクルームやコンテナ、バイク用コンテナなど約4,500室を展開しています。(2019年12月)

今回は、株式会社渡辺住研が運営している「ハローコンテナ千住河原」の特長や利用用途などをご紹介致します。

ハローコンテナ千住河原

「ハローコンテナ千住河原」の特長を教えてください。

屋外コンテナ型の収納スペースがほとんどない荒川の南側のエリアに位置していて目立っている「ハローコンテナ千住河原」。車を横付けしての大型荷物の収納のほか、リーズナブルな価格で仕事用の荷物の収納先として多くの方々に利用されています。「ハローコンテナ千住河原」の場内は広々としており、アスファルト舗装もされておりますので、車での進入がしやすい設計となっています。また、「ハローコンテナ千住河原」のコンテナは天井に断熱材が入っているほか、通気口も設置されておりますのでお客様の大切なお荷物も安心して収納頂けます。

ハローコンテナ千住河原

主にどんな方がご利用されているのでしょうか?

「ハローコンテナ千住河原」が位置する千住河原町や近隣の千住関屋町には住宅街が広がっておりますので、個人のお客様がメインとなります。また、その中でもバイクのニーズがかなり高いエリアということもあり、バイクタイプもすごく人気です。コンテナには木材や資材、水道パイプなどの大型荷物や工具、サンダーやドリルドライバーなどの小型荷物などが収納されています。「ハローコンテナ千住河原」は場内が広々としておりますので、特に大型の荷物収納に便利です。

セキュリティや安全面について教えてください。

「ハローコンテナ千住河原」は各コンテナに鍵を設置することができ、バイクコンテナでは最大7か所鍵を設置することができます。バイクコンテナの室内にはチェーンロックができるようにバリカーも設置されており、場内は防犯カメラによる不審者の確認なども行われています。またスタッフが月2回程度の頻度で巡回をしており、清掃や防犯面で異常がないかしっかり点検をしておりますので安心してご利用頂けます。

ハローコンテナ千住河原

費用や契約について教えてください。

「ハローコンテナ千住河原」の価格帯は月額12,100円から49,500円(税込)で広さも1.5帖から8.0帖まで全4種類ご用意しております。このほかにバイクコンテナもございます。

初期費用は6か月以上ご利用のお客様の場合は、500円のみで2か月分の利用料が無料となります。6か月未満のご利用の場合は、当月分及び翌月分利用料(日割り)と初回保証料(賃料0.5ヶ月)を頂いております。月額費用は月額利用料のほか、管理料(1,100円/月)と月額保証料(利用料の10%)を頂いております。お支払い方法はクレジット決済、口座振替のいずれかからご選択頂けます。

「ハローコンテナ千住河原」では利用中の鍵をお客様にてご準備頂く場合、最短で1時間程度で審査等も含めて契約が完了致しますので、すぐにご利用頂くことも可能です。このほか、詳細なキャンペーンや施設へのご質問はLIFULLトランクルームから電話やメールにてお気軽にお問い合わせください。

編集後記

「ハローコンテナ千住河原」は業界の中でも長い事業歴を持つ株式会社渡辺住研ならではの施設だと感じた。この施設が所在する荒川の南側のエリアには屋内型のトランクルームは数多く点在しているものの屋外型コンテナはほとんどないという。その中で「ハローコンテナ千住河原」は最寄りの千住大橋駅から徒歩8分、周囲にも日光街道や旧日光街道、墨堤通りなどが通り電車でも車でもアクセスが便利な施設として2020年10月のオープン以降高い人気を誇っている。「ハローコンテナ千住河原」には1.5帖から8.0帖まで幅広いサイズが備わっているため、工具、サンダーやドリルドライバーなどの小型の荷物の収納には1.5帖や2.0帖、木材や資材、水道パイプなどの大型荷物の収納には8.0帖などニーズによって選択できるのも利用者にとってメリットだと思う。また「ハローコンテナ千住河原」にはバイクコンテナも備わっているが、こちらは非常に人気があるため利用を検討する場合は空きが出たらすぐに問合わせたいところだ。屋外型施設のため、屋内型施設よりもリーズナブルな価格で利用できるので事業用の荷物などの収納におすすめしたい施設だった。

■取材対象企業 株式会社渡辺住研

■取材施設 ハローコンテナ千住河原

2021年 03月08日