トランクルームTOP 神奈川県 小田原市周辺のトランクルームを探す

神奈川県小田原市

絞り込み検索

月額料金
広さ
施設タイプ
満室
条件
  • 加瀬倉庫
  • ハローストレージ
  • ライゼボックス
  • 丸山エンジニアリング
  • イコム
  • Space Plus
  • 関連メディア
  • LIFULL TRUNKROOM PRESS

LIFULL TRUNKROOM PRESS

小田原市の関連記事

小田原市周辺に関する情報

施設相場

特長別、小田原市のトランクルーム相場情報

特長別 相場
低価格、格安
3,021円 ※注1
屋内型
6,116円 (1帖)
屋外型
3,418円 (1帖)
駅徒歩10分以内
4,673円 (1帖)

※基準の相場:特長別で該当区のトランクルーム物件のタイプを1.62m²当平均を軸にLIFULLトランクルームの過去データを基にした独自のロジックで算出しています。

※注1:ロッカーや小規模スペースなどの低価格タイプを含む様々なトランクルームより弊社独自ロジックにて平均価格を算出しています。

※広さの目安:1.62m²=約1帖

周辺情報

市の情報

小田原市の情報

小田原市(おだわらし)は、神奈川県の西部に位置する市で、いずれも神奈川県の南足柄市、中郡二宮町、足柄上郡大井町、開成町、中井町、足柄下郡箱根町、真鶴町、湯河原町と隣接しています。関東地方の南西端に位置する小田原市は戦国時代から城下町として栄え、江戸時代においても、小田原藩の城下町、東海道小田原宿の宿場町として盛えていました。バブル期には東京のベッドタウンとして20万人を超える程の人口を抱えていましたが、バブル崩壊後の長期不況や都心回帰による遠距離通勤の減少などもあって2021年現在では約18万9000人となっています。ただ、小田原提灯とかまぼこ、梅、オシりツケ等の特産地として全国的に有名で、最近では小田原バーガーや小田原どん、かまぼこドッグ、スミヤキ、オリーブを販売するなど、現在でも箱根観光の拠点都市として広く知られています。毎年1月2日から3日に掛けて行われる東京箱根間往復駅伝競走(箱根駅伝)の最大の見せ場でもある山上りのスタート地点となる小田原中継所も同市内にあるため箱根駅伝の見物客などでも盛り上がりを見せています。小田原市はその立地上、綺麗な水に恵まれるとともに小田原市が企業誘致を積極的に行なっている成果もあり、日立グループや第一三協グループ、ライオンにカネボウ化粧品など多くの大企業が工場拠点を構えています。

交通情報

小田原市の交通情報

小田原市は古くから交通の要所として栄えてきました。例えば江戸時代において、城下町・小田原は東海道の沿線であり、小田原宿は箱根の山越えを控えた宿場として東海道五十三次中最大の規模を誇っていました。現代においても、小田原駅は数多くの路線が乗り入れるターミナル駅で、JR東海道線、東海道新幹線、小田急小田原線、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道など多くの電車が発着しています。小田原駅は東・西口の双方にバスロータリーを持ち、東口からは芦子橋経由城東車庫行や箱根湯本や宮ノ下・小涌園、新松田駅や国府津駅、平塚駅や湯河原駅などへ向かうバスのほか観光シーズンには小田原宿観光回遊バスも発着しています。このほか夜間には高速夜行バスとして京都駅・OCAT・なんば・南海堺駅前・南海堺東駅前経由 JR堺市駅前行も発着します。西口からは関東学院大学・佐伯眼科行のほか夜間には、高速バス大阪梅田プラザモータープール・天王寺駅前行、富山駅北口・金沢駅西口・福井駅東口行も発着します。冬季には苗場ホワイトスノーシャトルとして苗場プリンスホテル行きのバスも運行しています。道路も小田原厚木道路や国道1号西湘バイパスなどの高速・有料道路や国道1号をはじめとする国道のほか10本以上の主要地方道・一般県道が集結する交通の要衝ですが、地理的に箱根や伊豆方面から、東京や横浜に向かう交通が市内で輻輳するため、行楽シーズンの休日は市内の各道路で大渋滞が発生することでも知られています。

公共機関

小田原市の公共機関等

小田原市には、これは1417年に築城し、北条氏も本拠地を置いた小田原城をはじめ多くの史跡が点在しています。江戸時代にも江戸城を居城として選んだ家康は腹心大久保忠世を小田原城に置いたことで、小田原一帯は東海道沿線の城下町として栄え、小田原宿は箱根の山越えを控えた宿場として東海道五十三次中最大の規模を誇っていました。現在、小田原場内の小田原城址公園の大部分は、国の指定史跡の区域となっており、日本さくら名所100選に選定にもされていることから多くの観光客が足を運んでいます。城内には江戸時代後期の経世家、農政家、思想家で「二宮金次郎」としても知られる二宮尊徳を祀る報徳二宮神もあります。二宮尊徳は経世済民を目指して報徳思想を唱え、報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導したことでも知られており、明治24年(1891年)に尊徳に従四位が贈られると、報徳社員の間で尊徳を祀る神社創建の動きが起き、明治27年(1894年)4月15日、尊徳の生地である小田原の小田原城址内に鎮座したものです。このほか箱根にもほど近い同市からも温泉が湧いており、根府川温泉もあります。また自然に恵まれた同市では季節ごとに梅まつり、桜まつり、あじさい花菖蒲まつり窓が開催されています。

トランクルーム

小田原市のトランクルーム

小田原市には多くのトランクルームが出店しています。例えば、県道717号(沼田国府津線)沿い国道271号(小田原厚木道路)の小田原東IC付近には。東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国にも続々と店舗を展開し現在では約75,000室を運営している株式会社加瀬倉庫の「加瀬のレンタルボックス小田原矢作」(神奈川県小田原市矢作365-1)や「加瀬のレンタルボックス小田原成田」(神奈川県小田原市成田481-4)のほか神奈川県の湘南エリアを中心に、北は青森から南は九州まで290ヶ所、約6,000室(令和3年2月時点)を展開する株式会社マリンボックスの「マリンボックス成田店Part2」(神奈川県小田原市延清221)や「マリンボックス成田店Part3」(神奈川県小田原市成田58-7)、「マリンボックス成田店」(神奈川県小田原市成田77-1)などの屋外コンテナ型のトランクルームが出店されています。また小田原駅周辺には同じく株式会社加瀬倉庫の「加瀬のトランクルーム小田原扇町」(神奈川県小田原市扇町1-16-43 加瀬ビル156-2階・3階)やコンテナ・ストレージ業界でトップシェアを誇り、東証2部にも上場しているエリアリンク株式会社の「ハローストレージ小田原扇町」(神奈川県小田原市扇町1-16-35)、ビルインタイプのユアトランクやコンテナタイプのユアコンテナなど豊富なラインナップをそろえる株式会社ユアスペースの「ユアスペース小田原」(神奈川県小田原市浜町1-4-31)などの屋内型トランクルームも出店されています。

小田原市での注目のトランクルーム

加瀬のトランクルーム小田原扇町

加瀬のトランクルーム小田原扇町(神奈川県小田原市扇町1-16-43 加瀬ビル156-2階・3階)は山王川付近に所在する屋内ビルトイン型のトランクルームです。伊豆箱根鉄道大雄山線緑町駅からアクセスする場合は、広小路南交差点を左折して国道255号に入り、JR東海道本線のガード下を通過してさらに直進すると到着します。周辺の最大駅である小田原駅からアクセスする場合は、小田原駅東口バス乗り場から栢山駅行などに乗車し、井細田大橋停留所で降車するのが便利です。また、加瀬のトランクルーム小田原扇町には駐車場もありますので大きな荷物を運搬する場合や大量の荷物を保管する場合などは車でのご利用もおすすめです。加瀬のトランクルーム小田原扇町は国道255号に面しており、国道271号(小田原厚木道路)からのアクセスも便利です。加瀬のトランクルーム小田原扇町は台車貸し出しサービスもありますので荷物の運搬も手軽に行えます。0.5帖から2.8帖まで様々なサイズタイプを備えている当施設は近隣にお住いの個人のお客様の季節物の衣類や布団の保管も便利ですし、法人のお客様の書類保管場所としても便利です。加瀬のトランクルーム小田原扇町は東京・神奈川を中心に1,700ヶ所75,000室以上のトランクルームを運用する株式会社加瀬倉庫が運営しています。

小田原市での注目のトランクルーム

ハローストレージ小田原国府津

ハローストレージ小田原国府津(神奈川県小田原市国府津2491)はJR御殿場線国府津駅からのアクセスが便利な屋外コンテナ型トランクルームです。徒歩でアクセスする場合は国府津駅前交差点から国道1号(東海道)に出て、森戸川を渡ったところで右折し、県道72号に入ります。そのまま直進するとハローストレージ小田原国府津に到着します。バスでもアクセス可能で、その場合は国府津駅の停留所から小田原駅行のバスに乗車し、親木橋で降車するのが便利です。ハローストレージ小田原国府津のコンテナはゆとりをもって配置されており、アスファルトで舗装されておりますので車で乗入れ、横付けして荷物を運搬するのも便利です。ハローストレージ小田原国府津は西湘バイパスの国府津インターチェンジからのアクセスもしやすい立地となっています。ハローストレージ小田原国府津には1.5帖から8.0帖までの様々なサイズタイプを備えているほか、2階構造となっておりますので出し入れの回数が少ないことが想定される場合はよりリーズナブルな2階の区画の利用もおすすめです。ハローストレージ小田原国府津は全国約95,000室の屋外コンテナ型、首都圏中心に約2,000施設の屋内型トランクルームを展開しているエリアリンク株式会社の施設です。

小田原市での注目のトランクルーム

マリンボックス成田店Part2

マリンボックス成田店Part2(神奈川県小田原市延清221)は県道717号(沼田国府津線)から少し入ったところに立地する屋外コンテナ型トランクルームです。施設周辺には県道717号のほか国道255号、小田原厚木道路の小田原東インターチェンジなどもあり、車でのアクセスが便利な立地となっています。また公共交通機関でアクセスする場合は、バス利用がおすすめです。例えば小田原駅からアクセスする際は、東口のバス乗り場から新松田駅行のバスに乗車し、成田郵便局前停留所で降車するのが便利です。マリンボックス成田店Part2はコンテナ内に照明が付いておりますので夜間であっても安心してご利用頂けます。車での乗り入れも可能な施設ですので大きな荷物や大量の荷物の保管にもおすすめです。2.5帖から9.0帖まで様々なサイズタイプを備えておりますので、個人のお客様から法人のお客様まで多くのお客様におすすめの施設です。マリンボックス成田店Part2は神奈川県の湘南エリアを中心に、北は青森から南は九州まで290ヶ所、約6,000室を展開する株式会社マリンボックスの施設です。

小田原市での注目のトランクルーム

ルームマートコンテナ小田原羽根尾

ルームマートコンテナ小田原羽根尾(神奈川県小田原市羽根尾1)は国道1号(東海道)と西湘バイパスの橘インターチェンジに挟まれた車でのアクセスが便利な立地の屋外コンテナ型トランクルームです。公共交通機関でアクセスする場合は、JR東海道本線二宮駅南口バス乗り場から中井町役場入口行に乗車し、押切停留所で降車するのが便利です。ルームマートコンテナ小田原羽根尾はアスファルトで舗装された場内にゆとりをもってコンテナを配置しておりますので車を横付けして荷物の運搬もして頂けます。0.8帖から8.5帖まで様々なサイズタイプを備えたルームマートコンテナ小田原羽根尾は、2階構造になっており、2階の区画はよりリーズナブルな価格設定となっています。軽い荷物や出し入れの頻度が多くないと想定される荷物の保管などは2階の区画のご利用がおすすめです。ルームマートコンテナ小田原羽根尾は湘南エリア最大級の約1,900部屋を運営する湘南レーベル株式会社の施設です。

小田原市周辺の地域で探す

LIFULL TRUNKROOM PRESS

トランクルーム業界 WEBメディア 創刊

https://www.homes.co.jp/trunkroom/press/

神奈川県 小田原市のトランクルーム[レンタル倉庫・コンテナ]の検索・収納スペース探しなら【HOME'S/ホームズ】【LIFULLトランクルーム/ライフルトランクルーム】小田原市には「ハローストレージ,マリンボックス,ユアスペース,加瀬のレンタルボックス」等のブランドが掲載されています。借りたい地域から探して、広さ・料金[賃料]・セキュリティ・空調完備・24時間出し入れ可能などの希望条件で絞込み!豊富な物件数から様々な方法でご希望の収納スペースを簡単に探せるトランクルーム情報サイトです。小田原市で気になるトランクルームを見つけたら、メールか電話でお問合せが可能です(無料)。トランクルームの検索・収納探しなら、小田原市のトランクルーム情報が満載の【HOME'S/ホームズ】【LIFULLトランクルーム/ライフルトランクルーム】