小物やコレクションなど、小さい物の保管方法

収納サービスの基礎知識・ノウハウ

梱包・収納方法を学ぶ

荷物を預ける時、梱包や収納はどうしたらいい?サイズや素材、出し入れの頻度によって気を付けるポイントは違います。これを読んで賢く管理していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小物やコレクションなど、小さい物の保管方法

ばらばらになりやすい小物は、整理と空間の活用を意識した収納がポイント

トランクルームに預ける荷物は、家具や家電といった大きな物から小さな物まで様々です。大きな物は場所を取る分うっかりなくすことはありませんが、小さなものは保管方法に注意しないとばらばらになりがちで、気付いたら行方不明になっていた、なんてことも。小さな物ならではの収納のポイントを押さえて上手に管理しましょう。

まずは小分けして整理しよう

まずは、収納する物を大きさに分けて整理しましょう。また玩具の付属品など、セットになっているものは多少大きさが異なっていても一つにまとめておくと後からわかりやすく、紛失を避けられます。その分類に合わせた大きさのケースや袋を用意して、収納します。ケースがあまり大きいと、結局その中でバラバラになってしまうので、ちょうどいいサイズのものを用意したいですね。また、この時、外から中身を確認できる透明のケースや袋を利用するか、収納している物を書いたラベルを表に貼っておくのをおすすめします。後から出し入れしたり整理したりするとき、一つ一つ開けて内容を確認する手間を省くためです。透明な小物ケースは100円ショップなどで豊富な種類が用意されているので、活用してみると良いですね。小物の大きさによっては、例えば曜日毎に区切られたピルケースを代用してみるのも良いでしょう。

ただし、ケースは品物とトランクルームの性質を考えて選びたいもの。例えば布製の小物などは、強度は低くても問題ありませんが、陽が入るトランクルームなどでは紫外線で繊維が傷むのを防止するため、UVカットのものを選ぶといった工夫も必要です。フィギュアやプラモデルなどのコレクションの場合は、特に劣化や破損を防ぐために強度の高いものやクッション性のあるケースを選びたいですが、中身を区切られたコレクション専用ケースもあります。透明で鑑賞にも適しているので、活用したいですね。

整理ができたら、空間を上手に利用して収納を

小分けして整理した小物を、今度はまとめてもうひと回り大きめのケースや袋に入れましょう。空間を上手に利用するには、底と蓋が重ねられるタイプのものが便利です。ただしあまり積み重ねると下のケースに荷重がかかるので、中に入れる物の重量や性質を考えて、重ねる順番を決めましょう。こうして小物類がひとまとめになったケースを、棚などを利用して収納します。棚があれば、小物類をまとめて置いておける以外にも、もう少し大きな荷物を置いておくことも、コレクションを並べることも可能です。また、トランクルームに引き出しのある家具やスーツケースを預ける場合は、その中のスペースを活用してしまうのも合理的です。その際は、後から出し入れしにくくなる可能性を考慮し、上に物を積み上げすぎないとか、引き出しを開け閉めするスペースを確保するなどといった工夫をしましょう。

小物やコレクションなど、小さい物の保管方法【HOME'S/ホームズ】【LIFULLトランクルーム/ライフルトランクルーム】掲載中のトランクルーム・レンタル倉庫・レンタルコンテナなどの収納スペースを、借りたい地域から探して、広さ・料金[賃料]・セキュリティ・空調完備・24時間出し入れ可能などの希望条件で絞込み!豊富な物件数から様々な方法でご希望の収納スペースを簡単に探せるトランクルーム情報サイトです。気になるトランクルームを見つけたら、メールか電話でお問合せが可能です(無料)。トランクルームの検索・収納探しなら、トランクルーム情報が満載の住宅・不動産情報サイト【HOME'S/ホームズ】【LIFULLトランクルーム/ライフルトランクルーム】