不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S不動産売却査定マンション売却査定

マンション売却
知っておきたい注意点・相場の調べ方

マンションの売却を考えた時に出てくるたくさんの疑問や不安。「何から始めればいいのかわからない」「費用がどれくらいかかるか気になる」「どれくらい購入希望者が来るのか不安」「いくらで売れるものなのか相場を知りたい」等々。信頼できる不動産会社に査定を依頼する前に、不動産売却の流れが把握できる不動産売却の基礎知識から相場や税金のお金の話まで、家の売却が初めての方、売却検討を始めたばかりの方でも安心してマンション売却・査定を進めるために把握しておきたいポイントをまとめました。

まずは複数の不動産会社に、マンション売却査定を依頼!売却したいマンションの所在地を選択してください

売却したいマンションの所在地を選択してください

マンション売却査定の流れ

スムーズにマンション売却を進めるためには、どのような流れでマンション売却が行われるかを事前に知っておくことが大切です。不動産会社にお任せするだけでなく、自分でも基本の流れを確認しておきましょう。売り出すタイミングなどは不動産会社ではなく、ご自身が売主として意思決定をします。しっかりと自分の意見をまとめ、明確に意思を伝え我が家をより高く評価してもらいましょう。

査定を依頼する
マンションの売却をするにあたり、まずは複数の不動産会社に査定を依頼してみましょう。
ここでのポイントは、必ず複数の不動産会社に対して査定を依頼すること。
不動産会社にはそれぞれ得意とする物件と苦手とする物件があるため、1社のみの査定では本当に妥当な価格なのか判断ができません。また、売却価格だけでなく、どんな売却活動をしてくれるのかも重要です。たとえば「複数店舗を展開している大手不動産会社」と「売却専門の不動産会社」など、個性の違う複数の不動産会社に依頼をして「価格」や「不動産会社の対応」を比較して会社を選ぶことをおすすめします。
不動産会社による調査・査定
マンションの査定には大きくわけて次の2つの方法があります。
【机上査定】不動産会社が立地・築年数・床面積・構造・間取りなどの基本情報をもとに、査定額を算出する方法です。
【訪問査定】不動産会社が実際に現地の物件まで足を運び、目視で隅々まで確認した上で査定額を算出する方法です。
大切な資産ですので、損(赤字)を出して手元にお金が残らずマイナスになってしまうことにならないよう、少しでも高く売ることができるポイントが無いか(例えばリフォームをした箇所や、頻繁にクリーニング業者に掃除を依頼してきれいに保っているなど)を調査してもらい、査定価格を算出してもらいましょう。
媒介契約
査定の結果を踏まえて、募集を担当してもらう不動産会社を選んだら媒介契約を結びます。
この時、1社だけに任せたい場合は、「専任媒介契約」または「専属専任媒介契約」という契約の種類を選びます。反対に複数の不動産会社に重ねて依頼したい場合は、「一般媒介契約」で依頼するようにしましょう。
なお、査定金額と売却金額がイコールであるとは限りません。また、物件の状態や売却時期などによっては時間がかかる場合もあり得ます。申し込みの時は査定金額だけでなく、どのような売却活動をしてくれるのかも確認して不動産会社を選ぶことをおすすめします。
売却活動
いよいよ募集を開始すると、WEBなどで物件の広告が掲載されるのでこまめに確認しましょう。なお、専任媒介契約の場合は「2週間に1回以上」、専属専任媒介契約の場合は「1週間に1回以上」の報告が不動産会社側に義務付けられています。
問合せや引き合いの状況を見ながら、必要に応じて募集価格の変更を検討して臨機応変に対応していきます。値引きなどの値下げ交渉に関する問合せが入る可能性があるので、事前に業者の担当者に確認しどのような交渉をすべきか段取りを行ってください。
売買契約・引き渡し
買い手(購入希望者)が現れると不動産会社から「買付申込書」を受け取ります。その書面に、買付金額や契約条件の希望などが細かく書かれているので、「手付金」と「引渡し希望日」は必ずチェックすることが大切です。
条件が整い、売買契約を結んだら引き渡しとなります。売却時に意外と忘れがちなのが引越のこと。余裕を持って引き渡しができるよう、引っ越しの手配も早めに行っておきましょう。これで家売却は完了です。
住み替えの際は、売るタイミングが極めて大事です。事前にスケジュールの確認や新しい住まいの購入等準備をしっかりしておきましょう。また忘れてはいけないのが、売却後の確定申告です。売却による利益は、譲渡所得税がかかります。そのため、確定申告が必要になります。売却により損失が出た場合は、他の所得から控除することができるため、申告することで節税になります。

初心者におすすめ マンションの売却 よくある質問

マンション売却はどのくらいの期間がかかりますか?
だいたい3〜6ヶ月が目安となります。買主が見つかってからの所要期間は、早くて1ヶ月、遅くて3ヶ月程度で決済完了となります。
家族名義のマンションを売ることは可能ですか?
名義人から正式に委任されていれば、可能です。原則、名義人の家族であっても名義人以外は勝手に売ることはできませんが、名義人からの委任状など名義人の売却の意思がわかるものがあれば、名義人に代わって売ることができます。
マンションの権利書・権利証をなくした場合どうしたらいい?
司法書士に「本人確認情報」を作成してもらい、マンションを所有していることを証明します。
2005年より以前に購入した不動産の場合は「登記済権利書」という名称ですが、それ以降については簡略化された「登記識別情報」という書類が権利書にあたります。
売却で控除される税金はありますか?
マイホームの場合は利益が出ても節税できる特例があります。
マイホームを売却した場合については、特例制度として「3,000万円控除」と「買換え特例」という2つの制度があり、どちらか一方について適用することができます。また、マイホームの売却によって「赤字」が生じた場合は、その分をその年の「給与所得」や「事業所得」など、他の所得から差し引くことができます。詳しい内容は「不動産売却にかかる税金」を参考にしてください。
告知義務とはどこまでのことを言う必要がありますか?
重要事項説明書に記載されないもののうち、なにが告知義務という明確なものはありませんが、重要事項説明時や契約時に、物件状況報告書(書式やタイトルは会社によりけりです)を売主の申告で出す場合が多く、そこに知りながら虚偽の記載をした場合は、当然告知義務違反となります。
なお、再建築不可かどうかは、重要事項説明書で必ず説明しますので、調査ミスや虚偽があった場合は違反になります。
事故物件等「心理的瑕疵」も、意図的に告知をせずに後から発覚した場合、損害賠償の責任を負うなどほぼ間違いなくトラブルになりますので、隠さず伝えた方が無難です。
良い不動産と悪い不動産会社の見極め方はありますか?
LIFULL HOME'Sでは独自の掲載基準を設け、合致する不動産会社のみを掲載していますので安心してご利用ください。お客様に合った不動産会社を選ぶには、売りたい物件の特長と、不動産会社の得意、不得意を見極めることが大切です。
また、地域での実績、購入検討のお客様がいるか、どのような広告活動を行うか、など、気になることの質問に対しきちんと答えが返ってくるかどうかも重要なポイントです。
早く売りたいと考えていますが、良い売却方法はありますか?
「買い取り」であれば早く売ることができます。
不動産会社が直接物件を買い取る方法で、仲介よりも価格が少し安くなりますが、価格面で納得がきでれば短期間で確実に売却が可能です。
住み替え(買い替え)の際に注意することはありますか?
売却してから購入するのか、購入してから売却するのかを、引越しをしたい時期を優先するのか、コストがかからないようにしたいのか等、それぞれの状況により何を優先するのかを考える必要があります。また、資金状況により、どちらかしか選べないケースもあります。
不動産会社と売買契約後、解約をすることはできますか?
ほとんどの場合は買主は手付金の放棄、売主倍返しをすることによって、解約できます。また、ローン特約等、白紙解約できる条項が追加されることもあります。
マンション売却に有利な時期・不利な時期はありますか?
売却の時期を考えるコツは、買主の立場に立つことです。住宅ローンは何年で組めるのか、税金面はどうなるのか、といったことを買主の視点でシミュレーションしてみることで、売却に有利となる時期が見えてきます。

使うお金はいくらかかる?諸費用について

マンションの売却はその価格が大きいため、必要な手数料なども高額になります。また、売却によって大きなお金が動くため、様々な税金がかかってきます。いつ、いくら必要になるのか、どのような税金がかかるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

不動産売却時に必要な費用相場

マンション売却時に必要な費用相場
マンションを売却する場合は、決済までの間に様々な費用が必要となります。
特に仲介手数料を支払うタイミングについては、金額が大きいだけに事前に不動産会社に確認してトラブルのないようにしましょう。

不動産売却にかかる税金

マンション売却にかかる税金
マンションを売却すると、譲渡税・印紙税・消費税などの税金がかかり、
年の途中で売却した場合は固定資産税の精算が発生します。事前に計算や確認をし、納税資金を別途準備しておくことが大切です。

失敗しないためのHOW TO シチュエーション別ポイント

相続したマンションを売却するには

相続したマンションを売却するには
相続によって取得したマンションを売却する際には、通常の売却とは違い、いくつかの注意点があります。
まず相続の場合、「単独で相続する場合の相続不動産の売却」と「換価分割のための相続不動産の売却」の何れかによって進め方が異なります。また、住宅ローンの返済途中に相続が発生した場合には「団信」の有無、税金の軽減制度など確認しておく事柄があります。通常と違い注意することがあったり、相続人によって意見がわかれることもある相続マンションの売却は慎重に検討していきましょう。

不動産売却にかかる税金

離婚の場合のマンション売却ポイント
離婚をする際には、婚姻期間中に築きあげてきた財産を夫婦で平等に分ける必要があります。これを「財産分与」と言います。この際、マイホームとしてマンションを所有している場合も財産分与の対象となります。
住宅ローンが残っている状態での売却の場合、住宅ローン残高よりも売却相場が低い場合は注意が必要です。売買代金で足りない分は、自分たちで現金で支払わなければならないケースも考えられるため、離婚の財産分与によってマンションを売却する場合は、本当に今売却することが得策なのかをよく検討するようにしましょう。

住宅ローンを滞納するとどうなるの?

住宅ローンが払えない!自宅を守るために知っておきたい任意売却
競売での売却は、売却価格が低くなってしまい、多額の借金だけが残ってしまいます。そこで、そうなる前に銀行側と相談して、一般市場においてできる限り高い金額で不動産を売却する方法が「任意売却」です。
任意売却で売却できれば、競売よりも高値で売れるため、ローンをより多く返済することができます。
ローンを滞納して、競売手続きにかけられる最悪の事態を迎える前に解決方法を確認してみましょう。

マンション売却の体験談 売却経験者へインタビュー

夫の転勤のため、住んでいたマンションを売却Nさん(46歳)

結婚して20年になる主婦のNさん(46歳)。大阪市内の閑静な住宅街にあるマンションで、一家4人で暮らしていましたが、2014年夏、ご主人の東京への転勤が決まってしまいました。Nさんの売却体験談です。

売却で悩んだところはどこですか?

「夫はここに強い思い入れがあって、売りたくなかったんです」「貸すのは面倒くさいと思ったんです。賃貸に出す場合、不具合のある部分はすべて修繕しなければいけないので、手間がかかります」

売る・貸すという2つの選択肢があるなかで、夫婦の意見が2つに分かれました。3社の担当者と会い、それぞれから売却・賃貸の両方の査定をしてもらいました。

もっとこうすればよかったと思うことは?

「もっと早くから準備を始められたらよかったなと反省しています。不動産会社を決める際にも、各社の強みを比較して選ぶことができたでしょう。修繕をお願いした工務店についても、早い時期に手配しておけば慌てずに済んだのにと思います。余裕をもたせたタイムスケジュールを組むことが大切だと実感しました」

エリア 大阪市阿倍野区 立地 最寄り駅から徒歩7分
間取り・総面積 2LDK・71m² 築年数 37年
居住年数 約20年 売却年月 2016年4月
売出しから売却までにかかった期間 約3週間

住み替えのため、住んでいたマンションを売却Tさん(51歳)

13年前、長女の誕生を機に首都圏のとあるニュータウンでマンションを購入。住宅ローンを組んで手に入れたマイホームでした。長女から「自分の部屋がほしい」と言われたのをきっかけに、住み替えしました。Tさんの売却体験談です。

売却で悩んだところはどこですか?

「気がかりだったのは住宅ローンの返済が1,000万円ほど残っていたことでした。そんな状態で住み替えができるものなのか?また住み替え先の購入で新たに住宅ローンが発生する可能性も高いだろうけれど、ローンの負担が増えてしまったら返済していけるのか?そもそも50代のサラリーマンに銀行はお金を貸してくれる?不安でした」

マンションを売却して得たお金でローンの残債の支払いができて、残ったお金を住み替え先の購入資金に充てる「売却→住み替えプラン」で売却を考えました。

もっとこうすればよかったと思うことは?

「営業担当者に対して、もっと強い態度で接すればよかったなと思います」

不動産会社に任せっきりにせず、販売価格や売却活動方法についてなど意思をしっかり伝えることが重要になるとのことでした。

エリア 千葉県千葉市 立地 最寄り駅から徒歩10分
間取り・総面積 3LDK・82m² 築年数 約20年
居住年数 13年 売却年月 2016年3月
売出しから売却までにかかった期間 1年

マンション売却・買取の相場情報は?

マンション売却の相場

マンションの参考価格とエリアの売出し相場情報を知る。

マンションの売却は金額が大きいだけに、慎重に、納得して売却できるようにと考える人が多いと思います。
「自分のマンションの価格はいくら位が妥当なのだろうか?」その判断をする時に、まず参考にしたい情報として「周辺のマンションがいくらで売っているか」という「売出し相場」の情報があります。

売り出し相場の情報は、「高く売る」と考えている方、「売れるか不安なので安い価格」と考えている方もいるため、目安として参考にするとよいでしょう。安心して取引を進めるためには、基準となる相場を知ることで価格が適正かどうか、市場の動向をみておくことで購入申し込み者がいそうかの判断がつきやすくなります。

不動産会社の話をしっかり理解して、交渉を進められるように自分で知識をもっていることは、マンション売却を成功させるためのコツといえるでしょう。

主な地域のマンション売買価格相場情報

専有面積70m²の場合の中古マンション平均価格表です。

過去3ヶ月の間に「LIFULL HOME'S」に掲載された物件の中から独自に集計した平均価格を表示しています。[情報更新:毎月1日]

市区 平均価格 坪単価 市区 平均価格 坪単価
東京都江東区 4,348万円 205万円 神奈川県横浜市中区 3,863万円 182万円
千葉県浦安市 3,327万円 157万円 埼玉県さいたま市浦和区 3,013万円 142万円
大阪府大阪市北区 3,910万円 184万円 兵庫県神戸市東灘区 2,424万円 114万円
京都府京都市中京区 3,802万円 179万円 北海道札幌市中央区 1,758万円 83万円
愛知県名古屋市千種区 1,887万円 89万円 静岡県静岡市葵区 1,356万円 64万円
宮城県仙台市青葉区 1,929万円 91万円 新潟県新潟市中央区 1,435万円 68万円
岡山県岡山市北区 1,861万円 88万円 広島県広島市安佐南区 -万円 -万円
福岡県福岡市東区 1,794万円 85万円 熊本県熊本市中央区 1,829万円 86万円
  • ※この情報は不動産価格・査定価格を保証するものではありません
  • ※階数、間取り、駅徒歩分等の個々の物件の条件により、相場情報に差異が生じることがあります

実際の価格は物件の条件によって総合的に決まります。査定は、複数の不動産会社に依頼がおすすめ!

取り急ぎマンション売買の目安となる参考価格を知りたい場合は、以下のような売買相場の目安を知ることができるサービスがあります。

しかし、マンションの売却に際しては、各物件の築年数や広さ、状態など様々な条件を加味して総合的に価格が決まっていくものです。

相場情報を鵜呑みにするのではなく、実際に不動産会社に査定を依頼したほうが精度が高いのは確かです。マンションの売却を検討している方は、複数の不動産会社に査定を依頼して、比較検討してみることをおすすめします。

大手や地場に強い不動産会社を複数選んで、一括で査定を依頼する

マンションの査定を依頼売却したいマンションの所在地を選択して査定依頼!

売却したいマンションの所在地を選択してください

当サービスは、ご本人またはご家族が所有するマンションの売却を希望する、個人のお客様向けサービスです

以下の査定依頼はお断りしています。恐れ入りますがご了承ください。
弁護士、不動産業者など、物件所有者以外からの査定依頼
競売物件の価格調査など、売却を目的としない査定依頼

※査定依頼物件が、依頼者の所有物件ではないと弊社が判断した際、依頼内容を削除する場合があることをあらかじめご了承ください

マンションの売却を取り扱う不動産会社情報【1,710社】を掲載中。マンションを売りたいなら、HOME'Sのマンション売却査定サービス。会社の雰囲気を感じられる写真やコメント、サービスの特長や強み、お客様へのアドバイスなどで不動産会社を比較し、「信頼できそう」と思える会社をお選びください。売却がまだ具体的ではない方には、匿名でマンションの簡易査定が依頼できる方法も提供しています。仲介手数料などの諸費用や必要書類だけでなく、税金(所得税)や確定申告などの売却後に気になることも、マンション売却に関わる幅広い疑問や相談に応じられる不動産会社探しをサポートします。マンションの売却査定なら、不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】 監修者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)