不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S不動産売却査定一戸建て売却査定

一戸建て・土地売却査定を依頼する

プロがおすすめの

一戸建て・土地売却知っておきたい注意点・相場の調べ方

一戸建て[一軒家]の売却を検討中で、信頼できる不動産会社に査定を依頼したい方におすすめのサービスです。戸建て売却を扱う1,830社の不動産会社情報を比較し「信頼できそう」と思える会社に一括で売却査定を依頼できる無料サービスです。一戸建て[一軒家]を売りたい、相続の相談ならLIFULL HOME'Sの不動産売却サービスにおまかせください。初めての方でも一戸建て査定の流れが把握できる不動産売却の基礎知識や、相場や税金など売買や買取をしていただく上で必要なお金の話、住宅ローン滞納による競売が心配な方には任意売却という手段の紹介もしていますので、ポイントを事前にチェックしましょう。ユーザの体験談や口コミを見て、失敗しない売却や買い取りのシミュレーションしましょう。

一戸建て・土地売却の相談・一括査定依頼を始める(無料)

査定依頼する物件は、一戸建てですか?土地ですか?

不動産の種別が選択されていません

次に、不動産の所在地をお選びください

所在地が選択されていません

  • 郵便番号がわかる方はこちら

    該当する郵便番号が見つかりません

査定依頼の流れ

  1. 種別・所在地を選ぶ
  2. 情報と連絡先を入力
  3. 不動産会社を選ぶ
  4. 確認・依頼送信
  5. 即日〜3日以内に連絡がきます

プロおすすめのコツ売却までの流れを把握し、各ステップでのポイントを押さえておく

一戸建て・土地売却 査定の流れ

スムーズに一戸建て・土地売却を進めるためには、どのような流れで一戸建て・土地売却が行われるかを事前に知っておくことが大切です。不動産会社にお任せするだけでなく、自分でも基本の流れを確認しておきましょう。売り出すタイミングなどは不動産会社ではなく、ご自身が売主として意思決定をします。しっかりと自分の意見をまとめ、明確に意思を伝え我が家をより高く評価してもらいましょう。

査定を依頼する
一戸建て・土地の売却をするにあたり、まずは複数の不動産会社に査定を依頼してみましょう。
ここでのポイントは、必ず複数の不動産会社に対して査定を依頼すること。
不動産会社にはそれぞれ得意とする物件と苦手とする物件があるため、1社のみの査定では本当に妥当な価格なのか判断ができません。また、売却価格だけでなく、どんな売却活動をしてくれるのかも重要です。たとえば「複数店舗を展開している大手不動産会社」と「売却専門の不動産会社」など、個性の違う複数の不動産会社に依頼をして「価格」や「不動産会社の対応」を比較して会社を選ぶことをおすすめします。
不動産会社による調査・査定
一戸建て・土地の査定には大きくわけて次の2つの方法があります。
【机上査定】不動産会社が立地・築年数・床面積・構造・間取りなどの基本情報をもとに、査定額を算出する方法です。
【訪問査定】不動産会社が実際に現地の物件まで足を運び、目視で隅々まで確認した上で査定額を算出する方法です。
大切な資産ですので、損(赤字)を出して手元にお金が残らずマイナスになってしまうことにならないよう、少しでも高く売ることができるポイントが無いか(例えばリフォームをした箇所や、頻繁にクリーニング業者に掃除を依頼してきれいに保っているなど)を調査してもらい、査定価格を算出してもらいましょう。
媒介契約
査定の結果を踏まえて、募集を担当してもらう不動産会社を選んだら媒介契約を結びます。
この時、1社だけに任せたい場合は、「専任媒介契約」または「専属専任媒介契約」という契約の種類を選びます。反対に複数の不動産会社に重ねて依頼したい場合は、「一般媒介契約」で依頼するようにしましょう。
なお、査定金額と売却金額がイコールであるとは限りません。また、物件の状態や売却時期などによっては時間がかかる場合もあり得ます。申し込みの時は査定金額だけでなく、どのような売却活動をしてくれるのかも確認して不動産会社を選ぶことをおすすめします。
売却活動
いよいよ募集を開始すると、WEBなどで物件の広告が掲載されるのでこまめに確認しましょう。なお、専任媒介契約の場合は「2週間に1回以上」、専属専任媒介契約の場合は「1週間に1回以上」の報告が不動産会社側に義務付けられています。
問合せや引き合いの状況を見ながら、必要に応じて募集価格の変更を検討して臨機応変に対応していきます。値引きなどの値下げ交渉に関する問合せが入る可能性があるので、事前に業者の担当者に確認しどのような交渉をすべきか段取りを行ってください。
売買契約・引き渡し
買い手(購入希望者)が現れると不動産会社から「買付申込書」を受け取ります。その書面に、買付金額や契約条件の希望などが細かく書かれているので、「手付金」と「引渡し希望日」は必ずチェックすることが大切です。
条件が整い、売買契約を結んだら引き渡しとなります。売却時に意外と忘れがちなのが引越のこと。余裕を持って引き渡しができるよう、引っ越しの手配も早めに行っておきましょう。これで家売却は完了です。
住み替えの際は、売るタイミングが極めて大事です。事前にスケジュールの確認や新しい住まいの購入等準備をしっかりしておきましょう。また忘れてはいけないのが、売却後の確定申告です。売却による利益は、譲渡所得税がかかります。そのため、確定申告が必要になります。売却により損失が出た場合は、他の所得から控除することができるため、申告することで節税になります。

プロおすすめのコツ相場の価格を把握して、高すぎないか安すぎないかの目安にする

一戸建て・土地売却・買取の相場情報は?

一戸建て・土地の売却は金額が大きいだけに、慎重に、納得して売却できるようにと考える人が多いと思います。
「自分の一戸建て・土地の価格はいくら位が妥当なのだろうか?」その判断をする時に、まず参考にしたい情報として「周辺の一戸建て・土地がいくらで売っているか」という「売出し相場」の情報があります。

売り出し相場の情報は、「高く売る」と考えている方、「売れるか不安なので安い価格」と考えている方もいるため、目安として参考にするとよいでしょう。安心して取引を進めるためには、基準となる相場を知ることで価格が適正かどうか、市場の動向をみておくことで購入申し込み者がいそうかの判断がつきやすくなります。

不動産会社の話をしっかり理解して、交渉を進められるように自分で知識をもっていることは、一戸建て・土地売却を成功させるためのコツといえるでしょう。

一戸建て売買価格の相場情報(専有面積100m²の場合) [情報更新:毎月1日]

市区 平均価格 坪単価 市区 平均価格 坪単価
東京都世田谷区 6,654万円 220万円 神奈川県横浜市中区 4,138万円 137万円
千葉県船橋市 2,209万円 73万円 埼玉県さいたま市浦和区 2,771万円 92万円
大阪府大阪市住吉区 2,462万円 81万円 兵庫県神戸市垂水区 1,860万円 61万円
京都府京都市伏見区 1,616万円 53万円 北海道札幌市北区 1,647万円 54万円
愛知県名古屋市千種区 3,621万円 120万円 静岡県静岡市葵区 1,938万円 64万円
宮城県仙台市青葉区 2,031万円 67万円 新潟県新潟市西区 1,398万円 46万円
岡山県岡山市南区 1,500万円 50万円 広島県広島市安佐北区 1,176万円 39万円
福岡県福岡市早良区 3,266万円 108万円 熊本県熊本市北区 1,777万円 59万円
  • ※この情報は、過去3ヶ月の間に「LIFULL HOME'S」に掲載された物件の中から独自に集計した平均価格を表示しています。
  • ※不動産価格・査定価格を保証するものではありません。
  • ※階数、間取り、駅徒歩分等の個々の物件の条件により、相場情報に差異が生じることがあります

土地売買価格の相場情報(面積100m²の場合) [情報更新:毎月1日]

市区 平均価格 坪単価 市区 平均価格 坪単価
東京都世田谷区 7,468万円 246万円 神奈川県横浜市中区 3,145万円 104万円
千葉県船橋市 1,029万円 34万円 埼玉県さいたま市浦和区 4,669万円 154万円
大阪府大阪市住吉区 2,813万円 93万円 兵庫県神戸市垂水区 966万円 32万円
京都府京都市伏見区 1,267万円 42万円 北海道札幌市北区 590万円 20万円
愛知県名古屋市千種区 -万円 -万円 静岡県静岡市葵区 1,049万円 35万円
宮城県仙台市青葉区 667万円 22万円 新潟県新潟市西区 368万円 12万円
岡山県岡山市南区 538万円 18万円 広島県広島市安佐北区 61万円 2万円
福岡県福岡市早良区 1,377万円 46万円 熊本県熊本市北区 522万円 17万円
  • ※この情報は、過去3ヶ月の間に「LIFULL HOME'S」に掲載された物件の中から独自に集計した平均価格を表示しています。
  • ※不動産価格・査定価格を保証するものではありません。
  • ※駅徒歩分等の個々の物件の条件により、相場情報に差異が生じることがあります

売却価値や相場が分かる、便利な機能

取り急ぎ一戸建て・土地売買の目安となる参考価格を知りたい場合は、以下のような売買相場の目安を知ることができるサービスがあります。

一戸建てや土地の売却に際しては、各物件の築年数や広さ、状態など様々な条件を加味して総合的に価格が決まっていくものです。

相場情報を鵜呑みにするのではなく、実際に不動産会社に査定を依頼したほうが精度が高いのは確かです。一戸建て・土地の売却を検討している方は、複数の不動産会社に査定を依頼して、比較検討してみることをおすすめします。

プロおすすめのコツ売却にまつわる用語や素朴な疑問を解決しておく

初心者におすすめ 一戸建て・土地の売却 よくある質問

一戸建てを売却した後の「瑕疵担保責任」とは何ですか?

回答を表示 回答を非表示

家屋を買ったところが、シロアリがついていたというように、売買の目的物に隠れた瑕疵(通常では見つからない欠陥)があったとき、売主が買主に対して負う責任のことを、瑕疵担保責任といいます。
一戸建て住宅は、マンションとは違い建物自体の状況を管理会社が客観的に管理をしていませんので、売却後に思わぬ欠陥が発覚し買主とトラブルになるケースがあります。そのため、一戸建て住宅を売却する際には、事前に住宅診断を実施している不動産会社の無料相談などを利用して相談してみることをお勧めします。

築年数が古い場合、外壁や、室内のリフォームをした方がよいですか?

回答を表示 回答を非表示

状態にもよりますが、購入する方がご自身の好みでリフォームすることが一般的です。しかしながら、近年はリフォームを行ってから売り出すことを提案してくれる不動産会社もあります。老朽化・劣化箇所の修繕の必要性を含め、物件や状況に合った進め方を相談してください。

内覧時に気をつけることはありますか?

回答を表示 回答を非表示

出来るだけ印象を良くするためきれいなお部屋で迎えた方が良いです。なお、不動産会社に買い取ってもらう場合には、特に掃除をしなくて良い場合や、家具等残置物も撤去してもらえることもあります。

土地の所有権が共有名義の場合どのように売却するのが好ましいですか?

回答を表示 回答を非表示

共有の物件を一人で勝手に売ることはできません。共有者で話し合い、一緒に売却活動を行い、持ち分等に応じて配分するか、土地を文筆してそれぞれの単有名義にするのが一般的です。

土地に家屋・廃屋(古家)が存在するのですが、更地にしてから売る必要がありますか?

回答を表示 回答を非表示

家屋・廃屋(古家)が残っている場合、必ずしも更地にする必要はありません。買主との話し合いで、家屋があるまま現況で引き渡しする場合もあります。杭などが残っている場合も同様です。売り出す前に解体費用がいくらくらいかかるか見積もりを取ると良いかもしれません。

土地の正確な広さがわかりません。測量を査定の際にお願いすることはできますか?

回答を表示 回答を非表示

査定依頼時に正確な面積がわからないことを不動産会社に伝えてみてください。
謄本や測量図、建築確認書類等、役所や法務局等で取得できる書類は不動産会社が調べてくれます。それらの書類がない場合や、古い場合は測量の必要があります。
不動産会社は社内に測量士がいる場合を除き測量をすることはできないので、不動産会社に測量事務所等を紹介してもらうか、ご自身で依頼することで測量をしてもらうことができます。

土地を分割して(例えば半分)売ることはできますか?

回答を表示 回答を非表示

できますが、注意が必要です。宅建業法で、反復継続して不動産の売却を行うことは「業」とみなされ、宅建業の免許が必要です。個人が土地を複数区画に文筆してまとめて売却することは反復継続に当たる場合があり、宅建業法違反になることがあります。
自宅の庭先売買等であれば問題無く売れることもありますので、状況を詳しく不動産会社に説明し、相談することをおすすめします

土地は売れない(売りづらい)と聞いたのですが本当ですか?

回答を表示 回答を非表示

土地がすべて売りづらいということは全くありません。ただ、形状や向き、立地などでなかなか売れない土地も存在します。
その場合、売り出し価格を下げたり、不動産会社との契約を見直したり別の会社にも相談してみるなどで、状況が変わることもあります。

隣接地との境界が明確でない土地の売却はどうしたら良いでしょうか?

回答を表示 回答を非表示

土地を売却する際には、土地の境界線を確定させる必要があり、法務局から地図(公図)を取り寄せることで、境界標線の有無を確認できます。
境界標線が確認できない場合は、土地家屋調査士に依頼すれば、隣接地の所有者立ち会いのうえ、土地の測量・境界標線の確定をしてもらえます。

相続によって取得した土地を売却する際、どんな点に注意すべきでしょうか?

回答を表示 回答を非表示

相続した土地を売却する場合も、通常の土地売却と同じように譲渡所得に対して譲渡所得税が課税されます。また、相続財産が相続税の基礎控除を上回る場合は相続税が課税されます。
ただ、相続税申告期限の翌日から3年以内に相続不動産を売却した場合に限り、「相続税の取得費加算の特例」により相続税の一定額を取得費として加算できますので、相続した土地は3年以内に売却することをおすすめします。

どんな不動産会社を選んだらよいですか?

回答を表示 回答を非表示

大手の不動産会社は、抱えている多くの顧客の中から購入希望者を見つけやすかったり、積極的に広告を打つなど販売力の高さがメリットです。地場の不動産会社はその地域の不動産取引や土地の情報などを熟知しており、地域密着のネットワークで購入希望者を探せます。
大切な家を売るのですから「大手だから」「地元の会社だから」だけの基準で選ばず、どの会社が売却したい物件やご自身の状況に合うのかを見極めるために、複数の不動産会社に査定依頼をし、比較することが重要です。

土地の売却は個人間でもできますか?

回答を表示 回答を非表示

土地の売却は個人間でも可能ですが、不動産会社に仲介に入ってもらうのが一般的です。
個人間で土地を売却しようとする場合、契約書や重要事項説明書などを個人で作成する必要があるだけでなく、購入後に瑕疵が見つかったり、境界標線でトラブルになったりした場合のリスクを負うことになります。
できるだけトラブルを避けるためにも、プロである不動産会社に仲介を依頼する方が安心です。

高く売りたい!どうしたらいいですか?

回答を表示 回答を非表示

家具や小物等を設置して、より見栄えの良い空間を演出するホームステージングという方法があります。(主に空室の物件に実施されていますが、最近は住みながらの売却でもホームステージングをしてくれる会社もあります。)
別途費用がかかる場合もありますが、統計では早期の売却や高値での売却に効果があるとされています。興味のある方は不動産会社に聞いてみることをおすすめします。

プロおすすめのコツいつ、いくら必要かを押さえる

使うお金はいくらかかる?諸費用について

一戸建て・土地の売却はその価格が大きいため、必要な手数料なども高額になります。また、売却によって大きなお金が動くため、様々な税金がかかってきます。いつ、いくら必要になるのか、どのような税金がかかるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

一戸建て・土地売却時に必要な費用相場

一戸建て・土地売却時に必要な費用相場
一戸建て・土地を売却する場合は、決済までの間に様々な費用が必要となります。
特に仲介手数料を支払うタイミングについては、金額が大きいだけに事前に不動産会社に確認してトラブルのないようにしましょう。

一戸建て・土地売却にかかる税金

一戸建て・土地売却にかかる税金
一戸建て・土地を売却すると、譲渡税・印紙税・消費税などの税金がかかり、
年の途中で売却した場合は固定資産税の精算が発生します。事前に計算や確認をし、納税資金を別途準備しておくことが大切です。

プロおすすめのコツ状況によって異なるポイントを押さえる

失敗しないためのHOW TO シチュエーション別ポイント

相続した一戸建て・土地を売却するには

相続した一戸建て・土地を売却するには
相続によって取得した一戸建て・土地を売却する際には、通常の売却とは違い、いくつかの注意点があります。
まず相続の場合、「単独で相続する場合の相続不動産の売却」と「換価分割のための相続不動産の売却」の何れかによって進め方が異なります。また、住宅ローンの返済途中に相続が発生した場合には「団信」の有無、税金の軽減制度など確認しておく事柄があります。通常と違い注意することがあったり、相続人によって意見がわかれることもある相続一戸建て・土地の売却は慎重に検討していきましょう。

不動産売却にかかる税金

離婚の場合の一戸建て・土地売却ポイント
離婚をする際には、婚姻期間中に築きあげてきた財産を夫婦で平等に分ける必要があります。これを「財産分与」と言います。この際、マイホームとして一戸建て・土地を所有している場合も財産分与の対象となります。
住宅ローンが残っている状態での売却の場合、住宅ローン残高よりも売却相場が低い場合は注意が必要です。売買代金で足りない分は、自分たちで現金で支払わなければならないケースも考えられるため、離婚の財産分与によって一戸建て・土地を売却する場合は、本当に今売却することが得策なのかをよく検討するようにしましょう。

住宅ローンを滞納するとどうなるの?

住宅ローンが払えない!自宅を守るために知っておきたい任意売却
競売での売却は、売却価格が低くなってしまい、多額の借金だけが残ってしまいます。そこで、そうなる前に銀行側と相談して、一般市場においてできる限り高い金額で不動産を売却する方法が「任意売却」です。
任意売却で売却できれば、競売よりも高値で売れるため、ローンをより多く返済することができます。
ローンを滞納して、競売手続きにかけられる最悪の事態を迎える前に解決方法を確認してみましょう。

プロおすすめのコツ経験者の失敗から学ぶ

一戸建て・土地売却の体験談 売却経験者へインタビュー

こどもの成長で、住んでいた一戸建てを売却Sさん(45歳)

新築の家に住み替えようと考え、住んでいた一戸建てを売却しました。売却までかかった期間は約1年。そんなSさんの売却体験談です。

売却で悩んだところはどこですか?

「もとは両親が頑張って手に入れた土地と家屋です。事前に両親にも相談して承諾を得ました。結婚して地元を離れて暮らす妹も、“お兄さんの家なんだから、いいんじゃない?”と言ってくれました」

売却を任せる不動産会社については、Sさんは主にインターネットで情報を集め、まず、A社、B社、C社の3社に査定を依頼しました。数ある不動産会社の中から3社を選択したのは、いずれも大手だったからといいます。

もっとこうすればよかったと思うことは?

「買う人にとって、中古住宅は価格が安いのが魅力でしょう。でも、それに加えて、少しでも見栄えがいいほうが早く売れるのかなと思いました。近所の売り家でわが家より高額なのに早く売れた家は、全体的にキレイにリフォームしていた家が多かったみたいです。うちの場合は水回りのリフォームはやっていたけれど、それだけでは足りなかったのかもしれません。壁やリビングなど、もっといろんな部分のリフォームをしておけばよかったのかなというのが反省点です」

エリア 千葉県柏市 立地 最寄り駅から自転車で約20分
間取り・建物面積 木造2階建て・3LDK・約60m² 築年数 35年
居住年数 35年 売却年月 2014年4月
売出しから売却までにかかった期間 約1年

相続した家の管理ができないため売却Wさん(72歳)

独身だった兄が亡くなり、Wさん、姉、妹の3人で兄の家(一戸建て)を相続しましたが、姉、妹との間で相続トラブルもなく、円満に売却を進めることができました。Wさんの売却体験談です。

売却のきっかけは何ですか?

「空き家のまま放置しておくと、放火などの心配もあるし、荒れてしまいますよね。両隣の方からも、『お庭の手入れだけはよろしく頼みますね。雑草をのび放題にしておくと、害虫が増えてしまって大変なんです』と言われました。空き家にしておくとご近所迷惑になるうえ、私たち相続人には固定資産税もかかってきます。それに兄の遺産を相続することで、私たち3人には相続税が発生することになりそうだったのです。それこれ考えると、実家を売るのが一番いいという結論になったのです。姉と妹も賛成でした」

Wさんたちは地元に住んでいるわけではないので、庭の草刈りに通うことはたやすいことではなく、相続した兄弟で話合い、売却することを決めました。実家の建物は築年数が経過しているため、古家付きの土地として売り出すことになりました。

もっとこうすればよかったと思うことは?

「実家の売却を経験しての教訓なんですが、今のうちから不用品などの整理をしておかなければと思うようになりました。それまでは着なくなった服でも『いつかまた着るかもしれない』と、箪笥の奥に仕舞い込んでいましたが、取っておくのはやめました。サラリーマン時代に使っていた文具なども大事に持っていたんですが、この先、使うわけはないなと、思い切って捨てました。絶対に必要なもの以外、どんどん捨てるようにしています。僕に何かあったとき、妻や息子たちが大変ですからね」

ちなみにWさん夫婦は、夫婦のどちらかが体力的に衰えてしまったら、今の住まいである一戸建てを売り、バリアフリーの高齢者専用マンションに住み替えるというプランを描いているそうです。

エリア 東京都杉並区 立地 最寄り駅から徒歩10分
間取り・建物面積 モルタル2階建て・5DK・約25坪 築年数 約40年
居住年数 - 売却年月 2015年9月

一戸建て・土地売却の相談・一括査定依頼を始める(無料)

査定依頼する物件は、一戸建てですか?土地ですか?

不動産の種別が選択されていません

次に、不動産の所在地をお選びください

所在地が選択されていません

  • 郵便番号がわかる方はこちら

    該当する郵便番号が見つかりません

査定依頼の流れ

  1. 種別・所在地を選ぶ
  2. 情報と連絡先を入力
  3. 不動産会社を選ぶ
  4. 確認・依頼送信
  5. 即日〜3日以内に連絡がきます

当サービスは、ご本人またはご家族が所有する一戸建ての売却を希望する、個人のお客様向けサービスです

以下の査定依頼はお断りしています。恐れ入りますがご了承ください。
弁護士、不動産業者など、物件所有者以外からの査定依頼
競売物件の価格調査など、売却を目的としない査定依頼

※査定依頼物件が、依頼者の所有物件ではないと弊社が判断した際、依頼内容を削除する場合があることをあらかじめご了承ください

当サービス よくある質問

複数の会社からの電話営業が心配です。
当サービスは、連絡がほしい不動産会社を選んで査定依頼を送信していただきます。そのため、意図しない不動産会社からの連絡はありません。
どのような会社に依頼できますか?
サービス豊富な大手の不動産会社だけなく、地元の売却事情に詳しい地場の不動産会社など幅広いタイプの不動産会社を集め掲載しています。
お客様のニーズに合いそうな会社を選んで一戸建て売却の査定依頼をすることができます。即日〜3日以内に返事がきます。
一括査定依頼のメリットは何ですか?
査定額、査定書の内容、売却までのプラン、提案など不動産会社により違いがあります。また、担当者との相性も重要です。
一括で複数社に依頼して比較することで、ご自身に合った不動産会社を効率的に探せることがメリットです。
早く現金化したいのですが…
不動産会社の買取であれば、一戸建ての状態によりますが1か月以内で現金化も可能です。
ホームズなら買取可能な不動産会社も多数掲載しています。

不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S一戸建て一戸建て売却査定

一戸建ての売却を取り扱う不動産会社情報【1,830社】を掲載中。一戸建て[一軒家]売却査定を依頼するなら【HOME'S/ホームズ】会社の雰囲気を感じられる写真やコメント、サービスの特長や強み、お客様へのアドバイスなどで不動産会社を比較し「信頼できそう」と思える会社を選べます。売却がまだ具体的ではない方には、匿名で一戸建ての簡易査定が依頼できる方法も提供しています。仲介手数料などの諸費用や必要書類だけでなく、税金(所得税)や確定申告などの売却後に気になること、相続など一戸建て[一軒家]売却に関わる幅広い疑問や相談に応じられる不動産会社探しをサポートします。最近のはやりであるリノベ[リノベーション・リフォーム]をしてから売るのがオトクなのか?そのままの状態で売るのが良いのかなどしっかりと不動産屋が回答いたします。住宅ローン滞納などによる競売が心配な方には任意売却という手段を紹介。一戸建て[一軒家]の売却査定なら、不動産会社を比較して選べる情報満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】 監修者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)