不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S不動産売却査定

不動産売却査定を依頼する

全国の
参加社数
1,782
サービス利用者数(2018年7月現在)
476万人

住み替えで家を売却したい、相続した家・土地を売りたい、現金化したい...信頼できそうと思える会社に一括で売却査定を依頼できる無料サービス

大切なお住まいの売却だから、あなたにとって最高の会社を見つけてもらいたい
地域密着から大手まで、充実の全国1,782社の不動産会社情報を比べて選んで一括で査定依頼できます。

マンションや一戸建て[一軒家]などの家を売る、土地や倉庫・工場・投資用物件などLIFULL HOME'Sの不動産売却サービスにおまかせ!
初めての方でも不動産査定・不動産売却の流れが把握できる売却するための不動産基礎知識や、相場や税金のお金の話も掲載しています。

不動産売却の相談・一括査定依頼を始める(無料)

まずは、売りたい不動産の種別をお選びください

不動産の種別が選択されていません

次に、不動産の所在地をお選びください

所在地が選択されていません

  • 郵便番号がわかる方はこちら

    該当する郵便番号が見つかりません

査定依頼の流れ

  1. 種別・所在地を選ぶ
  2. 情報と連絡先を入力
  3. 不動産会社を選ぶ
  4. 確認・依頼送信
  5. 即日〜3日以内に連絡がきます

査定依頼が多いエリア当サービスを利用し査定依頼された市区を多い順にご紹介

[情報更新:2019年9月23日]

  1. 千葉県船橋市
  2. 東京都品川区
  3. 東京都世田谷区
  4. 大阪府枚方市
  5. 埼玉県川口市
  6. 千葉県松戸市
  7. 滋賀県大津市
  8. 和歌山県和歌山市
  9. 福岡県久留米市
  10. 東京都新宿区

日本最大級の不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S3

ポイント安心して査定依頼できますより正確な情報を提供

LIFULL HOME'S独自の掲載基準を設け、合致する不動産会社のみを掲載しています。「不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)」が定める情報公開の自主規制ルールに則ったサイトとしても評価されています。
また、情報の不具合があった場合は、 弊社規定に従い不動産会社に対しペナルティを課すなど業界の改善にも努めています。

ポイント安全にご利用いただけます個人情報の適正な取扱いを徹底

当サイトのご利用により、お客様の個人情報や物件情報が許可無く外部に公開されることは一切ありません。お客様から入力していただく個人情報はもちろん、その他全ての情報について厳重な情報セキュリティを確保しています。弊社は、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。

ポイント参加社数は全国1,782社!自分に合う会社を選べます不動産会社の特色や意気込みがわかる情報が豊富

物件情報の入力後、お客様の物件の査定を依頼できる不動産会社の詳細情報を一覧で見て選ぶことができます。

  • 社員画像、店舗内観、外観の写真

    会社の雰囲気を知ることができます。

  • アイコン表示

    資格所有者がいるか、どんな設備があるか、など会社の特長がわかります。

  • ココが強み!

    会社によって得意分野は様々。自分の状況に合った会社を選ぶ目安になります。

  • トピックス

    イベントや取扱いプランなど会社ごとのPR情報を確認できます。

  • ひとことアドバイス

    売却活動のポイントなど、不動産会社ならではのアドバイスが確認できるだけでなく、どんな人がいる会社なのかを知ることができる項目です。

査定を依頼できる主な不動産会社(全国1,782社から一部抜粋)

地域密着から大手不動産会社まで、住み替え・買取・実家の売却・売るか貸すか(賃貸運用)の相談など、お客様ニーズに合わせて信頼できる不動産会社をオンラインで探せます。

  • 朝日土地建物株式会社
  • 朝日リビング株式会社
  • イエステーション
  • ウスイホーム株式会社
  • オークラヤ住宅株式会社
  • 株式会社オープンハウス・ディベロップメント
  • 京王不動産株式会社
  • 株式会社ケーコーポレーション
  • 住友林業ホームサービス株式会社
  • センチュリー21
  • 相鉄不動産販売株式会社
  • 株式会社大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売株式会社
  • 株式会社土屋ホーム
  • 東海住宅株式会社
  • 東武不動産株式会社
  • 株式会社東宝ハウスホールディングス
  • ポラスグループ株式会社中央住宅
  • 三井住友トラスト不動産株式会社
  • 三菱UFJ不動産販売株式会社
  • 明和地所株式会社
  • 横浜スタイル 株式会社日京ホールディングス
  • リストサザビーズインターナショナルリアルティ
  • ロイヤルハウジンググループ
  • 遠州鉄道株式会社
  • 株式会社勝美住宅
  • 近鉄不動産株式会社
  • 三交不動産株式会社
  • 積和不動産中部株式会社
  • 株式会社東武住販
  • 日本住宅流通株式会社
  • ハウスドゥ!
  • 株式会社ビーバーハウス
  • 株式会社福屋不動産販売
  • 株式会社不動産SHOPナカジツ
  • 株式会社ミクニ

住み替え、買取など、不動産会社への査定依頼は、有料ではなく無料です。
【不動産査定が有料となる場合】たとえば裁判所や税務署等の公的機関に提出する書類が必要で、不動産鑑定士に査定書作成を依頼する場合です。

家や土地などの物件を売る前・不動産会社に依頼する前に...
知っておきたい注意点、メリット・デメリット・手続き方法をチェック

売却をお考えの方が、これからどんなことをしたら良いのかイメージが掴めるように、不動産売却・土地売却の大まかな流れやポイントなどをご紹介します。抵当権や評価額適正価格など聞きなれない言葉も多いため、言葉の意味を含めてしっかりとポイントをおさえておきましょう。

不動産売却の基礎知識

不動産売却の基礎知識 売却査定手続きの流れ、費用相場や注意点
不動産・土地はどのような方法で売却できるのか、
不動産会社との契約にはどのような種類があり、それぞれどのような特長があるのか、不動産会社を選ぶときに何を気にすべきかなど、売却するのに必要な不動産の基本知識について説明します。

不動産売却に失敗しないコツ・ポイント

意外とシンプル? 不動産売却に失敗しないコツ・ポイント
不動産の売却・土地の売却は売れるまでは様々な不安や悩みが付きもの。
しかし、ポイントに注意してコツを抑えて手続きを進めていけば、決して難しいことではありません。高く売るためのコツや、物件の種類別のポイントを解説します。

不動産売却に必要な書類と入手方法

慌てないために 不動産売却に必要な書類と入手方法
売却する際には、不動産・土地に関する様々な書類が必要となります。
基本的には不動産会社がアナウンスしてくれますが、自分自身が仕事などで忙しい場合は、役所などに行ける日が限られますので、あらかじめ余裕を持って準備しておくことをお勧めします。

不動産を売却するベストなタイミングとは?

有利な売却のために 不動産を売却するベストなタイミングとは?
不動産をより高く売るためにも、時期やタイミングは重要なポイントです。
一年の中で売りやすいタイミングはあるのか、不動産の所有期間や物件の築年数で違いは出るのかなど、不動産の「売り時」の目安や判断のポイントを解説します。

住宅ローンを滞納するとどうなるの?

住宅ローンを滞納するとどうなるの? 知って安心「任意売却」の相談をしよう
もし住宅ローンが払えなくなったらどうなるのでしょうか?競売で家を失う前に、「任意売却」という方法で解決できるかもしれません。まずは無料相談へ!

不動産売却・土地売却の流れ

まずは、LIFULL HOME'S複数の不動産会社に一括査定を依頼!

家を売りたい、土地を売却したい、売ろうかな、と考え始めたら、いくつかの不動産屋さんに査定を依頼をしてみましょう。

LIFULL HOME'Sの不動産査定は有料ではなく、無料でご利用いただけます。
【不動産査定が有料となる場合】たとえば裁判所や税務署等の公的機関に提出する書類が必要で、不動産鑑定士に査定書作成を依頼する場合です。

  • 種別・所在地を選択

    売却したい物件の所在地と物件の種別を選択してください。

    あなたの物件を査定可能な、不動産会社を探します。

  • 情報を入力

    物件の情報、お客様の情報を入力してください。

    大切にお手入れされてきたところや魅力をアピールできます。(任意)

    メッセージと写真を添えることができます。多くの情報を伝えると、不動産会社からの査定金額だけでなく対応に差が出るので、さらに各社の特長が見えてきます。

  • 不動産会社を選び、査定を依頼

    各社の情報を見比べて気になる会社を選び、依頼を送信。

    豊富な情報で不動産会社を比較し、選ぶことができます。

    会社の雰囲気を感じられる写真やコメント、各社サービスの特長や強み(例:買取制度や買取保証制度がある、瑕疵保証制度がある)、お客様へのアドバイスなど、複数の項目で比較できます。LIFULL HOME'Sでは、独自の安全基準で審査をした不動産会社のみを掲載しています。

  • 不動産会社から連絡

    通常、3営業日以内に査定を依頼した不動産会社から、メールまたは電話で連絡が入ります。

    満足できる売却には、担当者との相性も大切。連絡が来た不動産会社と直接のやりとりで、「あなたに合う不動産屋さん」を見つけてください。

不動産業者の営業担当から連絡が来たら、直接やりとりが始まります。

  1. 調査・査定・お見積り

    依頼した不動産会社が、実際に物件や周辺環境を調査して査定価格を算出し、お客様に連絡が来ます。
    不動産査定には大きく分けて「机上査定」と「訪問査定」という2つの方法があります。査定を依頼した不動産会社から連絡が来たら、ご自身の都合や依頼物件の状況などから、どの方法で査定金額を算出してもらうかをまず相談すると良いでしょう。

  2. 媒介契約

    査定価格、査定書の内容(枚数や表示項目など、不動産会社ごとに違いが出るものです)、担当者やその会社が信頼できそうか、などで不動産会社を比較し、売却活動をお願いする会社を選び、売主として媒介契約を結びます。

  3. 売却活動

    媒介契約を結んだ不動産会社が、購入希望者を募るため、Webサイトやチラシなどの媒体を利用し、売却活動をします。

  4. 売買契約・引渡し

    買い手(買主)が決まったら条件を調整します。売主、買主の双方が合意したら契約書を作成し、売買契約を交わします。

ランキング形式で見る!不動産売却経験者が、売却検討時に収集した情報

過去2年以内に不動産を売却をした人と、1年以内に売却を検討している人1,108人に、不動産を売却するにあたりどのような情報を収集したかを聞きました。「不動産の売却」や「土地の売却」は、多くの方があまり経験していないにも関わらず高額の取引となります。そこで発生する様々な不安・疑問を解消するために、広く情報を収集した方が多いようです。

1 売却金額の相場などの価格情報 42.3%
2 売却までに必要な手続き・手順に関する情報 30.5%
3 売却時にかかる税金などの費用情報 29.2%
4 仲介手数料などに関する情報 27.1%
5 信頼できる不動産会社に関する情報 25.1%

調査方法:インターネット調査(複数選択可) 調査期間:2017年9月15~19日

不動産売却 よくある質問

不動産売却は初めてです。不動産査定とは?

不動産を売却するとき、最初に不動産会社が行うのが、不動産の査定です。
不動産の査定は、同じエリアで似た物件の売買実績や周辺の価値変動の予想などを組み合わせ、だいたいこのくらいの価格で買手が見つかるだろうという価格で算出されたものです。

査定の方法

不動産の住所や面積、築年数だけでだいたいの価格を算出する机上査定、不動産を実際に見て売り出しする価格を算出する訪問査定と2種類あります。

査定価格を算出する方法

不動産の査定価格を算出する方法は、主に3つあります。

収益還元法 不動産が生み出す利益からその不動産の価値を算出する方法です。
具体的には、不動産から得られる利益を利回りで割って現在価値の総和を求めます。
原価法 不動産の再調達原価をもとに対象不動産の試算価格を求める方法です。
この手法では、価格時点において、新しく建築(建物)または造成(土地)を行って再調達する場合の原価を求め、これに減価修正を行って試算価格を求めます。
取引事例比較法 取引事例情報を元に対象不動産の試算価格を求める方法です。
この手法では、多数の取引事例を収集して適切な事例を選び、取引の特殊事情や時期の修正を行い、取引事例の個別的要因を標準補正し、さらに地域格差などを比較して価格を求めます。

どの方法が査定価格の算出方法として正しい、という決まりはなく、物件種別や状況などを考慮し各不動産会社が最適と考える方法で算出します。価格を比較する際には、それぞれどのような方法で算出された金額なのかも確認してみると良いでしょう。

売却の方法

車やピアノなどを売却する時とは違い不動産を売却する時は、不動産会社に仲介してもらい買手を探してもらう方法と、不動産会社が不動産を買い取る方法があります。

仲介してもらい買手を探す場合、実際に売りに出してみないとわからないことも多く、需要が高いと高い値段で売れることがありますが、需要があまり無いと査定より安い価格で売ることになることもあります。また、買手が見つかるまでどのくらい期間がかかるのかわからないため、時間がかかってもいいから高く売りたい方に向いています。

不動産会社が不動産を買い取る場合、必ず売れる保証があるものの、比較的安い価格になります。そのため、早く現金化したい方に向いています。

不動産を売却する時に必要な書類は?

不動産の売却に当たっては、各ステップで必要となる書類があります。

基本的には不動産会社が案内してくれますが、自分自身が仕事などで忙しい場合は、役所などに行ける日が限られますので、あらかじめ余裕を持って準備しておくことをおすすめします。

売りに出す時に必要な書類[◯]必須書類 / [△]任意・条件に当てはまる場合必要書類

書類 用途 入手 マンション 一戸建て 土地
購入時のパンフレット 募集広告作成のため 管理会社など -
住宅ローンの償還表 売却価格を決めるときの目安にするため 金融機関

売買契約締結時に必要な書類[◯]必須書類 / [△]任意・条件に当てはまる場合必要書類

書類 用途 入手 マンション 一戸建て 土地
印鑑証明書 所有権移転登記の際の添付書類 市役所など
住民票 登記上の住所と実際の住所が異なっている場合 市役所など
登記済権利書(登記識別情報) 渡すのは決済時 -
固定資産税納税通知書 固定資産税を精算するため 税務署
建築確認済証、検査済証 買主が銀行から融資を受けやすくするため 市役所の建築課など -
管理規約、議事録、長期修繕計画書 買主へスムーズに引き継ぐため 管理会社 - -

売買決済時に必要な書類[◯]必須書類 / [△]任意・条件に当てはまる場合必要書類

書類 用途 入手 マンション 一戸建て 土地
固定資産税評価証明書 所有権の移転登記をする際必要 都税事務所や県税事務所
登記関連の書類 委任状、登記原因証明情報、代理権授与証明書 司法書士
どんな方角や立地の物件が好まれますか?

方角では南向き、次に東向きが好まれます。また、敷地が2方向の道路に接している角地の一戸建てや、角部屋のマンション(いずれの階数でも)は人気が高く、南東の角地(南東の角部屋)が最も高評価といえます。

立地は、特に都市部ほど駅からの距離が近いことが重視される傾向があり、一般的には徒歩10分を超えるかどうかが目安です。さらに、最寄り駅が特急などが停まる主要駅、複数路線の乗り入れあり、複数の駅が利用が可能、なども高評価ポイントとなります。

生活に欠かせない商業施設や公共施設が徒歩圏内にある、治安が良く騒がしくない地域である、などの環境の充実度も評価が高まります。ただ、購入時に重視するポイントは人によりさまざまです。方角や立地のみで査定価格が決まるわけではないので、複数の会社に査定を依頼してみましょう。

リフォームの必要はありますか?

物件の築年数や状態にもよりますが、購入した方が壁紙を張り替えるなどご自身の好みでリフォームすることが一般的です。

しかしながら、近年はリフォームを行ってから売り出すことを提案してくれる不動産会社もあります。老朽化・劣化箇所の修繕の必要性を含め、物件や状況に合った進め方を相談してください。

査定の前にハウスクリーニングをした方が良いですか?

査定の前に特別な掃除をする必要はありませんが、お部屋に入ることが困難なほど汚れていたりする場合は、詳細な査定ができない場合もあります。また、実際に売り出す場合には購入を検討するお客様がお部屋を見に来ますので、出来るだけ印象を良くするためきれいなお部屋で迎えた方が良いです。

なお、不動産会社に買い取ってもらう場合には、特に掃除をしなくて良い場合や、家具等残置物も撤去してもらえることもあります。

売った方がよいのか、貸した方がよいのかどちらが得ですか?

売った場合と賃した場合のメリットとデメリットを総合的によく考慮するが大切です。

例えば、自宅を売却する場合すぐ現金化できますが、売却益が出た時に譲渡税がかかります。自宅を賃貸物件として貸し出した場合は、初期設備投資や賃貸経営のノウハウが必要になってきます。

比較的時間のあるライフスタイルの人なら賃貸経営についての時間に余裕がもてるかもしれませんし、忙しい人であれば売却してしまったほうが、面倒がないかもしれません。家を売却することも賃貸にすることはいずれも「不動産活用」です。端的な利益の計算だけではなく、将来設計を考慮してその活用方法を決めることが大切です。

不動産・土地の売却価格や相場がわかる便利な機能

家を売るために不動産会社に査定を依頼するにあたり、あらかじめ売却価格の相場観をある程度持っていると安心です。
LIFULL HOME'Sが提供する、不動産の参考価格を確認できるいくつかの機能をご紹介します。

見える!不動産価値では、価格推移や価格指数・価格上昇率の高い市区町村別にランキング形式で掲載しています。(東京神奈川埼玉千葉

マンションの参考価格を調べることができます

プライスマップ

マンションの参考価格を簡単操作で算出、地図上で確認できます。

販売価格の相場を調べることができます

価格相場(マンション・一戸建て・土地)

物件の面積や築年数を組み合わせて、沿線・駅、市区ごとに物件販売価格の相場情報を調べることができます。

諸費用について・税金や費用相場などお金に関すること

不動産の売却・土地の売却はその価格が大きいため、必要な手数料なども高額になります。また、売却によって大きなお金が動くため、様々な税金がかかってきます。いつ、いくら必要になるのか、どのような税金がかかるのか、あらかじめ確認しておきましょう。借り入れがある場合や賃貸として貸し出している(貸主)場合やオフィスを経営している方も同様に費用がかかるため、必ずチェックを行ってください。

不動産売却時に必要な費用相場

不動産売却時に必要な費用相場
不動産を売却する場合は、決済までの間に様々な費用が必要となります。
特に仲介手数料を支払うタイミングについては、金額が大きいだけに事前に不動産会社に確認してトラブルのないようにしましょう。

不動産売却にかかる税金と対策

不動産売却にかかる税金と対策
不動産を売却すると、譲渡税・印紙税・消費税などの税金がかかり、年の途中で売却した場合は固定資産税の精算が発生します。事前に計算や確認をし、納税資金を別途準備しておくことが大切です。マイホームの場合、特例の適用要件があり不動産売却税金対策(節税)ができる可能性があるため、事前にチェックしておきましょう。

不動産売却の相談・一括査定依頼を始める(無料)

まずは、売りたい不動産の種別をお選びください

不動産の種別が選択されていません

次に、不動産の所在地をお選びください

所在地が選択されていません

  • 郵便番号がわかる方はこちら

    該当する郵便番号が見つかりません

査定依頼の流れ

  1. 種別・所在地を選ぶ
  2. 情報と連絡先を入力
  3. 不動産会社を選ぶ
  4. 確認・依頼送信
  5. 即日〜3日以内に連絡がきます

当サービスは、ご本人またはご家族が所有する不動産の売却を希望する、個人のお客様向けサービスです

以下の査定依頼はお断りしています。恐れ入りますがご了承ください。
弁護士、不動産業者など、物件所有者以外からの査定依頼
競売物件の価格調査など、売却を目的としない査定依頼

※査定依頼物件が、依頼者の所有物件ではないと弊社が判断した際、依頼内容を削除する場合があることをあらかじめご了承ください

当サービス よくある質問

査定依頼は無料ですか?
はい、無料です。不動産の査定依頼を何社に出しても無料でご利用いただけます。
複数の会社からの電話営業が心配です。
当サービスは、連絡がほしい不動産会社を選んで査定依頼を送信していただきます。そのため、意図しない不動産会社からの連絡はありません。
どのような会社に依頼できますか?
サービス豊富な大手の不動産会社だけなく、地元の売却事情に詳しい地場の不動産会社など幅広いタイプの不動産会社を集め掲載しています。
お客様のニーズに合いそうな会社を選んで不動産売却の査定依頼をすることができます。即日〜3日以内に返事がきます。
一括査定依頼のメリットは何ですか?
査定額、査定書の内容、売却までのプラン、提案など不動産会社により違いがあります。また、担当者との相性も重要です。
一括で複数社に依頼して比較することで、ご自身に合った不動産会社を効率的に探せることがメリットです。

1,782社の不動産会社情報が掲載中。マンション/一戸建てなどの家を売る、土地/倉庫・工場/投資用物件などの不動産を売りたいなら、HOME'Sの不動産売却査定サービス。不動産会社を比較し、住み替えでも買取でも、「信頼できそう」と思える会社をお選びください。売却がまだ具体的ではない方には、匿名で簡易査定が依頼できる方法も提供しています。仲介手数料などの諸費用や必要書類だけでなく、税金(所得税)や確定申告などの売却後に気になることも、不動産売却に関わる幅広い疑問や相談に応じられる不動産会社探しをサポートします。家を売るなら【HOME'S/ホームズ】 監修者:山田 貴士(株式会社LIFULL 取締役執行役員)