【リノベ暮らしな人々】Vol.66 和と洋、ナチュラルとクールが融合した住まい
クールな雰囲気が好きなご主人様と、ナチュラルな雰囲気が好きな奥様。二人の好みが合わさってN様ご家族ならではの空間ができました。限られたスペースの中に「したい」がスマートにつまった、N様邸を紹介します。

住まい探しのきっかけ


実家があることと、予算面から考えて新築よりも中古マンションを考えていたNさん。上の子どもが小学校に入る前に購入しようと思っていました。近所にある「工房住空間」に相談したところオープンルームの案内があり、見に行きました。そこでリノベーションの良さに感激し、そのオーナーの生の感想を聞いたこと、また、オーナーからの勧めがあり「工房住空間」にリノベーションを依頼することにしました。

住まいの探し方


物件探しから工房住空間へ依頼しました。いっしょに物件を見てもらい、湿気・風通しなど素人ではわかりにくい部分に太鼓判を押してもらったので、安心して決めることができました。

リノベ暮らしのこだわりポイント

●自然素材を使った心地良いリビング

【リノベ暮らしな人々】Vol.66 和と洋、ナチュラルとクールが融合した住まい


リビングの床は幅広のオーク無垢材、壁と天井はドイツ製紙クロスに、自然原材料でつくった同じくドイツ製のホワイトペンキを塗装しています。そのおかげでナチュラルで明るい雰囲気のリビングができあがり、ご家族の一番のお気に入りの空間になりました。床はしっかり防音したかったので、乾式遮音二重床を採用しました。

【リノベ暮らしな人々】Vol.66 和と洋、ナチュラルとクールが融合した住まい

淡いブルーが"北欧風"のリビング扉。
暗かった廊下に光を届けます


【リノベ暮らしな人々】Vol.66 和と洋、ナチュラルとクールが融合した住まい

マグネット塗装した壁は
お子様の楽い遊び場に


●"したい"がもれなく詰まった和室とフリールーム
【リノベ暮らしな人々】Vol.66 和と洋、ナチュラルとクールが融合した住まい
"畳の色はダークブラウンでクールに!"というご主人と、"ナチュラルなベージュで!"という奥様。おふたりの意見が融合した市松模様の畳で、インパクトのある和空間になりました。

【リノベ暮らしな人々】Vol.66 和と洋、ナチュラルとクールが融合した住まい

廊下と和室の間の壁に窓を設け、光と風を廊下から玄関へ届けます。
畳の「和」とピアノの「洋」がうまく融合した空間は、色づかいの工夫がなせる技です

【リノベ暮らしな人々】Vol.66 和と洋、ナチュラルとクールが融合した住まい

デスクと収納を設けたフリールームは、
通常は下地につかう合板張りにし、ゾーンを分けています

写真・間取りで見るビフォーアフター

【BEFORE】

【リノベ暮らしな人々】Vol.66 和と洋、ナチュラルとクールが融合した住まい

【AFTER】

【リノベ暮らしな人々】Vol.66 和と洋、ナチュラルとクールが融合した住まい

リノベ暮らしInfo

■家族構成: 夫婦+子ども
■専有面積: 65.7m2
■建物築年: 1997年
■リノベーション費用: 350万円(税込)
■リノベーション会社: 工房住空間建築デザイン株式会社

■取材後記

引越し前は奥様とお子様がアレルギーの症状に悩まされていたそうですが、「この家に引越してからは健康で快適に過ごしています」とのこと。価格を抑えながらも、希望を最大限実現できるよう創意工夫と努力をした結果、家族が集う快適空間ができあがり、家族みんなの健康と笑顔を呼ぶ住まいになりました


newlogo.png

9d3cde26e63d8b8930a6a227d570cd863aca36dd.bmp

HOME'Sリノベーション