【リノベ暮らしな人々】Vol.62 限られた広さで実現する、家族のとっておきの家

住まい探しのきっかけ

築20年の中古住宅を購入したTご家族。1階と2階合わせて、約66平米という限られた空間を家族4人で広々と快適に暮らせるようリノベーションしたいという希望を持っていました。

住まいの探し方

住み慣れた町の近くで中古+リノベーションを考えていたTさん。ご自身で物件を探しはじめたところ、ちょうど希望にあった物件に出合ったそうです。
Tさんは子どものころは団地暮らし、それからもアパートやマンションでしか暮らしたことがなかったため、物件購入は一戸建てにこだわりました。

【リノベ暮らしな人々】リノベーション

リノベ暮らしのこだわりポイント

「子どもの様子を見守りながら、家族の時間を大切にできる家にしたい」という暮らしのイメージをしっかりと持っていたTさん。そこで、家族が一緒にすごすLDKは1階から日当たりのいい2階に移動しました。天井高を利用したロフトや畳コーナーをきっちと仕切らず、2階全体が一つにつながる開放的な空間になりました。【リノベ暮らしな人々】リノベーション
【リノベ暮らしな人々】リノベーション

キッチンとLDKは日当たりのいい2階に。
部屋をきちっと仕切らないことで、開放的な空間になりました


水まわりや収納の動線を機能的にまとめたり、バルコニーの手摺りの位置を外側にしたりと工夫の積み重ねで、限られた空間がより広く使えるようになりました。コンパクトながら豊かに暮らせる子育て世代のお手本のようなリノベーションが実現できました。
心配だった耐震補強もしっかり行い、外装も一新。家族が仲良く安心して暮らせる住まいへと生まれ変わりました。

【リノベ暮らしな人々】リノベーション


【リノベ暮らしな人々】リノベーション

コンパクトで機能的にまとめたキッチン。
上下に分けた棚を有効活用することで、収納力を確保しました


【リノベ暮らしな人々】リノベーション

1階は広い子ども部屋。
2人のお子様が成長してそれぞれの部屋が必要になったら、空間を仕切って2部屋にできます

【リノベ暮らしな人々】リノベーション


【リノベ暮らしな人々】リノベーション

ロフトへは、子どもが上り下りしやすいように、はしごではなく階段に。
収納スペースとして、本などをしまっています

【リノベ暮らしな人々】リノベーション

畳は、お子様を寝かしつけるのにとても便利だそう。
ママ友からも「畳があるっていいよね」を言われるそうです

【リノベ暮らしな人々】リノベーション

住まいのほとんどの建具はもともと使っていたものを再利用して、
リノベーション費用を抑えています

【リノベ暮らしな人々】リノベーション

リビングに入る扉は、
奥さまの希望でタモ材とチェッカーガラスを組み合わせて、白く塗装

間取りで見るビフォーアフター

【BEFORE】


【リノベ暮らしな人々】リノベーション


【AFTER】

【リノベ暮らしな人々】リノベーション

リノベ暮らしInfo

■家族構成: 夫婦+子ども2人
■専有面積: 66m2
■建物築年: 1994年
■リノベーション費用: 1,330万円
■リノベーション会社: 株式会社スタイル工房

■取材後記

T様ご家族とは、購入の検討段階から一緒に物件を見に行って、プラン提案をしてきました。元々は1階にLDKがあったのですが、2階の方が日当たりが良いので、逆転のプランを提案。2階全体が一つにつながる開放的な空間にしました。1階には広々とした子ども部屋と水まわりスペースを集約させて、機能的な間取りにこだわりました。


【リノベ暮らしな人々】コンテンツ協力
コンテンツ協力:リノベーション住宅推進協議会

HOME'Sリノベーション