【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション
家族が寛げる広いLDKのある住まいが希望だったKさんご夫婦。しかし駅近の新築物件では予算と折り合わず、割安な中古マンションのリノベーションへ方向転換することに。「やっぱり新築!」のこだわりを捨て、限られた予算内で自分好みの広さとデザインを実現したKさんご夫婦に、話を聞きました。

住まい探しのきっかけ

「住んでいた賃貸マンションがそろそろ手狭になったなあと感じていたんです。」とご主人。趣味のスキーやスノーボードの道具も増えてきて、すっきりと暮らせる広いところに引越したいなと夫婦で会話をするようになった頃、なんと奥様がご懐妊! 家族も増えるし、これからの子育ても考えなくてはと、住まい探しをはじめることになりました。【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション

住まいの探し方

ネットや雑誌で、物件探しとリノベーションをお願いする会社を探し始めたKさん。「調べるうちに別々に頼まなくても物件探しから施工まで一社で引き受けるところがあると知りました。そのうちのひとつがクロニクルリフォームさんでした」
リノベーションのデザインや自然素材をたくさん使っているところも気に入り、早速問い合わせ。「妻の体調や出産予定日を考えると、ゆっくり時間をかけることはできなかったので物件探しと施工を一緒にすすめてくれるリノベーション会社に出会えたのは本当に助かりましたね」理想のリノベーションをイメージしながら中古物件を探すことで、時間だけでなくリノベーション費用も効率的におさえることに成功したというKさんご夫婦。希望のエリアに駅近で、しかも100m2のマンション購入に成功しました。●自然素材で赤ちゃんにもやさしい住まい 【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション
夫婦揃ってアレルギー体質なので、生まれてくる子どものために安全な環境を用意してあげたかったというKさん。おうちのなかで一番長くいるであろうリビングには珪藻土の塗り壁を取り入れました。「自然な調湿効果のおかげなのか、常に気持ちいい空気に満たされているような気がします」と笑顔の奥様。
●家族が寛げる「アジアンリゾート」なリビング 【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション
スケルトンリノベーションを施し、間仕切りをなくすことで、ご夫婦念願の広いLDKが誕生しました。「家族が寛げるリゾート風にしてほしいと要望を伝えたところ、天然無垢材を使ったニッチや化粧梁を提案してくれて、それがいいアクセントになって気に入っています」とご主人。ところどころに飾られたアジアン雑貨との相性もぴったり。壁一面に白いブリックタイルを貼り、ホテルライクな雰囲気も醸し出し、モダンなリゾートテイストに仕上がっています。

【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション

●奥様こだわりのシステムキッチン 【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション
使い勝手を最重視して選んだというキッチン。「シンクの位置と、収納がとにかく豊富な点が気に入りました。家族の様子を見ながら家事ができるのもすごく嬉しい」と奥様。ペンダントライトは以前から使用していたお気に入りの照明。●色と光を上手に取り入れたスタイリッシュな和室【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション
予算内におさめるため、和室は既存の部材を活かしながらモダンなデザインに刷新しました。縁のない琉球畳に、シックな色合いの襖で落ち着いた統一感のある仕上がりに。個性的な和照明が映し出すシルエットも加味され、雰囲気のあるお部屋に。●天然木で大人っぽい温もりのあるパウダールームを

【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション

住まい全体のデザインにあわせてパウダールームにも天然無垢材を随所に取り入れています。たとえば天井や壁。造作した飾り棚にも種類のことなる天然木を使うことでアートな大人っぽい仕上がりになっています。●エントランスはちょっとしたギャラリー空間【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション
お客様を出迎える玄関部分は、開放感と清潔感を考えた造りにしています。壁一面にあった古い玄関収納を減築してできた空間に、リビングと同じブリックタイルを貼ってギャラリー的な趣を演出。

リノベーションのポイント

最後に、リノベーション成功のポイントをKさんご夫婦に聞きました。
「漠然とした要望でもどんどん伝えることが大切だなって思いました。そんな要望にも丁寧に向き合ってくれるか、アイデアをどんどん積極的に出してくれるかどうか、それがよいリノベーション会社さんを見極めるヒントになる気がします。私たちも、ずいぶんあれこれと要望を出しましたが、本当に必要なものとそうでないものを担当の方が整理してくれたので予算内で期待以上の住まいにすることができました。たとえば寝室にはベッドを置く。だからフローリングは目立たない。じゃあ、張替えしないで既存のままにしたら? とか」
意見を出す側、受け取る側のコミュニケーションがリノベーション成功の極意のようです。

【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション

間取り図で見るビフォーアフター

元々広めの4LDKだったお部屋の間仕切りを大胆に取払い、広々とした3LDKに変更。大型のアイランドキッチンを置いてもまだまだ余裕。家族の団欒が感じられる寛ぎの住まいになりました。

【BEFORE】【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション
【AFTER】【リノベ暮らしな人々】Vol.49 子育ての思い出を刻む 天然素材のリノベーション

リノベ暮らしInfo

■家族構成: ご夫婦+娘ひとり(0歳)
■専有面積: 100m2
■既存建物竣工年: 1998年
■リノベーション費用: 675万円
■リノベーション会社: クロニクルリフォーム(プロポライフ)

■取材後記

「マンションで100m2ってこんなに広いの~」と、驚かせてくれる住まい。間取り変更や可動式の照明、アクセントパネルの使い方などで、開放感ある見せ方の配慮があちこちに。その広い空間に天然無垢材や珪藻土などの自然素材が素敵にマッチしていて温もりのある雰囲気に仕上がっていたのがとっても印象的でした。

コンテンツ協力:クロニクルリフォーム(株式会社プロポライフ)コンテンツ協力:リノベーション住宅推進協議会

HOME'Sリノベーション