【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~
奥様はもともとレコード会社で働いていた音楽好き。他にも読書や料理、旅行や海外ドラマなど、多趣味なY様ご夫婦。二人とも忙しい毎日なので、家ではゆっくりとリラックスができて、趣味も楽しめる空間にしたいということで、中古の戸建てを購入してリノベーションすることにしました。
大満足のリノベーションを終え、今はこだわりの空間で、日々の暮らしを楽しみながら丁寧に暮らしていらっしゃいます。

住まい探しのきっかけ

奥さま:主人のために安らげる空間が欲しいと思い、最初は新築も含めて検討していました。新築ならログハウスも良いな...とか理想はありましたが、新築でこだわってしまうと、安らぐための家なのにローンがストレスになってしまうんじゃないかと思ったんです。リノベーションなら空間自体に予算を掛けられることや、戸建てを希望していたので立地の選択肢が増えること、またエコな考え方にも共感し魅力を感じていました。【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~

住まいの探し方

そんな時にアネストワンさんのホームページを見つけ、自分の理想はこれだ! とピンときて相談に行きました。その後、わりとすぐに良い物件が見つかり、実際に見に行ったところ、立地・築年数・広さ、緑豊かな自然に囲まれた環境などが夫婦2人とも気に入りました。
【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~
ただ、私たちだけで決めるのは不安があり、アネストワンのアドバイザーの方に同行をお願いしました。中古物件の耐震性や耐久性については少し不安もありましたが、軽量鉄骨造で造りがしっかりしていることで安心できました。良い物件はすぐに判断しないと先を越されてしまうことがあるので、アドバイザーさんに背中を押していただいて良かったです。

【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~

リノベ暮らしのこだわりポイント

旅行が好きなのですが職業柄連休が取りづらいため、休日は家にいることが多いんです。なので旅行に行けない分、家にこだわりを詰め込んでリラックスできる空間にしたいと思いました。人を招待しやすい開放感のある空間と、大きなテーブルが欲しいと希望しました。リノベーションのテーマにした『commune=親交・交流』もそこからきています。空間のイメージは男女ともに居心地が良くなるように可愛くなりすぎないラフなデザインに、そして、出来るだけ自然素材を使いたいと思っていました。【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~
キッチンには特にこだわりました。食器が好きなのですが、見えない場所にしまうと忘れてしまって増えるばかりなので、見渡しやすく管理しやすい食器棚をつくって欲しいと希望しました。キッチン下の収納もオープンにしたいと相談したところ、スチール容器やリンゴの木箱を利用した引き出しを提案していただいて、それがすごく良いアイデアで気に入りましたね。またパントリーはスペース的に難しかったのですが、設計担当の方にアイデアを出していただき、勝手口に繋がるパントリーをつくっていただきました。小さいけれど、これがすごく役に立っています。
【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~
【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~

リノベーション後、
毎日の暮らしが楽しくなった

リノベーション後の暮らしは素晴らしいです! 家でまったりできますし、漆喰の壁も空気がきれいな気がして気持ちが良いです。見た目だけでなく機能的にもしっかり考えられているなと、実際に生活してみてあらためて実感しました。休みの日に一日中家にいても全く苦でなく、ソファで寛ぎながら本を読んだり海外ドラマを見たりと、家でのんびりしている時間が幸せです。今後は庭にも手を入れていきたいですし、バーベキューをしたり、主人も料理に誘って一緒に楽しめたらいいなと思っています。私たちにとって、家とは明日の活力を生み出す場所。素晴らしい空間をつくっていただきました。リノベーションして本当に良かったと思っています。皆さんにもぜひおすすめしたいですね(笑)。【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~
【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~

将来、犬を飼いたいY様ご夫妻、犬を洗えるような大きなシンクにこだわりました。
シンクは、ラフなデザインに惹かれた"実験用"シンクを採用しています

【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~

玄関は、入った時の印象を明るくするために木材と白で統一。
階段の手すりはアイアンで作ったオリジナル。シンプルなデザインで、空間をすっきりと見せてくれます

写真で見るビフォーアフター

【BEFORE】
【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~
【AFTER】
【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~
【BEFORE】
【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~
【AFTER】
【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~

間取り図で見るビフォーアフター

【リノベ暮らしな人々】Vol.47 commune~毎日を丁寧に紡いでいく住まい~

リノベ暮らしInfo

■家族構成: ご夫婦2人
■延床面積: 125.67m2
■施工面積: 67m2
■既存建物竣工年: 1997年
■リノベーション設計・施工: 株式会社アネストワン
■リノベーション竣工年: 2013年

■取材後記

センスの良い家具や雑貨に囲まれたY様邸。インテリアのポイントを伺ったところ、空間に馴染むか、本当に好きか、飽きずに長く使えるかを考えて選んでいるとのこと。
以前は、早く手に入る安いものを優先的に選んでしまうこともあったそうですが、この家に暮らし始めてからは妥協しなくなったと嬉しそうにお答えいただきました。本物の素材にこだわり、愛着のわくモノや空間に囲まれた暮らしは、これから10年先、20年先も経年とともに味わい深くなって、より一層素敵な空間になっていくことでしょう。

コンテンツ協力:株式会社アネストワンコンテンツ協力:リノベーション住宅推進協議会

HOME'Sリノベーション