【リノベ暮らしな人々】Vol.45 【ユカMANIA】nu(エヌ・ユー)リノベーション
とにかくインテリア好きのご主人が、コレクションしているインテリアのためにつくった住まい。自慢のコレクションをどう魅せるか、リビングを中心にアイディアが散りばめられたユカMANIAの住まいです。

住まい探しのきっかけ

お子様が生まれ、以前の家が手狭になってきたのを機に引越しを決意したUさん。
インテリアが大好きで、手持ちの家具コレクションを活かせる家への憧れもあり、すぐにでも引越しをしたいと考えていました。早速ご夫婦で何件か内覧をし、築浅で十分な広さのある物件に出会ったUさん。奥様の実家にも近く条件はクリアしていたものの、このままではせっかくのインテリアが映えないと思い、自分の思いのままにつくりかえられるリノベーションをしようと考え始めたそうです。

住まいの探し方

夫婦で探して購入した物件は、築浅で設備もきれいな中古マンションでした。予算との兼ね合いも含め、リビングを中心にリノベーションをすれば楽しめそうだねと、リノベーションを決意しました。リノベーションについて調べ始め、雑誌で好みの施工事例が多く掲載されていたnuリノベーションに設計依頼をしました。

リノベ暮らしのこだわりポイント

ご主人は、北欧デザインやミッドセンチュリーの家具が大好き。集めた家具のコレクションを、リビングに年代別にディスプレイしたいと考えていました。しかし、リビングを壁で間仕切ってしまうと、それぞれのスペースが狭くなってしまいます。そんなUさんにデザイナーが提案したのは、床のフローリングの張り方を変える事で空間を3つにゾーニングするというプラン。このアイディアには、ご主人も驚きだったとか。「市松張りや、ヘリンボーン、色んな張り方に興味はありましたが、全てをひとつの空間に共演させるなんて考えてもみなかったです」とご主人。リビングダイニングスペースは市松張り、キッズスペースはヘリンボーン、そしてキッチンとリビングダイニングを仕切る廊下の部分はフローリングを真っすぐに張っています。見て楽しい、歩いて楽しい空間が完成しました。【リノベ暮らしな人々】Vol.45 【ユカMANIA】nu(エヌ・ユー)リノベーション

フローリングの張り方を変え、空間をゾーニングしたプラン

【リノベ暮らしな人々】Vol.45 【ユカMANIA】nu(エヌ・ユー)リノベーション

手前がリビングダイニングスペース、右奥がキッズスペース

カフェのような空間を目指してお子様が生まれてから、夫婦の趣味であったカフェに行く時間があまり取れなくなったU夫妻。しかし、2人とも休日は家でのんびりするのもとても好きだそう。そこで、家をカフェのようにすれば、出かけなくても居心地良い空間に出来ると考えました。壁をターコイズブルーにしたり、ダイニングテーブルもあえて2人掛けのカフェテーブルにして雰囲気作りを大事にしました。まだ築4年と新しい物件のため、キッチンは既存のものを活かしていますが、腰壁に木を張り込んだことで、以前とは全く違った印象になりました。「特別な場所で料理をつくっているようで、毎日とても楽しいです」と笑顔の奥様。これからも、Uさん夫妻のオリジナルカフェで大好きなものに囲まれながら、楽しい日々を過ごされることでしょう。【リノベ暮らしな人々】Vol.45 【ユカMANIA】nu(エヌ・ユー)リノベーション

カフェを意識して、あえて二人掛けのカフェテーブルを並べた

写真で見るビフォーアフター

【リノベ暮らしな人々】Vol.45 【ユカMANIA】nu(エヌ・ユー)リノベーション

まだ築浅のため、キッチンの位置は変更せずに活かした

リノベ暮らしInfo

■家族構成: 3人(30代夫婦)
■専有面積: 73.12m2
■設計・施工: nu(エヌ・ユー)リノベーション
■既存建物竣工年: 2009年
■リノベーション竣工年: 2012年
■リノベーション工事費: 260万円

■取材後記

今後、部屋をこうしていきたいという計画はありますか? という質問に「子どもがもう少し大きくなって、キッズスペースのものを片付けられるようになったら、今度はここにイームズのラウンジチェアを置きたいんです」とご主人。インテリア好きの野望はまだまだとどまる所を知らないもよう。リノベーションで想像以上の空間がつくれたと笑顔で語るUさんに、こちらも思わず顔がほころびました。

コンテンツ協力:nu(エヌ・ユー)リノベーションコンテンツ協力:リノベーション住宅推進協議会

HOME'Sリノベーション